Web サービスソリューション

Altova Web Services Tool

Web サービスは XML をベースにしたメッセージを使用して、アプリケーション間でデータを交換する ソフトウェアコンポーネントです。プログラミング言語およびオペレーティングシステムは別にしてオープン標準を使用したWeb サービスはハードウェアです。この固有のインターオペラビリティのため、Web サービスは、イントラネット、エクストラネットとインターネットについての異種のシステムの間での情報の交換のためのパワフルなツールとしてますます信頼を得ています。

Altova MissionKit ツールは、グラフィカルな WSDL 開発、 SOAP メッセージ作成、デバッグ、 Web サービス実行のためのコード生成などのエンド ツー エンドの Web サービス開発の能力を備えています。MissionKit ツールは、大きいデータ統合と ETL プロジェクトの一部として Web サービス データの消費もサポートしています。

現状の問題点

Web サービスによるデータ通信の簡便化は魅力的であるものの、Web サービスの構築は WSDL や SOAP といったテクノロジーの深い知識が要求される複雑なプロセスとなります。

WSDL をベースにした Web サービスの実装には、通常各トランザクションへアクセスするためのコードを記述するという時間のかかるエラーが混入しやすい作業を行う必要があります。

Altova のソリューション

Altova MissionKit Web サービスツールでは、直感的かつ高度なグラフィカルツールにより Web サービスを視覚的に構築することで、Web サービスのデザインならびに実装を行うことができます。

一旦 Web サービスを定義すると、サーバー上へサービスを実装するのに必要なロイヤリティー フリーのコードを Java や C# プログラミングコードにより生成することができます。視覚的なデザインをベースにしたプログラミングコードを自動的に生成することで、 プロジェクト全体に対して業界標準ならびに世界的に定義されているオプションやパラメーターといった一貫した記法のコードが保証されることになります。

Visual Studio® や Eclipse との統合オプションを利用することで、J2EE 構成ファイルもサポートされ、あらゆる Web サービスプラットフォームにおける Web サービス開発に対して柔軟なワークフローが実現します。

  • グラフィカルな WSDL エディターによる WSDL のデザインや編集、検証が可能になるとともに、インテリジェントな入力ヘルパーやドラッグ アンド ドロップ機能を使用することができます。
  • WSDL 1.1 と 2.0 間の変換
  • 包括的な WSDL ドキュメンテーションの生成
  • SOAP クライアントによる SOAP メッセージの生成、検証、テスト
  • Web サービスのやり取りを調査ならびにトラブルシューティングするための SOAP デバッガー
  • グラフィカルな XML スキーマエディターとスキーマをベースにしたコード生成
  • 視覚的な Web サービスの構築
  • XML、データベース、EDI、 XBRL、フラットファイル、 Excel、 JSON、Web サービスを介したその他のデータをサポートした、グラフィカルな Web サービスのデザイン
  • WSDL ファイルをベースにした Web サービスをデプロイするために必要な Java ならびに C# コードやスクリプトを生成
  • 既存の Web サービスをソース、ターゲット、またはデータ処理関数として統合プロジェクトにて利用
  • ファイル、ディレクトリ、データベースに対する差分 / マージツール
  • XML を意識した差分オプション
  • テキストやソース コード ファイルの比較とマージや、フォルダーならびにディレクトリの同期
  • XML をベースにした視覚的なファイル管理ツール
  • WSDL や XML スキーマといった種類のファイル間におけるリレーションシップを可視化
  • ドラッグ アンド ドロップ機能によるファイルのリレーションシップ、インポート、インクルードを管理
XMLSpy SOAP Debugger

Altova MissionKit が「最高の開発環境」と讃えられました!

高度な WSDL や SOAP、Web サービスに必要なこれらすべてのツールは、パッケージとして魅力的な割引価格で提供されています。7 つの製品が、製品 2 つ分以下の価格により提供されます!

次のステップ