EDI データ統合ツール

シームレスなデータ統合のために壁を取り除きました

EDI (Electronic Data Interchange) は、ビジネスドキュメントのコンピューターからコンピュータのトランスミッションのための標準の構文を定義する広く使用されるフォーマットのセットです。EDI システムは、取引相手が共通のドキュメントを簡単に標準化された方法で交換するためにデザインされています。大量の重要な情報が交換される一方、多種の産業の機関が生産性および規制コンプライアンスを向上するために役に立っていることが証明されています。

これらの利点に反して、 EDI システムは、今日の電子取引と Web サービス アプリケーションを向上する他のデータフォーマットと通常、相互操作することはできません。これによりデータマッピングと変換が EDI 実装の重要なコンポーネントとなります。

Altova ツールは、 XML、リレーショナルデータベース、Excel、などに加え、使用が簡単なツールで EDI の統合のための多種のフォーマットをサポートしています。

EDI の変換

EDI データ マッピング

MapForce は EDI 変換に対してユニークなアプローチを取っており、直感的かつ視覚的なマッピング処理により EDI ボキャブラリーとその他ユニバーサルなデータ形式とのマッピングを簡単に定義することができます。

データマッピングサポートが以下の組み合わせのために搭載されています:

  • EDI
  • XML
  • リレーショナル データベース
  • Excel
  • JSON
  • XBRL
  • フラット ファイル
  • Web サービス

をベースにする最新の EDI 標準、または、レガシーのトランザクションセットと作業するにせよ、MapForce には、以下のリストの最新と以前のバージョンをサポートします:

  • UN / EDIFACT
  • HIPAA X12 を含む ANSI X12
  • HL7
  • SAP IDOC
  • IATA PADIS
  • TRADACOMS

MapForce は、ビジュアルなドラッグアンドドロップデータマッピングインターフェイス、数百個を超えるビルドインデータ処理関数ビルダーにより、 EDI マッピング を簡単にします。

ユーザーはしばしば特定の実装要件に従って EDIFACT、X12、HL7、PADIS、または TRADACOMS をカスタマイズする必要に迫られます。MapForce にはユーザー フレンドリーな EDI 構成ファイルフォーマットが含まれており、新しいトランザクションを加えたり、既存のメッセージの編集や拡張を、素早く簡単に行うことができます。

データマッピングが1度定義されると、出力を確認するために、ビルドイン検証を使用してすぐに実行することができます。再帰的な変換のために、コード生成、または、 MapForce Serverを使用してプロセスを自動化することができます。

MapForce はこのように組織はコストを増加させたりアプリケーションインフラを複雑化することなく、電子的に情報の取りを行うことができるようになります。

HL7 v3.x の編集と検証

HL7 3.x の編集

バージョン 3 から開始したHL7 (Health Level 7) メッセージは、 XML フォーマットです。これは、メッセージが XMLSpy のグラフィカルな、XML スキーマエディターで開き、ビジュアル化し、編集し、検証できることを意味します。XML スキーマエディターには、コンテキストを考慮した入力ヘルパー、自動にエラーを修正するスマートフィックス検証など多数のインテリジェントな編集ツールが搭載されています。