FlowForce Server

データ変換の自動化、レポートドキュメントの生成、など

Altova FlowForce Server は、エンタープライズレベルのデータ統合タスクの効率的な自動化のためにカスタム化することのできるワークフローエンジンです。

FlowForce Server は専用サーバーやバーチャルマシン、または通常のワークステーションにて、 XML と XBRL 処理のためのワークフローや、データ変換処理などのタスクをスケールしながら自動実行するために開発された製品です
無制限のワークフローの自動化

ワークフロー自動化ツール

Altova FlowForce Server は、自動化されたXML/XBRL 処理タスク、データマッピング、とデータ変換の実行のためののためのエキサイティングなツールです。FlowForce Server は、高速サーバー、ローカル、クラウド内、またはタスクに対して調整された通常のワークステーションで実行されている仮想マシンのための包括的なワークフロー管理とコントロールをお届けします。

FlowForce Server ワークフロー

FlowForce Server は、多忙なデータ処理環境の中でデータ変換ジョブを便利に実装、管理、および変換するために Web インターフェイスを活用しています。ver は、トリガーの条件を継続的にをチェックし、ジョブの実行を監視し、全てのレコードの詳細を記録します。FlowForce Server により、複数の変換ジョブを同時に管理し、ユーザーは多種のジョブトリガーとアクションを素早く定義、調整し、出力ファイルを移動またクリーンアップするなどのメンテナンスタスクを行うことができます。

FlowForce Server は、トリガーの条件を継続的にをチェックし、ジョブの実行を監視し、全てのレコードの詳細を記録します。

FlowForce Server のハイライト

クロス プラットフォームのサポート:

  • Windows Server: 2008 R2 SP1 with Platform Update or newer
  • Windows: Windows 7 SP1 with Platform Update, Windows 8, Windows 10
  • Linux: CentOS 6 & 7, RedHat 6 & 7, Debian 8 & 9, Ubuntu 14.04, 16.04, & 18.04
  • Mac OS X: 10.10 or newer

FlowForce Server ジョブ

FlowForce Server ジョブは、サーバにより実行されるタスク、または、タスクのシーケンスです。ジョブは、ファイルの移動、または電子メールの送信など簡単なジョブであることもできます。また、複雑なワークフローを実行するために複数のアクションを実行して、(例えば、ファイルなどの)結果を他のジョブのパラメータとパスするジョブであることもできます。ジョブは、入力パラメーター、ステップ、トリガーと他の設定により構成されています。

FlowForce Server ジョブが実際に行うかをステップは定義します。最も簡単なフォームとしては、関数を実行し、出力が成功または失敗を報告するジョブステップが挙げられます。構成によりジョブステップが条件に基づき実行、またはループで実行されるかを定義することができます。1つのステップがまったく個別なジョブを実行することも可能のためネスティングも可能です。ジョブには、必要な数のステップを含むことができ、定義されたシーケンスで実行することができます。

FlowFlorce Server ジョブステップ定義

内蔵されたオペレーション

FlowForce Server はコピー、削除、移動、など FTP クライアント、カスタマイズされたイベントを通知するメール機能、コマンド ライン シェルなどの共有ファイルシステムの内蔵された機能を含みます。ジョブのステップは、ビルドイン関数を実行するように定義することができます。これにより、ユーザーはデータ変換とレポートタスクに関連したメンテナンスステップを効率よく実行することができます。

ジョブの自動化

ワークフローの自動化は、ジョブを開始する条件を指定するトリガーにより実行されます。FlowForce Server は、トリガーの条件が満たされると、継続的にすべての定義されたトリガーを監視します。

FlowForce Server は、1つの種類のジョブステップが、全ての必要とするパラメーターを持つオペレーティングシステムコマンドラインであるため、多数の共通のサーバー処理を自動化することができます。

HTTP サービスとしてのジョブ

FlowForce Server 管理者は、ジョブを HTTP サービスとしてを定義することにより、Web ページを開くと同様簡単に認証されたユーザーがジョブをオンデマンドで実行することを許可することができます。エンドユーザーに届けられる HTML ベースのページを作成する StyleVision Server 変換を最後のステップとし、エンタープライズワークフローに同時に保存することができます。

トリガー

柔軟性に富み、カスタマイズされたジョブ トリガーのシステムにより FlowForce Server 処理の計画を各ジョブのユニークな必要性に応じて立てることができます。

タイマートリガーは1度から繰り返しのジョブ実行を開始することができ、ファイルまたはフォルダーで変更が検出された場合または HTTP トリガーが URI の変更をポールした場合、ファイル システム トリガーはジョブを開始します。

複数のトリガーが各ジョブに定義され、複数のトリガーが同時にアクティブであることができます。トリガーが開始されると、ジョブのすべての実行ステップが処理されます。

FlowForce Server ジョブトリガー

アクティブなトリガー

Web インターフェイスのホーム画面は次回実行される時間ベースのトリガーの日付と時間とともに、FlowForce Server ジョブの実行を今後開始するすべてのアクティブなトリガーをリストします。

ホーム画面の別の部分ではアクティベーション時間と次の実行の詳細と共に現在実行中のジョブが表示されています。

タイマートリガー

タイマートリガーは週の曜日、月の日付など開始および完了時間などの実行をスケジュールするオプションを提供します。指定された間隔でジョブを繰り返すことが計画でき、ワークフローが必要とする場合、複数のインスタンスを同時に実行することもできます。

トリガー ファイルと実行ステップ

FlowForce Server ではウォッチするフォルダに受信される新しいファイル名をキャプチャすることもできます。各トリガーファイル名は、MapForce Server により実行されたデータマッピングと StyleVision Server により実行された変換を含むジョブ実行ステップのパラメータの入力として定義することができます。

結果のキャッシュ

FlowForce Server 管理者は時間のかかるジョブおよび結果のキャッシュの実行をスケジュールすることができます。ユーザーがサービスとしてジョブを実行する場合、キャッシュされたデータはインスタント結果として配信されます。FlowForce Server ジョブが Web サービスとして表示されると、キャッシュされたジョブの結果は、ネットワークの速度により制限はありますが、ローカルまたはモバイルのユーザーにすぐに届けられます。

キャッシュ機能は、複雑なデータベースクエリを必要とする、または、 外部のシステムのパフォーマンスが未知の Web サービスを消費するなどの大量のデータを作業する FlowForce Server エンタープライズレベルのデータ変換ジョブにとりとても有益です。

FlowForce Server ジョブの結果のキャッシュ

キャッシュは、パラメーターと複数のパラメータの組み合わせを使用するジョブによりサポートされています。ジョブ構成ダイアログ内では、管理者は、通常使用されるパラメータの予想範囲内の組み合わせにより、複数のキャッシュエントリを指定します。

キャッシュの更新タイマートリガは、 FlowForce Server がキャッシュを更新するために使用されるパラメーターと同じパラメータを使用して、背景で自動的にジョブを実行するようにトリガーします。通常のキャッシュの有効期限の代わりに、キャッシュエントリは自動的に更新され、使用中のバックエンドシステムのパフォーマンスにあわせ調整することができます。

個別のキャッシュエントリに合わせ、組み合わせ可能なパラメーターのセットに対して同じ振る舞いを適用することができます。各パラメータの組み合わせは、最初実行される際に記録され、更新タイマーをベースにして、継続的に更新されます。

セキュリティ

FlowForce Server はシステムへのアクセスをコントロールする堅牢なセキュリティ機能を含みます。

複数の部署またはユーザー チームが 1 台の強力な物理サーバーを互いのサーバー オブジェクトおよびネットワーク上に保存されている個人情報妥協をすることなく、管理者はセキュリティ機能を構成することができます。

FlowForce ユーザーセキュリティ機能

ユーザーとロール

FlowForce Server への全てのアクセスは有効なユーザー名とパスワードと共にログインされ開始されます。システム管理者は新しいユーザー アカウントとユーザー特権を作成することができます。ユーザーはシステム内の1つ以上の作業ロールを割り当てられます。

ロールは1つのロールが他のロールのメンバーですべてのロールの特権を継承する構成の中で定義されます。更に、狭義的ロールはユニークな特権を与えることができます。例えば、ロールを製造の責任者と名付け、従業員のロールのメンバーである製造部署のロールのメンバーとします。

このシステムにより、管理者は簡単に同一の特権を持つグループユーザーを構成し、権限と責任を持つ階層組織を作成することができます。

コンテナー

コンテナーはファイルシステムのフォルダーに類似しています。FlowForce Server コンテナーは構成オブジェクトと他のコンテナーを保存するための階層構造を作成します。各ロールのアクセス パーミッションを割り当て、またロールをユーザーに割り当てることによって管理者はコンテナーへのアクセスを定義します。

FlowForce Server には定義済みのコンテナーが2つあります。/system は FlowForce Server ジョブがコピー、移動、ファイルの名前変更、ディレクトリの作成などの内蔵システム機能を含み、 /public はMapForce によりデプロイされたマッピングと StyleVision によりアップロードされたスタイルシートのためのデフォルトのコンテナー です。

管理者は、例えば、他のグループやユーザーから部署のリソースを分離する際追加のコンテナーを必要により作成することができます。

認証

認証は FlowForce Server ジョブを実行する際に使用される保存されたオペレーティング システム ログインです。

FlowForce Server ジョブは定義されたジョブ トリガーが条件に合った場合自動的に開始します。FlowForce Server は特定のオペレーティング システム ユーザーアカウント使用してジョブを実行し、許可されていないデータに間違ってまたは意図的にアクセスしないことを保証します。

すべての FlowForce Server ジョブは必ずジョブ ステップの実行のために割り当てられた資格が必要です。更に、認証に参照されているオペレーティング システム ユーザーは FlowForce Server コンポーネントを含むディレクトリへの十分なアクセス パーミッションが必要です。

認証はスタンドアロン「オブジェクト」と定義することができ、複数の FlowForce Server ジョブに割り当てられることができます。また、認証は手動でジョブのすべてのアスペクトに手動で入力することが可能です。

RaptorXML/XBRL Server

RaptorXML ServerRaptorXML+XBRL Server 処理タスクは、XML を検証する、XQuery と XSLT オペレーションを実行する、XBRL ドキュメント と XBRL インスタンス と XBRL タクソノミー を検証する FlowForce Server ジョブ ステップ と定義できます。

FlowForce Server ジョブは RaptorXML Server 機能 とMapForce Server データ マッピング、StyleVision Server レポート生成、データ変換と XML、XBRL、データベース、フラットファイル、EDI、Excel および Web Service データソースのレポートを完全自動化するハイパフォーマンス ソリューションを作成する内蔵ファイル システム オペレーションを組み合わせることができます。

MapForce Server

Altova MapForce Server は MapForce のために開発された内蔵データ変換エンジンをベースにし以下のすべての組み合わせのデータ変換を実行します(XML、データベース、EDI、 XBRL、フラットファイル、Excel、JSON およびまたはMapForce Server 実行ファイルに保存された前処理済みかつ最適化されたデータマッピングを使用した Web サービス)。FlowForce Server の管理下 MapForce Server は作動し、データマッピングは FlowForce Server ジョブ ステップとして実行されます。

FlowForce Server に MapForce 実行ファイルをデプロイする

FlowForce Server ジョブで定義されるパラメーターによりユーザーはランタイムの入力と出力ファイル名またはマッピングが要求するデータベースクエリを指定することができます。

StyleVision Server

Altova StyleVision Server は StyleVision のために開発された内蔵されたレポートおよびドキュメント生成エンジンです。StyleVision Server は XML およびまたは XBRL データを StyleVision スタイルシートをベースにした HTML、RTF、PDF または Microsoft Word ファイルにレンダーします。StyleVision スタイルシートは Altova FlowForce Server にデプロイすることができ、StyleVision Server によりビジネス レポートとドキュメント生成を自動化するためのFlowForce Server ジョブ ステップとして実行することができます。

StyleVision スタイルシートを FlowForce Server にデプロイする

必要とされるすべてのデザイン要素はスタイルシートはとアップロードされ、 FlowForce Server ジョブで定義されたパラメーターによりユーザーは入力と出力ファイル名を指定し、また単一の入力ソースから出力を複数のフォーマットで生成することができます。

Web インターフェイス

FlowForce Server Web ベースのユーザー インターフェイスはオペレーティング情報とネットワーク上のすべてのシステム管理機能提供します。

FlowForce Server の作動中、 Web インターフェイスジョブのログビューは、全てのシステムのアクティビティの詳細を届け、ジョブ定義ビューは、全てのジョブ定義オプションと機能へのアクセスを届けま与えます

FlowForce Server ジョブログは Web インターフェイス内で確認できるとおりです。

Web インターフェイスはネットワーク上のすべてのワークステーションのすべてのWeb ブラウザーで表示できることにより、クロスプラットフォーム環境の機能性を強化します。管理リソースと他のサーバーオブジェクトへのアクセスは各ユーザーのログイン プロファイルにより定義されます。

サポートされているすべてのプラットフォームでの FlowForce Server のインストールの初期状態はデフォルトのセットアップ ページにより 簡略化されています。ステップごとの手順により案内する HTML ヘルプシステムはクリック1つで可能です。

FlowForce Server Advanced Edition

FlowForce Server Advanced Edition には最も厳しいワークフローの自動化の要求のために特別な機能が搭載されています。

FlowForce Server Advanced Edition にはデータを安全、かつ、確実にインターネット上で転送するための AS2 仕様のためのサポートが含まれています。AS2 は改善されたセキュリティを使用して、既存のファイルの転送プロトコールを向上するために開発され、データを更に暗号化するオプションが含まれています。各転送は送信元に転送の成功の有無を通知する返信メッセージを生成することができます。AS2 は頻繁に EDI、財務情報、他のビジネスのデータを転送するユーザーと共に開発されました。AS2 サポートは、安全な方法でパートナーと EDI と XML の交換を必要とするエンタープライズの主要な機能です。

FlowForce Server Advanced Edition は AS2 メッセージの送信と受信をサポートし、 AS2 クライアントとサーバーとしての役割を果たします。最も厳しいワークフローの自動化の要件に対応する特別な機能

Advanced Edition は複数のサーバーでのジョブの配布をサポートします。ロードのシェアにより多量のデータ処理ジョブを共有するコンピューターのグループに高度なスケーラビリティを提供します。同時に、高度な有効性を使用することができます。セカンダリコンピューターの一つが作動を中止した場合、システムは FlowForce ジョブの処理を継続します。