国別のレポートソリューション

Altova CbC レポートソリューションにより企業は XML 書式の国別のレポートを簡単に生成することができます。

使用が簡単なインターフェイスと Excel テンプレートを使用することにより CbC レポートの生成のための XML 構文の複雑性から開放されます。
国別のレポートのテンプレート

CbCR XML は簡単に生成することができます

経済協力開発機構 (OECD) は大規模の多国籍企業の財務報告をビジネスがおこなわれている各国ごとに提出するように義務付けています。この国別 (CbC) レポートは OECD 報告スキーマに従い XML ドキュメントとして申告される必要があります。OECD は XML の多くの利点を活用することができますが、 XML 技術に不慣れな金融のプロにとっては大きな課題を投げかける可能性があります。

Altova は申告機関が、ユーザーが慣れ親しんだ Web インターフェイスにより手動でデータを入力、または、 Excel 国別テンプレートを使用してデータを更新して、簡単に国別レポートを生成することのできる CbCR ソリューションを作成しました。

Altova のアプローチの利点

Altova 国別レポートソリューションによりテクニカルではないビジネスユーザーは税所轄官庁への申告のための自動的な XML レポートの生成を簡単にしました。Altova のアプローチの利点には以下が含まれます:

  • XML 分野での20年以上の Altova の経験をベースに作成されました。
  • 内蔵 CbCR のデータ検証と複数のステップでエラーをフラグします。
  • 技術的なユーザーでない場合でも使用は簡単です。
  • 有効な XML CbC レポートを自動的に生成します。
  • XML 書式で修正レポートを生成することができます。
  • 入力された、または、更新された Excel データを自動的に受け入れます。
  • 現在のレポートを定義するための Excel テンプレートが含まれます。
  • ソリューションは顧客の IT インフラストラクチャ内にインストールされます。 機密なデータは社外に出ません。
  • ブラックボックスは存在しません: 顧客が希望する場合実際の XML レポートにアクセスしレビューすることができます。

CbCR XML レポートの作成

ユーザーの使用しやすい Web ブラウザーインターフェイスを使用して所属機関の CbCR レポートソリューションにアクセスすることができます。

レポートソリューションは情報の入力の際、各フィールドの詳細と共に必須のフィールドをハイライトし、有効なエントリを作成するドロップダウンメニューと共にユーザーを導きます。所属機関の詳細が入力されると、新規レポートを作成、または、所属機関のために既存のレポートを確認することができます。

国別レポートテンプレートを使用することにより技術者ではないユーザーが CbCR のための XML レポートを簡単に作成することができます。

表示されるように、新規の CbCR レポートを作成し、データを手動で入力することができます。または、複数のエントリを報告する大きな多国籍企業の場合、データをインポートするために Excel テンプレートをダウンロードすることができます。

手動の入力のために CbC レポートソリューションはユーザーをプロセス全体で導きます。

メッセージ情報、レポートの入力、レポートのデータ、および、追加情報のためのタブは簡単にナビゲートし理解することができます。

XML CbCR レポートを生成するために Excel にデータを入力します。

企業は事業が存在する国のリストを対応するデータ、および、各国内の請負企業に関するデータと共に入力することができます。必要な回数「国を追加」ボタンをクリックします。国を追加ボタンを使用して各国内で事業をおこなう企業を追加します。

検証ボタンによりユーザーは情報の入力の際、情報を検証することができ、住所の入力エラーをすぐに確認することができます。

提出の前に国別レポートデータを検証します。

データ入力が完了すると、レポートの生成ボタンを使用して下で表示されるように有効な CbC レポートを有効な XML で生成します。

国別レポートデータのための Excel テンプレート

このプロセスを更に簡素化するために、企業または申告者は CbCR レポートソリューションのための Excel テンプレートを使用してデータを準備することができる。

Excel テンプレートには、赤字で表示されるエラーとデータ入力をスピードアップする入力ヘルパー表示する内蔵のデータ検証機能が含まれています。

この簡単な Excel テンプレートを使用して CbCR XML レポートを取得してください。

企業の既存の Excel ドキュメントからフィールドをフィールドを手動で入力する代わりに CbCR テンプレートリンクすることが簡単にできます。このように、入力エラーが回避され、テンプレートのデータはソースデータ内の変更と共に自動的に更新されます。

データが完了すると、ユーザーは XML データ (*.xml) としてスプレッドシートを保存するために Excel ファイルメニューから名前を付けて保存を選択することができます。XML ファイルは Excel ボタンを使用してレポートデータタブにインポートされます。

CbC XML ドキュメントの生成

手動で入力、または、 Excel からインポートされたレポートのデータが完了すると、ユーザーは簡単に XML の作成ボタンをクリックして対応する XML ドキュメントを生成し、申告のために保存することができます。

生成された XML を探るために、希望する場合 XMLSpy または Notepad などの XML エディターで開くことができます。

Generate valid XML documents for CbCR filing

修正レポートの生成

既に申告済みのレポートに機関が変更を加える場合、例えば、データを追加、削除、または、修正する場合などのために、 CbC XML スキーマは修正レポートを作成するためのプロセスを指定します。このようなレポートは元のレポートの内部 ID を参照する必要があり、このような作業を手動で行うことは複雑な場合があります。

Altova CbC レポートソリューションにより既存の CbC メッセージのために修正レポートを簡単に生成することができ、元のレポートと変更を比較し、有効な CbC XML で修正レポートを生成することができます。

XML書式の国別 (CbC) 修正レポートの作成

他のソースから国別レポートをインポート

他のソースから XML 書式の国別レポートを受信した場合、ビューおよび/または編集のために レポートソリューションにインポートすることができます。このようにして、基になる XML にさらされることなく、ビジネスユーザーは CbC レポートソリューション内の多種のタブを使用してレビューおよび分析することができます。

データは社外に出ることはありません。

Altova CbC レポートソリューションを社内でインストールするため、レポートを作成する際、企業は機密な情報をクライアント内、または、インフラストラクチャ内に留めておくことができます。

CbC レポートソリューションのビデオデモ

対話型のデモ

30日間無料のトライアルをダウンロードする前に、 CbC レポートソリューション インタラクティブなオンラインでもを探求してください

MobileTogether により強化済み

Altova は MobileTogether 内の強力なエンタープライズアプリ開発ツールを使用して CbCR ソリューションを作成しました。CbC レポートソリューションをインストールするとソリューションと MobileTogether Server へアクセスすることができます。

2つの利点: シンプルな URL を使用して所属機関内で許可されている者がソリューションにアクセスすることができ、必要であれば、無料の MobileTogether Designer を使用して所属期間の必要を満たすように変更することができます。

Altova CbC レポートソリューションの購入

CbCR ソリューションは Apache 2.0 ライセンスの下無料で提供されます。ソリューションの作動は MobileTogether Server のためのライセンスを必要とし、Altova オンラインショップを使用して30日間使用が無料のトライアルを取得することができます。