MobileTogether Server

全てのプラットフォーム上のデータを中心としたアプリをパワーアップ

MobileTogether Server は
ネイティブな iOS、Android、と Windows およびブラウザーベースのアプリのための処理パワーハウスです。

MobileTogether Server は、ソリューションのバックエンドハブとして、エンドユーザーとバックエンドデータソースとその基盤の間のゲートウェイとしての役割を果たします。
無制限のアプリ処理パワー

MobileTogether の違いとは?

MobileTogether Designer でデザインされたアプリはフロントエンド UI およびバックエンドサーバーロジックを同時に作成します。この機能により数週間、数ヶ月の時間を節約することができ、アプリのパフォーマンスを最適化します。

更に、作成するアプリを Windows または HTML5 ブラウザークライアント、および、 iOS と Android モバイルデバイスを介してコンピューター上のユーザーのために作成することができます。

MobileTogether フレームワークには、所属機関内で、または、クラウドインフラストラクチャーでインストールする MobileTogether Server が含まれています。

ハイパフォーマンス MobileTogether Server は、バックエンドデータソースへの接続性、高速のデータ処理、パフォーマンスを向上するキャッシュオプション、および強靭なセキュリティオプションを提供することによりアプリのために定義するバックエンドサーバーロジックを強化します。

ハイライト

  • デスクトップとモバイルアプリのためのハイパフォーマンスデータ処理
  • 包括的なキャッシュオプション
  • ロールとパーミッションのエディター
  • 段階的なセキュリティオプション
  • エンタープライズアプリのインスタントデプロイ
  • アプリストアアプリのためのデータ処理
  • 社内またはクラウドへの柔軟性に富んだデプロイ
  • 全ての規模の機関のためのお手頃価格な、個別設定の可能な価格設定

クロス プラットフォームのサポート

  • Windows Server: 2008 R2 SP1 with Platform Update or newer
  • Windows: Windows 7 SP1 with Platform Update, Windows 8, Windows 10
  • Linux: CentOS 6 & 7, RedHat 6 & 7, Debian 8 & 9, Ubuntu 14.04, 16.04, & 18.04
  • Mac OS X: 10.10 or newer

しくみ

MobileTogether アプリは MobileTogether Designer 開発者、または、技術ユーザーによりビルドされ、機関の MobileTogether Server にデプロイされます。エンドユーザーは以下の2つの方法でアプリにアクセスすることができます:

すべてのシナリオにおいて MobileTogether Server はバックエンドデータへの接続性、データ処理、およびアプリのためのセキュリティ機能を提供します。

サポートされるプラットフォーム:

  • Android
  • iOS (iPhone と iPad)
  • Windows 8 & 10
  • Windows Phone 10
  • 他のユーザーのための HTML5 ブラウザー

ハイパフォーマンスのアプリサーバー

MobileTogether Server は、アプリを作動し、サーバー上で複雑なクエリと計算をするモバイルデバイスとモコンピューターのスピードとパフォーマンスを向上します。これは結果がエンドユーザーデバイスで表示される速度が向上されることを意味します。

この結果、ロード時間を減らしメモリ スペースを節約することになり、エンドユーザーのデバイスはリソースを他のプロセスにつぎ込むことができます。

  • 段階的なキャッシュオプション
  • Embed-XML-in-Design-File オプションはクライアント/サーバー間のデータの転送を削減します。
  • データの転送の量を減らすための XQuery の活用
  • クライアント デバイスでの永続的データ
  • サーバー上にデータを保管 (例:サーバー上でチャートを計算し、結果のイメージのみをクライアントに転送するなど。)
  • 複数のソリューションのための並列処理

キャッシュオプション

MobileTogether Server には複雑なデータ取得の結果のために内蔵されているキャッシュが搭載されています。ユーザーは、実行に数分から、数時間かかる場合のあるデータベースまたは Web サービスクエリが終わるまで待つ必要はありません。キャッシュされたデータのアップデートの頻度を構成するだけで、ユーザーは最新の更新の結果を常に取得することができます。

全てのデータソースの振る舞いの取得は、ソリューションの必要に応じてカスタム化されています。MobileTogether には、期間の終了や更新などの通常のキャッシュパラメーター以上の機能が搭載されています。キャッシュが再度実行されるまでの時間、複数のクエリパラメーターの一意の組み合わせが自動的にキャッシュされるかなどを手動で決定することができます。データをリクエストするクライアントはすぐにキャッシュからデータを得ることができますが、サーバはキャッシュ設定時刻になるとデータを取得します。これらのオプションによりパフォーマンスを大幅に向上することができます。

MobileTogether キャッシュのカスタム化

XML をデザインファイルに埋め込むオプション

このオプションは、コンボ ボックスや静的データの選択肢のリストなど、クライアント側で小さなデータセットが必要な場合とても理想的です。

埋め込まれたデータはクライアントにデザインファイルの一部として転送され、アプリを使用する際クライアント側で常に使用可能です。クライアントとサーバー間で追加してデータを転送する必要はないのです。

XQuery はパフォーマンスを大幅に向上します

MobileTogether Designer 内でアプリを作成すると、サーバーとクライアント間を転送されるデータの量を減らすことができます。

データベースビュー、クエリ、または、外部データの呼び出しは理想的ではない方法でデータを返します。XQuery のパワフルな FLWOR 式により、データを構成または再グループ化、および、データのグループ化、データのサブセットの作成、サーバーからクライアントへの最も効率の良いデータ転送、またアプリでの最も役に立つプレゼンテーションを保証します。

デバイスでの永続的なデータ保管

アプリの作成時、サーバーとクライアント間で転送されるデータの量を削減するために、ユーザーにより入力されたデータと頻繁に変更されないデータを各クライアントデバイスに保管することを選択することができます。

また、同一のユーザーの異なるセッションが数時間差であったとしても、サーバーとクライアントの往復時間が減ることで、パフォーマンス性も向上します。

サーバー設定上にデータを保管

アプリのパフォーマンスを向上のためには、モバイル データ ネットワークで転送されるデータの量を減らすことです。MobileTogether ではクライアントデバイスに転送するデータとサーバーに保存するデータを選択することができます。

アプリサーバー設定上にデータを保管

例えば、ある特定のデータはグラフ表示のみに必要とされる場合、このデータは MobileTogether Server 上に保存することができます。サーバーによりグラフが表示され、グラフのイメージのみがクライアントに送信されます。

 

これらの強力なオプションにより、エンドユーザーに最適なパフォーマンスを提供しつつ、最も洗練されたデータを中心としたアプリを作成することができます。

エンタープライズアプリの強化

MobileTogether Server はユニークな機能をエンタープライズアプリ とアプリストアにデプロイされる 個別のアプリ (下を参照) のために提供します。

MobileTogether Designer でエンタープライズアプリを作成すると、すぐにアクセスすることのできる MobileTogether Server にデプロイすることができます。無料の MobileTogether クライアントをダウンロードし、作業するサーバーに接続、または、サーバー上で作動中の複数のアプリ接続します。MobileTogether クライアントは、 iOS、Android、Windows、およびすべてのウェブブラウザーで使用することができます。 BYOD アクセスも簡単です。

ハイパフォーマンスな機能に加え、 MobileTogether Server は段階的なセキュリティオプションをエンタープライズアプリのために提供しています。

アプリの安全性

MobileTogether Server はサーバー別、アプリ別に、エンタープライズとアプリストアアプリが必要とする場合強靭かつ段階的なセキュリティオプションを提供します。

使用が簡単なウェブインターフェイスとパーミッションエディターにより以下を管理することができます:

  • アプリの開発者エンドユーザーのためのユーザーとロールの定義
  • ユーザー、ロール、デバイスの管理
  • ユーザー認証
  • パスワード、LDAP、または、 Active Directory 統合による認証
  • SSL 暗号化

ロールベースのパーミッション

ロールベースのパーミッションによりアプリの開発者、または、サーバーの管理者は MobileTogether Server で定義されたユーザーとロールパーミッションに従い特定のアプリ、アプリの一部、または、アプリのすべてのディレクトリを完全に管理することができます。

例えば、販売レポートアプリ内で「重役」ロール内のユーザーは、同じアプリにアクセスすることのできる「管理者」ロールがアクセスすることのできない、追加のデータとチャートを確認することができます。

アプリストアアプリのためのデータ処理

開発者はユーザーが個別人ストールできるように MobileTogether アプリを多種のアプリストアにデプロイ することを希望する場合があります。MobileTogether Designer はデータの接続性、データ処理、洗練されたキャッシュオプションなどの MobileTogether Server により作動するハイパフォーマンス機能を活用し ネイティブな iOS、Android、と Windows アプリのためのコードを自動生成 します。

サービス –サーバー側の UI を使用しないソリューションの実行

MobileTogether アプリは MobileTogether Designer でビルドされる UI を持たないソリューションであり他のアプリに背景機能を提供するための定義済みのトリガーにより実行される、顧客の MobileTogether Server で実行されるサービスにより強化されることができます。

サーバー上で、実行するサービスをトリガーするためにタイムトリガー、ファイルシステムイベントなどを簡単に定義することができます。

例えば、アプリ内で通知を送信、一人または複数の宛先に電子メールを送信するなどサービスは販売データベース内の注文テーブルをモニターしアクションをトリガーするように定義することができます。

もう1つの例は、Web サービスを使用してサイトから XML フィードをチェックし、更新または変更を行うことができる場合、ユーザーに通知を送信するように設定することができます。

サービスは他のアプリへの背景機能を提供します。

サービスは MobileTogether 開発者にアプリへリアルタイムの機能を追加するための洗練されたレイヤーを提供します。

MobileTogether Server Advanced Edition の使用は必須です。

統計アプリ

MobileTogether Server インストールには、サーバー上で実行されている個別のアプリに関する多種の統計を表示するサーバー管理のためにパワフルなアプリが含まれています。

統計アプリは選択されたフレーム内でユーザー、デバイス、アプリの開始、サーバーリクエストなどの数量を統計やチャートで表示します。段階的なフィルターによりオペレーティングシステム、デバイスの種類、製造元、アプリなど別に統計を確認することができます。リクエストの数量とアプリの開始の数量も確認することができます。

アプリのパフォーマンスに関する統計

このアプリにより、MobileTogether Server 上の各アプリの使用状況および人気を簡単に確認することができます。

手頃な価格

無料のデザイナー、無料のアプリ。

MobileTogether Designer 開発環境は無制限の数の社内開発者のため、無料でダウンロードすることができます。iOS、Android、Windows Phone、および Windows 8、 10 のための MobileTogether Mobile Apps は、それぞれのアプリストアで無料でダウンロードすることができます。

制限のないアプリと制限のないデバイス

MobileTogether Server を、 30 日間無料で試すことができます。

購入する準備が整うと、年間ライセンスまたはサーバーコアごとの購入を選択することができます(1 コアに月年間 $1000/year から)。その通りです: 年間 $1000 で無制限の数アプリと無制限の数のユーザーが 使用することができるのです。

モバイルアプリサーバー上で実行することのできるユーザーまたはアプリの数に制限はありませんが、多数のユーザーに対して最適のパフォーマンスを届けるために、実際のロードに従ってサーバーマシンを調整する必要があるかもしれません。使用開始価格は多くの初期のデプロイに最適です。

手頃な価格設定と強力なアプリ開発機能により、MobileTogether は、全てのプラットフォームのため、簡単にアクセスできる、洗練されたデータを中心としたアプリを開発しデプロイすることのできるフレームワークとなりました。