MapForce Server

データ変換の自動化

MapForce Server は MapForce 内でデザインされたデータマッピングの実行を自動化します。

MapForce Server は最適化されたデータマッピングをベースにして、 XML、JSON、データベース、EDI、XBRL、フラットファイル、 Excel、および/またはウェブサービスの組み合わせのデータ変換を行います。
無制限のデータ統合パワー

MapForce Server が他のデータ統合ツールよりも優れている理由とは?

他のレガシー製品より継承された古いデザイン機能などを取り除かれている、MapForce Server は、データ管理製品のわずかな費用で使用することができます。

MapForce Server のハイライト

  • 自動化されたデータ統合
  • クロスプラットフォームの互換性
  • すべてのサイズの企業のために構成を調整することができます
  • 追加費用の掛かるコネクタ無しにすべてのメジャーなデータベースとデータフォーマットをサポートします。
  • XML、JSON、データベース、EDI、XBRL、フラットファイル、 Excel、および/またはウェブサービスの組み合わせの統合を自動化します。
  • 無制限の一意のデータマッピングをサポートします。
  • 入力と出力実行パラメーター
  • 複数の入力ソースとおよび、または、出力先のためのエンタープライズ ETL 必要条件をサポートします。

MapForce Server と MapForce

Altova MapForce Server には、 MapForce のために開発された内蔵のデータ変換エンジンが含まれます。このエンジンはサーバー環境で作動するために大幅に拡張されています。MapForce Server は 以下のすべての組み合わせのデータ変換を MapForce 内で定義されたデータマッピングをベースに実行します 。(XML、データベース、EDI、 XBRL、フラットファイル、Excel、JSON およびまたは MapForce Server 実行ファイルに保存された前処理済みかつ最適化された データマッピングを使用した Web サービス)。MapForce Server の並列処理、マルチスレッド、バルク SQL マージ、クロスプラットフォームへのサポートなどの機能によりデータ変換を次のレベルに押し上げます。

早いパフォーマンスと大半のデータベースマッピングのメモリの占有領域の制限を可能にします。MapForce Server は FlowForce Server の管理下、またはコマンドラインまたは、プログラム面で API からの実行によるスタンドアロン構成により作動します。

MapForce マッピングのデザインとテストが完了した後、MapForce Server により繰り返し行われるデータ変換処理を自動化することができるようになります。

MapForce はデータマッピングを前処理、最適化した後 MapForce Server のコマンドライン実行によりMapForce Server 実行ファイルに保存され FlowForce Server ジョブとしてアップロードされます。

Creating a MapForce Server Execution File

クロス プラットフォームのサポート

MapForce Serve は以下で使用可能です:

  • Windows Server: 2008 R2 SP1 with Platform Update or newer
  • Windows: Windows 7 SP1 with Platform Update, Windows 8, Windows 10
  • Linux: CentOS 6 & 7, RedHat 6 & 7, Debian 8 & 9, Ubuntu 14.04, 16.04, & 18.04
  • Mac OS X: 10.10 or newer

Altova サーバー製品の統合

MapForce Server は FlowForce Server、 RaptorXML Server、または、 StyleVision Serverを使用して、または、使用せずに企業のニーズに合わせて構成することができます。対費用効果の高いソリューションのために、希望する製品を選択してください。今後ニーズが変更する場合、他のサーバーモジュールを追加することができます。各サーバは独立した製品であり、個別にライセンスされています。

MapForce Server が FlowForce Server の管理下で作動すると、データマッピングは、ジョブの一部として定義されたトリガーとして FlowForce Server のジョブステップとして実行されます。

FlowForce Server ジョブは特定の時刻、間隔、モニターされるファイル内で新規のファイルが追加されるなどのイベントによりトリガーされることができます。例えば、新規 XBRL インスタンスドキュメントがディレクトリに追加されると、 RaptorXML+XBRL Server を使用して最初に検証し、 XBRL から特定のデータを抽出し、データベースに挿入するなどの複数のステップの FlowForce Server ジョブがトリガーされます。

直接実行のための API

MapForce Server は API を含んでおり、 Windows で C# と VB.NET により書かれたプログラムで、またはCOM interface、Windows 内の Java プログラム、 Linux、および MacOS を介した Windows アプリでネイティブに実行されることができます。

この API によりデベロッパーは MapForce Server 機能性を自己のアプリケーションの機能として取り込むことができます。デベロッパーは MapForce Server を使用して自身のプログラムを操作する前に、外部ソースから内部基準のフォーマットにデータを変換するために利用するかもしれません。

API コードの例

MapForce Server API のドキュメンテーションは, デベロッパーが、プログラム面で .NET、Java、または COM コードから MapForce Server に素早くアクセスできるよう、C#、 C++、 Java、 VBScript、 および Visual Basic コードの例を含みます。C# のサンプルは左に表示されています。

Altova ドキュメンテーション ページで 全てのドキュメントを確認することができます。

MapForce Server データベースへのバルク 挿入をサポートします。

各行に個々の入力ステートメントを使用する通常の方法に対してバルク挿入は単一の SQL ステートメントにより大量のデータをデータベース テーブルに挿入するオペレーションです。データ ベースエンジンのオーバー ヘッドの処理が大幅に減らされるので、パフォーマンスはより速くなりました。MapForce Server での例を用いたバルク挿入のテストは個々の挿入ステートメントの10倍の速度で行うことを証明しました。

バルク挿入は複数のユーザーがいる環境でとても有利です。1人のユーザーが発する一連の挿入コマンドは同じテーブルを選択リクエストする別のユーザにより中断されることがあります。挿入は中断の後継続されます。このようなシチュエーションでは選択オペレーションは未完全または無効なデータを作成する場合があります。

MapForce Server Advanced Edition

MapForce Server Advanced Edition はハイパフォーマンスサーバープラットフォームのための速いスループットをお届けします。

MapForce Server Advanced Edition には、複数の異なるのデータマッピングの実行のマルチスレッド、 MapForce ジョインコンポーネントを含むデータマッピングの実行のための最適化のための機能が含まれています。

MapForce のジョインコンポーネントは、視覚的なインターフェイスを使用することにより、全てのデータフォーマットの SQL ジョインステートメントの機能を拡張します。

社内テストでは、MapForce Server Advanced Edition を使用することにより、 MapForce Server のユーザーにより提供された既存のデータマッピングを70倍速くおこなうことに成功しました。

MapForce Server Advanced Edition は2つまたは以上のコアにより構成されるハイパフォーマンスサーバーをサポートします。単一コアプラットフォームのための MapForce Server の標準エディションを継続してお届けします。MapForce Server Advanced Edition は同じ結果を更に速くお届けします。

 

*パフォーマンスの結果は、 Altova 内部テストの結果をもとにしています。結果は異なる可能性があります。