DatabaseSpy

複数データベースに対応したツールと SQL エディター
Altova DatabaseSpy は複数のデータベースに対応したユニークなツールで、データベースの問い合わせやデザイン、比較、またはクエリの結果からエレガントなチャートを直接生成することができます。
DatabaseSpy は、メジャーなすべてのデータベースへ接続することで、SQL 編集、データベース構造のデザイン、データベースコンテンツの編集、データベース スキーマやコンテンツの比較といった作業が軽減され、データベースの変換といった作業が、単一のデータベースソリューション以下の価格で提供されます。

SQL エディタとクエリツール

多様性に富んだ DatabaseSpy SQL エディターは SQL ステートメントウィンドウならびにスタックされた結果ウィンドウから構成され、SQL エディターツールバーにある実行ボタンにより、SQL ステートメントを実行し、その結果を直ちに確認することができます。
SQL ステートメントウィンドウは、各 SQL ステートメント、パラメーター、オペレーター、コメントに対して色付けを行い、各 SQL クエリならびに複雑な SQL コマンドを素早く簡単に分析することができます。
DatabaseSpy SQL エディタとクエリツール
DatabaseSpy SQL エディターには、SQL の自動補完機能が搭載されており、素早い SQL クエリの作成を行うことができます。クエリの実行結果は、タブ化またはスタック化することのできるウィンドウで素早く確認することができます。
サポートされるデータベース:
  • Firebird 2.5
  • IBM DB2 for iSeries® v6.1, 7.1
  • IBM DB2® 8, 9.1, 9.5, 9.7, 10.1, 10.5
  • Informix® 11.70
  • Microsoft Access™ 2003, 2007, 2010, 2013
  • Microsoft® Azure SQL
  • Microsoft® SQL Server® 2005, 2008, 2012, 2014, 2016
  • MySQL® 5, 5.1, 5.5, 5.6, 5.7
  • Oracle® 9i, 10g, 11g, 12c
  • PostgreSQL 8, 9.0.10, 9.1.6, 9.2.1, 9.4, 9.6
  • Progress OpenEdge 11.6
  • SQLite 3.x
  • Sybase® ASE 15, 16
SQL フォーマットの設定はサポートされている各データベースに対して個別に行うことができ、データベースを切り替えることで、適切なフォーマットが自動的に適用されます。
DatabaseSpy は、異なるサーバーに対してのクエリまたは同じサーバーに対してのクエリなど、複数の SQL クエリを異なるウィンドウ内で同時に実行することができる非同期クエリの実行をサポートします。

グラフィカルなデータベースデザイン

DatabaseSpy はグラフィカルなデータベースデザインエディターで、統一されたグラフィカルユーザー インターフェイスによりすべてのデータベースが持つ構造を閲覧ならびに編集することができます。既存のデータベース内にあるテーブルやリレーションシップを確認してより簡単に把握したり、既存のデータベース テーブルをあなたのニーズに合うように編集したり、カラム属性や他のテーブルへのリレーションシップを指定したりすることができます。
グラフィカルなデータベースデザインツールとしての DatabaseSpy
DatabaseSpy データベースデザインツールのグラフィカルなビューにより、実装に必要な SQL コマンドよりも、データの構造や必要とされる修正などに集中することができます。作業を進めるにあたり、 DatabaseSpy のグラフィカルなデータベースデザイナーは必要な SQL ステートメントを自動的に構築しますが、すべての編集が完了した後に実行することになるデータベース構造変更スクリプトをいつ実行するかはユーザーが決定することになります。
各テーブルのグラフィカルなイメージに含まれている領域を展開することで詳細を確認することができるほか、縮退することで接続線により示されるテーブルのリレーションシップに集中することができます。
DatabaseSpy のグラフィカルなデータベースデザイナーは複数のデータベースをサポートしており、プルダウンメニューにあるデータ型や、その他の特別な機能がサポートされます。

完全な DDL スクリプトをデータベーススキーマのために生成

DatabaseSpy には、データベーススキーマのための完全な DDL スクリプトを作成するために新規コマンドが含まれています。データベース管理者がデータベース構造を再作成する必要がある場合、テーブルだけで半句、全てのビュー、制約、インデックス、関数、プロシージャなどデータベース内で定義されている内容のスクリプトが必要です。
オンラインブラウザーヘルパーウィンドウ内のデータベーススキーマを右クリックすると、 DDL スクリプトコマンドが提供されます。
完全な DDL スクリプトをデータベーススキーマのために生成
スクリプトは、新規の SQL エディターウィンドウ内のレビューのためにすぐに開かれます。
DDL スクリプトは、データベース構造をバックアップ、または、開発環境から生産に移動する場合などの実際のテーブルコンテンツが必要ない場合に構造を異なるサーバーに移動するための必須条件です。

データの視覚化とチャート作成

カラフルで人目をひくグラフは、より円滑なコミュニケーションを促進し、テーブルや数値データよりも高い効果を期待できます。DatabaseSpy には、 SQL クエリの結果を視覚的に表示するなど様々なグラフ作成機能が搭載されています。折れ線グラフ、棒グラフ、円グラフ、エリアチャートや、その他の高度なフォーマットオプションにより正確で理解しやすいチャートを作成することができます。
  • SQL クエリ結果からチャート & グラフを作成
  • データの変更をリアルタイムに反映
  • チャート外観の細かなカスタマイズ
  • 背景イメージのサポート
  • オーバーレイチャートによる複数チャートの組み合わせ
  • 複数のイメージフォーマットでチャートをエクスポート
  • チャートの保存、コピー、印刷
  • 複雑なクエリから複数のチャートを同時に作成
DatabaseSpy はデータベースデータからチャートを作成します
魅力的で必要な情報が収められたチャートによる情報の視覚化により、専用のグラフ作成アプリケーションへデータをエクスポートすること無く、データベースの情報を表示することができるようになりました。DatabaseSpy により作成されたチャートは、ビジネス レポートで使用される HTML、Microsoft Word、RTF、または PDF ドキュメント形式にカスタマイズすることができるほか、DatabaseSpy により作成されたチャートを .PNG、.BMP、.GIF、または .JPG イメージフォーマットで保存することもできます。
以下にある種類のチャートがサポートされます:
  • 円グラフ (2D & 3D)
  • 棒グラフ (2D & 3D)
  • スタックされた棒グラフ (2D & 3D)
  • エリアチャート
  • スタックされたエリア チャート (透明度指定)
  • カテゴリ付き & 値付き折れ線グラフ
  • ローソク足チャート
  • ゲージチャート
各種チャートにはタイトル、背景色やチャートの色、軸の範囲やラベルの定義、フォントの制御、テキストの色、フォントとサイズなどといった、数多くのカスタマイズオプションが用意されています。直感的なダイアログにより、チャートの全要素や 3D 円グラフにおける傾きの角度などを指定することができます。チャートのカスタマイズ設定はファイルへ保存して、別のクエリ結果において再利用することもできます。

チャートを伴った高度なデータベースレポート

更に完璧なデータベースレポートのソリューションのために、 Altova StyleVision は XML、SQL データベース、XBRL という入力をベースに複雑なレポートやフォームをデザインします。シンプルなステップをいくつか踏むことで、SQL データベース上にあるデータへアクセスし、単一のデザインからチャートを伴う、魅力的なレポートを HTML、PDF、RTF、Word (Oepn XML) 、そして Authentic 商用フォーム形式にて視覚的に作成することができます。必要に応じてレポートを更新されたデータと共に自動的に生成します。

データベースコンテンツエディター

リレーショナル データベースに格納されている情報の殆どは動的なものです。既存のレコードはアップデートまたは削除され、新しい情報が加えられることで、データベースが正確で最新のものとなり、ビジネスバリューを保ち続けることになります。DatabaseSpy には便利なデータベース編集ツールが搭載されており、データベース テーブルのコンテンツ編集を行うことができます。DatabaseSpy を使用して、データベースのテーブルコンテンツをインタラクティブなプレビューウィンドウを通して編集することができます。
編集するにあたり、DatabaseSpy は必要最低限のアクセスをデータベースに対して行います。すべての変更が行われると、変更点を確認し、ツールバーにあるコミットボタンによりすべての変更をコミットすることができます。
DatabaseSpy データベースコンテンツエディター
直感的な編集機能:
  • クエリの結果テーブルを使ったインタラクティブな編集
  • 結果の領域をコピーして他のアプリへ貼り付け
  • 検索機能を使って目的のデータを結果テーブルから絞込み
  • コミットされるまで、変更されたセルの色をハイライト
  • 結果の領域に対して合計や平均などの値を計算
  • 行全体を 1 ステップで選択または追加
  • XML を XMLSpy へ直接送信して編集
  • バイナリデータをファイルへエクスポート
  • ファイルから得られたバイナリデータを置き換え
データベース内に収められているデータに加え、DatabaseSpy の結果テーブルに表示されている情報の詳細について確認することもできます。セルの範囲を選択し、別のアプリケーションへコピーすることができるほか、結果テーブルの印刷や、選択された結果に対して表示されている情報の計算を行うことができます。その他にもカラムにより結果の並べ替えを行うことで、テーブルのデータを更に便利な形式に変換することができます。
バイナリデータを使った作業
DatabaseSpy では、バイナリのデータ型として定義されたカラムにてバイナリデータを簡単に処理することができます。外部ファイルからテーブルへバイナリデータをロードすることができるほか、データベースから外部ファイルへバイナリデータを保存することができます。データベースの種類により、BLOB、raw、binary、varbinary、image などがバイナリデータフィールドとしてサポートされます。

データベース内の XML

Altova DatabaseSpy には、データベース内の XML を探索、管理管理するための特別な機能が搭載されています。XML はエンタープライズ間における構造化データのやり取りを行うために適した方法と言うことができますが、リレーショナル データベースに XML データを含めることで、複雑性が更に増すことになってしまいました。XML 情報を含むデータベースの分析や操作を行うための堅牢なツールが DatabaseSpy には搭載されています
DatabaseSpy はデータベース内の XML をサポートします
XML に関する DatabaseSpy の機能:
  • XML テーブルコンテンツを SQL クエリ結果にて確認
  • 個々の XML セルをデータ検査とともに展開
  • XML を XMLSpy へ直接送信して編集
  • データベース テーブルカラムに対するデータ型として XML を割り当て
  • XML カラムに対して XML スキーマを割り当て
  • ダイアログからデータベース XML スキーマを追加、削除、すべて閲覧
  • データベースベンダー独自の XML 要素を SQL クエリ内でサポート
DatabaseSpy オンライン ブラウザーを使ってデータベース テーブルを展開すると、XML データを含むカラムがブラウザーツリーにて示されます。データベースに登録された XML スキーマを階層構造から参照することもできます。すべての XML 関連技術のための業界をリードする開発環境である XMLSpy にスキーマを送ることでスキーマは XMLSpy のスキーマビューにて自動的に開かれ、使用されている XML スキーマの詳細を知ることができます。
DatabaseSpy データ検査ウィンドウは個別のセル内に含まれる長い XML エントリーを表示する際に便利なオプションとなります。データ検査ウィンドウでは、XML コンテンツを色付けして表示します。また、必要に応じてウィンドウを調整することができます。 XML データを結果ウィンドウからコピー、または、データ検査ウィンドウでオフラインのデータを XMLSpy を使用して編集することができます。更新された外部ファイルはデータベースにて簡単に置き換えることができます。
XMLSpy & SQL データベースの統合:
  • データベースクイック接続ウィザード
  • SQL エディターを搭載したデータベース クエリ ウィンドウ
  • SQL データベースのデータを XMLSpy へインポート
  • SQL データベースの構造をベースにした XML スキーマの作成
  • XML から SQL データベースへのエクスポート
  • XML スキーマからデータベース スキーマを作成
  • XML が有効になったデータベースのサポート

データベース比較

デベロッパー、データアーキテクト、その他日常的にデータベースを扱う人というのはデータベース テーブルの変更を特定したり、差分の移行やバージョンの同期などを行う必要があります。Altova DatabaseSpy にはパワフルなデータベース比較ならびに移行ツールが搭載されており、これらの要件をすべて満たすことができます。
テーブルのコンテンツを比較ならびにマージのほかに、データベース スキーマの比較や差分のマージを行うことができます。データベース構造全体をあるデータベースから他の種類へ移植することも可能になります。異なるデータベース型を比較する場合、異なるデータ型の名前付けも DatabaseSpy により解決されます。
DatabaseSpyデータベースコンテンツ比較とマージツール
DatabaseSpy は直感的なテーブルの表示により、線を引くことでテーブル間のカラムマッピングを視覚的に行うことができます。DatabaseSpy では同名のカラムが自動的にマッピングされ、接続線をドラッグすることによりカラムを手動でマッピングして比較を行うこともすることができます。
テーブル間の差分を特定した後、個々のセルやテーブル全体を更新することでコンテンツのマージを行うことができます。新たに開かれる SQL ウィンドウにはマージスクリプトが自動的に生成されます。
レストアスクリプトを作成して変更をドキュメント化したり、予期していなかった重要なデータの削除にも対応することもできます。

データのインポートならびにエクスポート

DatabaseSpy では接続されたデータベースからテーブルやビューを選択してエクスポートすることができます。複数のテーブルやビューをエクスポートする場合、それらが別々のファイルへ書き込まれます。XML、XML 構造、CSV、または HTML を Altova XMLSpy へ直接エクスポートすることもできます。SQL エディターにて作業する際には、エクスポートボタンを使用することで、その時点でエディターに表示された SQL ステートメントとともに、エクスポートダイアログボックスが表示されます。
DatabaseSpy データインポート/エクスポートツール
DatabaseSpy は、CSV ファイルや XML データを含むファイルからデータベースへデータをインポートすることができます。どちらの形式でも、データベース内に新たなテーブルを作成したり、既存のテーブルを更新することができます。
データベースインポート / エクスポート機能:
  • XML や CSV フォーマットからデータをインポート
  • データを直接または SQL インポートスクリプトによりインポート
  • XML、CSV、HTML、または Excel フォーマットへデータをエクスポート
  • データベース テーブルやビューからのエクスポート
  • SQL クエリからのエクスポート
  • クエリ結果ウィンドウの内容をコピーして、別のアプリへ貼り付け
  • インポートやエクスポートを行う前にデータをプレビュー
商用の ETL
ETL (Extract/Transform/Load) ツールでは外部のソースからデータを抽出し、一般的なデータ形式に変換を行ったあと、ターゲットとなるリポジトリへデータをロードするメカニズムが提供されます。広く普及しているエンタープライズ データ フォーマット (XML、JSON、データベース、フラット ファイル、EDI など) へのサポートすることで、 Altova MapForce は ETL に対して非常に効果的で軽量、スケーラブルなツールとなります。MapForce は、使用が簡単なビジュアルインターフェイスとデータ処理関数およびフィルターへのサポートを提供します。

データの変換とインポート

異なるフォーマットのデータをデータベースにインポートする前に変換する必要がある場合、 Altova MapForce により、 XML、データベース、テキストまたは EDI ファイルを含む、任意の組み合わせのデータを視覚的にマッピングすることができます。MapForce はすべてのメジャーなデータベースへ接続することができ、ソース データを素早く変換することができます。
サポートされるデータベース:
  • Firebird 2.5
  • IBM DB2 for iSeries® v6.1, 7.1
  • IBM DB2® 8, 9.1, 9.5, 9.7, 10.1, 10.5
  • Informix® 11.70
  • Microsoft Access™ 2003, 2007, 2010, 2013
  • Microsoft® Azure SQL
  • Microsoft® SQL Server® 2005, 2008, 2012, 2014, 2016
  • MySQL® 5, 5.1, 5.5, 5.6, 5.7
  • Oracle® 9i, 10g, 11g, 12c
  • PostgreSQL 8, 9.0.10, 9.1.6, 9.2.1, 9.4, 9.6
  • Progress OpenEdge 11.6
  • SQLite 3.x
  • Sybase® ASE 15, 16