Avro ツール

Apache™ Avro は、大きいデータをコンパクトで、素早い、バイナリのシリアル化のために広く使用されているデータをシリアル化する標準です。 Apache Hadoop ソフトウェアフレームワーク内で最も使用されています。Avro データはバイナリフォーマット、または、 JSON フォーマットにシリアル化することができ、は、XMLSpy 両方をサポートします。

Avro スキーマエディター

JSON フォーマットの Avro データ構造は Avro スキーマ (.avsc) で定義されています。XMLSpy には内蔵のテキストとインテリジェントな編集サポートを使用するグリッドビュー内の Avro スキーマ編集へのサポートが搭載されています。(Avro データドキュメントが JSON 書式である場合、XMLSpy で編集をおこなうことができます。)

Avro 検証もサポートされています: Avro スキーマをスペックに対して検証し、 Avro ドキュメントを関連したスキーマに対して検証することができます。

Avro schema editor

Avro ビュー

Avro バイナリファイル (.avro) は、通常サイズが大きく、視覚的なビューアーにより簡単にファイルを確認、理解、および検索することができます。XMLSpy 内の Avro ビューは、 Avro データ構成を読み取りやすいテーブル書式で表示します。

Avro バイナリの簡単な閲覧

ブロックペインはデータを、管理することのできる、展開または折りたたむことのできるグループに分割します。特定のブロック内のデータを表示するには、ダブルクリックするだけです。ブロックペインから関連する Avro スキーマを表示または保存することができます。

Avro へのサポートは、 XMLSpy 開発者に、Avro、JSON、と XML のためのユニークな専用のビューとインテリジェントな編集、および大きなデータを作業するための統一された環境を提供します。

RaptorXML Servers との統合

XMLSpy 内の XML 検証および処理機能は、 標準準拠に最も適し、高速なスピードを伴う、Altova RaptorXML 検証エンジンにて強化されています。RaptorXML Server はマルチ CPU、マルチコアサーバー による処理パワーを活用し、大きなジョブを、開発者が使用するマシン内の CPU を使用した単一コア実行よりも、更に早く検証および処理することができます。XMLSpy を使用中のネットワークにインストールされている RaptorXML Server に接続することにより、大きな XML、XBRL、JSON、と Avro ジョブ、および XSLT と XQuery 実行を XMLSpy 内で高速に行うことができます。

XMLSpy インストールをネットワーク上の RaptorXML Server に接続する利点についてさらに詳しく読む。

Process XML on RaptorXML

XSD からプログラムコードを生成する

スタンドアロンの実行可能なバイナリ ファイルとして実行したり、コンパイルを行うことはできないという点で、XML はプログラミング言語と異なります。XML ドキュメントは B2B アプリケーションや Web サービスといった、外部ソフトウェア アプリケーションやランタイム環境にて使用することになります。XML を扱うソフトウェアアプリケーションの実装では、XML ドキュメントのデータを作成、検証、処理、変換、修正といった処理を行うアクセスメソッドをコード内部に記述することになります。

自動化されたコード生成や XML データバインディングの実装は時間を取られる上にエラーが混入しやすいタスクで、数百ものクラスファイルが必要になる場合もあります。XMLSpy では XML スキーマをベースにした ロイヤリティー フリー のプログラム コードを生成することができます。

コードの生成には以下の機能が含まれます:

  • XML スキーマコンポーネントをベースにしたクラスファイルの生成
  • ロイヤリティー 無しの Java、C#、C++ のコード生成
  • 自動化されたデータバインディングの実装
  • 業界標準の XML 処理 API をサポートMSXML、JAXP、System.XML
  • デフォルトのテンプレートとカスタマイズオプション

Open XML (OOXML) へのサポート

Microsoft Office へ Office Open XML が導入されたことで、Word のドキュメント、Excel のスプレッドシート、そして PowerPoint のプレゼンテーションの様な、Office のファイルに蓄えられた殆どのビジネスデータは、現在 XML として保存されています。これはビジネス ユーザーとアプリケーションの開発者にとって非常に便利なことで、慣れ親しんだ Office のユーザー インターフェイスを使ってビジネス ユーザーが情報のやり取りする一方で、すべてのデータにおいて高度な相互利用を行うことができるようになりました。

Open XML データ、XMLSpy を作業する開発者のための機能には以下が含まれます:

  • アーカイブビュー: Word、Excel、または WinZip ファイルなどの圧縮されたアーカイブの作成と編集のためのネイティブなサポート機能には以下がふくまれます。
  • Open XML 編集: c .docx、.xslx、と .pptx ファイルをテキストビューまたはグリッドビューで作成または編集することができます。
  • Open XML の変換と処理 : XSLT と Xquery を使用して

XMLSpy 内の OOXML へのサポートには大きな利点があります。Open XML documents on the XML レベルでドキュメントを表示し、編集するほかに、ビジネスデータフォーマットを処理するアプリケーションを開発する機能を与える、 Microsoft Office ドキュメント内に保管されたデータに対して、XSLT と XQuery のパワーを最大限に生かすことができます。

Open XML OOXML Tools

XML チャート

XML からのチャートの作成

XMLSpy のグラフの作成機能により、XML と XBRL データを使った作業、連絡、報告などがより高度な次元に押し上げられます。データの結果やリレーションシップのデータから、魅力的かつ動的なグラフの作成を行うために XML を他の形式やアプリケーションにエクスポートする必要はもはやありません。

データの表示や分析を行うコンテキストノードをハイライトしたり、データの範囲を選択すると、XMLSpy によりレンダリングされた魅力的かつ高度なカスタマイズが可能なグラフを作成することができます。

  • 円グラフ (2D & 3D)
  • 棒グラフ & スタックされた棒グラフ (2D & 3D)
  • カテゴリ付き & 値付き折れ線グラフ
  • ローソク足チャート

チャートのカスタム化ダイアログにより、チャートの外観の変更など、 XPath を使用したデータの選択を洗練することができます。

チャートが一度完成すると、イメージ形式として印刷、コピー、保存することができるほか、スタイルシートやアプリケーション内での使用のために XSLT や XQuery コードとしてエクスポートすることができます。

複数のチャンネルレポートの作成のために StyleVision 内のhカート作成を使用することもできます。

Candlestick chart created in XMLSpy

データの表示や分析を行うコンテキストノードをハイライトしたり、データの範囲を選択すると、XMLSpy によりレンダリングされた魅力的かつ高度なカスタマイズが可能なグラフを作成することができます。

  • 円グラフ (2D & 3D)
  • 棒グラフ & スタックされた棒グラフ (2D & 3D)
  • カテゴリ付き & 値付き折れ線グラフ
  • ローソク足チャート

チャートのカスタム化ダイアログにより、チャートの外観の変更など、 XPath を使用したデータの選択を洗練することができます。

チャートが一度完成すると、イメージ形式として印刷、コピー、保存することができるほか、スタイルシートやアプリケーション内での使用のために XSLT や XQuery コードとしてエクスポートすることができます。

複数のチャンネルレポートの作成のために StyleVision 内のhカート作成を使用することもできます。

HTML と CSS エディター

XMLSpy 内の CSS エディター

XMLSpy 内の HTML と CSS のためのサポートにより、関連する技術と作業するために XML エディターを使用することができます。以下にある機能が含まれます:

  • HTML4、HTML5、XHTML の編集
  • CSS2.1 ならびに CSS3 の編集
  • 構文による色分け、行番号とブックマーク
  • コードの補完 & 状況に応じて変化する入力ヘルパー
  • 統合された HTML ブラウザービュー
  • プロジェクト管理機能
  • メジャーなソース & バージョン管理システムとの統合

HTTP & WADL のための

Web と Web サービスの開発者は、 API のテスト、Web サービスのテスト、または Web サイトの管理などのために頻繁に HTTP メッセージを送信する必要があります。XMLSpy は HTTP テストウィンドウと WADL/WSDLインポートウィザードを使用して、このプロセスを簡単かつ素早くおこなうことができます。

HTTP ウィンドウにより、リクエストを簡単に作成し、 Web サーバーに送信し、 HTTP レスポンスを受信しチェックすることができます。

HTTP テストウィンドウ

サービスのテストのために、 HTTP ウィンドウを使用することにより WADL と WSDL ファイルをインポートすることができます。インポートボタンをクリックすると WADL または WSDLファイル、リクエスト、インポートするメソッドを指定するための インポートウィザードがローンチされ、ユーザーはパラメーターを編集、または、無効化することができます。

WADL メッセージのテスト

ウィザードが完了すると、レスポンスを送信し、確認することのできる HTTP 出力ウィンドウにリクエストがインポートされます。

EPUB エディター

EPUB (electronic publication) とは、電子書籍の作成と配布を行うため、International Digital Publishing Forum (IDPF) により策定されたオープンな標準です。EPUB のコンテンツは「リフロー可能」なもので、電子書籍やその他のデジタル書籍を読むための様々なデバイスにて利用することができます。

EPUB エディターの XMLSpy により EPUB ドキュメントの作成や検証、プレビューを簡単に行えるだけではなく、下記のアーカイブビューを使用して、ドキュメントを構成する個々のファイルの作成や編集を行うことができます。

EPUB エディターとビューアー

始めから、または、既存の書籍を編集して、EPUB 電子書籍を作成することができます。

EPUB ドキュメントの編集と検証についてさらに詳しく知る。

SharePoint Server 統合

人気のある SharePoint Server CMS との統合により、 SharePoint のコンテンツのために、 XMLSpy のインテリジェントな XML、XSD、と XSLT 編集機能にアクセスすることができます。対応するサポートには以下が含まれます:

  • SharePoint Server にあるファイルの読み取り/書き込み
  • チェックイン / チェックアウトのサポート
  • SharePoint に保管されている XML のインテリジェントな編集
  • XSLT 編集、デバッグ、プロファイリング
  • グラフィカルな XML スキーマ編集

Visual Studio と Eclipse への統合

XMLSpy と Visual Studio と Eclipse 間のシームレスな統合により、開発者は優先する IDE 内から直接 XMLSpy のすべての高度な機能にアクセスすることができます。Visual Studio または Eclipse 内で XMLSpy を使用するには XMLSpy のインストール後に統合パッケージをインストールするのみです。