DiffDog Server

差分レポートの自動生成

DiffDog Server は Altova DiffDog のファイルとディレクトリの比較パワーを ハイパフォーマンスサーバーに提供します。

DiffDog Server により多量の比較およびファイル、ディレクトリ、および URL を比較する差分レポートの生成自動化が簡単になります。Windows、Linux と MacOS X マシンのためのこのハイパフォーマンスサーバーソフトウェアを使用することができます。
無制限の比較パワー

DiffDog Server と DiffDog

開発者は XML、 テキスト、バイナリファイル、およびディレクトリと URL の比較のために DiffDog に頼ってきました。 大きな比較ジョブのために DiffDog のパワーを高速サーバーソフトウェアで使用することができます。

例えば、DiffDog Server は重要なファイルとディレクトリのための毎日、毎週など定期的に行われる、差分レポートの生成に最適です。

DiffDog Server は以下のファイル型の比較をサポートします:

  • バイナリ、テキスト、XML ファイル
  • (ZIP アーカイブを含む)ディレクトリ
  • URL
  • 2方向および3方向の差分

DiffDog との統合

(.filedif と .dirdif ファイル) などの比較ファイルが DiffDogサーバー環境内でこれらのファイルを比較することもできます。この機能により、頻繁に使用される比較をカスタムスクリプト、または、プロセスに簡単に統合することができます。

しくみ

ネットワーク上のマシンにインストールされると、DiffDog Server はサービスとして作動します。DiffDog Server を呼び出す比較をコマンドライン、または、実行可能スクリプトから実行することができます。

DiffDog Server がインストールされているサーバーマシン上でファイルに比較を直接、または、クライアントマシン上で遠隔にファイルを比較することができます。DiffDog Server のインストールには、所属機関内で複数のマシンにコピーが可能なため、遠隔に作動中の DiffDog Server を呼び出すことのできる DiffDog コマンドラインクライアントが含まれています。

クロス プラットフォームのサポート

DiffDog Server は以下で使用可能です:

  • Windows Server: 2008 R2 SP1 with Platform Update or newer
  • Windows: Windows 7 SP1 with Platform Update, Windows 8, Windows 10
  • Linux: CentOS 6 & 7, RedHat 6 & 7, Debian 8 & 9, Ubuntu 14.04, 16.04, & 18.04
  • Mac OS X: 10.10 or newer

複数のプラットフォームである、 Linux、Mac OS X、 または Windows で作動中のコマンドラインクライアントで DiffDog Server を使用することができます。