MapForce – グラフィカルなデータ マッピング、変換、統合ツール

Altova MapForce data mapping illustration
Altova MapForce® 2017 は任意のデータ マッピング、変換、そして統合を行うグラフィカルなツールで、XML、データベース、EDI、 XBRL、フラットファイル、 Excel、 JSON、およびまたは Web サービス間におけるデータのマッピングを行ない、データの素早い変換、もしくは将来データ変換を行うためにロイヤリティー フリーのデータ統合コードを自動生成することができます。

トライアルのダウンロード

視覚的なデータ マッピング

マッピングコンポーネントとしてデータソースとターゲットを開き、データ処理関数をカスタマイズ可能なライブラリからドロップし、関連付けるノード間にドラッグで接続線を作成することで、MapForce を使用することができます。内蔵の実行エンジンにより、出力をリアルタイムで閲覧ならびに保存することができます。その他 

データ変換を行うためのコードを生成

XML やデータベース マッピングでは、XSLT 1.0/2.0、XQuery、または SQL 実行コードの閲覧や保存を行うことができます。その他にも、Java、C++、または C# を選択し、初期設定が行われたアプリケーションをデザインから自動生成することができます。この機能により、コードを書くこと無くデータ統合ならびに Web サービスアプリケーションを実装することが可能になります。MapForce により生成されたコードはロイヤリティー フリーで、追加料金なしにデプロイすることができます。その他 

マッピング出力

マッピング プロジェクトのデザインを行いながら、MapForce に内蔵されているエンジンにより素早い変換を行い、クリックでその結果を閲覧することができます。MapForce エンジンによるデータ変換により複雑なマッピングのテストや修正などが大幅に単純化され、結果として開発時間の短縮と生産性の向上に繋がります。その他 

パワー、柔軟性、費用対効果

MapForce には他に類を見ない高度なデータ マッピングと変換を行うパワーや柔軟性が備わっており、企業内部からグローバルなスケールまで、データ統合プロジェクトにおける理想的なツールとなります。複数のファイルからデータを統合したり、あるファイルから複数のファイルへデータを分割するといった作業を簡単に行うことができるほか、連鎖した変換により、あるマッピングの出力が別のマッピングの入力になるといった複雑なマッピングを行うことが可能になります。その他 

MapForce と MapForce Server

MapForce® 2017 マッピングのデザインとテストが完了した後、MapForce Server により繰り返し行われるデータ変換処理を自動化することができるようになります。

MapForce はデータマッピングを前処理、最適化した後 MapForce Server のコマンドライン実行によりMapForce Server 実行ファイルに保存され FlowForce Server ジョブとしてアップロードされます。

MapForce generates MapForce Server Execution files and deploys them

 

 

視覚的なデータ マッピング

MapForce の視覚的なデータ マッピング:

  • ソースからターゲットへドラッグ アンド ドロップによる接続
  • ノードのデータ型をポップアップにより表示
  • 適切な子要素の自動接続
  • 検証エラーや警告をメッセージ ウィンドウに表示
  • プロジェクト ヘルパー ウィンドウによる巨大なプロジェクトや複数ファイルの管理
  • 巨大なデータ マッピングから目的のノードを探し出す検索機能
  • Visual Studio や Eclipse への統合オプション
Visual data mapping interface in Altova MapForce

視覚的なマッピング インターフェイス

MapForce インターフェイスは、個々のマッピングや複雑なマッピング プロジェクトを管理、可視化、操作、そして実行させるためにある数々のオプションを搭載しており、グラフィカルなデータ統合を促進します。上に示されるデザイン ペインは MapForce インターフェイスの一部で、マッピング コンポーネントの定義やデータ操作を行う関数ならびにフィルターの追加、ソースからターゲット フォーマットへの変換を行うコネクターの接続といった操作を視覚的に行うことができます。

デザイン ペインには、数々のユーザー フレンドリーな機能が搭載されており、非常に複雑なマッピングの処理や再定義を行うために、以下のような機能が提供されます:アイテム名をクリックすることで、他のアイテムへの接続を行えるよう自動的に選択。マウスをマッピング接続へマウスオーバーすることで、便利なヒントが表示され、マッピングターゲットアイテムやデータ型といった情報を確認することができます。

接続をクリックして目的のターゲットへドラッグすることで、接続を簡単に変更したり、CTRL キーを押下しながら接続をドラッグすることで (同一のソースから異なるターゲットに対して) 接続を複製することができます。子要素の自動接続アイコンにより、親アイテム以下にある同一名の子アイテムを自動的に接続します。

マッピング ウィンドウに表示されたコンポーネントを移動すると、自動配置ガイドラインが表示され、他のコンポーネントに合わせたコンポーネントの配置を行うことが可能になります。

Data mapping function library window in Altova MapForce
Data mapping overview window in Altova MapForce
XML Schema generation in Altova MapForce

関数ライブラリ ウィンドウ

MapForce は広範囲なデータ処理関数のライブラリを備えており、デザインインターフェイスのライブラリウィンドウから使用することができます。ライブラリウィンドウにはライブラリや個々の関数が階層ツリー構造で表示されており、自由に展開や縮退を行うことができます。マッピングへ関数を追加するには、ライブラリからデザイン ペインにドラッグしてください。

概要ウィンドウ

MapForce のマッピング概要ウィンドウでは、必要に応じてデータ マッピング プロジェクト全体の閲覧や、特定の箇所へのズームなどを行うことができます。概要ウィンドウには現在画面に表示されているマッピングの領域が表示され、巨大なマッピング プロジェクト内のナビゲーションも簡単に行うことができます。

スキーマの生成と編集

XML インスタンスに関連付けられたスキーマが存在しない場合、MapForce では XML ドキュメントをロードした際に XML スキーマを生成することができます。MapForce デザイン ウィンドウを右クリックし、スキーマの編集オプションを選択することで、XML スキーマの編集をXMLSpyで行うことができます(お使いのコンピューターに XMLSpy がインストールされている必要があります)。

データベース クエリ タブ

データベース クエリ タブでは、マッピングに関わらずメジャーなすべてのデータベースに対して問い合わせを行うことができます。データベースへ接続すると、 MapForce はブラウザーペインに階層構造でそのテーブルが表示されます。自動補完機能が搭載された SQL エディター タブでは、SQL や SQL/XML ステートメントの確認や編集、実行を行うことができます。

Database query window in Altova MapForce

 

 

データマッピングをインタラクティブにデバッグ

データ マッピングデバッガー

MapForce には革新的な対話的なデバッガー が含まれ、データマッピングデザインを手助けします。デバッガーによりユーザーはマッピング内で単一のステップを使用することができ、作成中に一歩一歩ソースからターゲットノードへのデータの流れを確認することができます。MapForce のデバッガーは、メニューコマンド、特別なツールバー、デバッガーの作動中に自動的に開かれるヘルパーウィンドウによりサポートされており、ユーザーが中間処理の操作をトレースすることができ、マッピング実行中にデータの値を確認することができます。

右のイメージでは、という単語がハイライトされており、ブレークポイントで実行が一時停止される前に最後に生成された値であることを示しています。他の中間データの値もデータマッピングウィンドウに直接表示されます。

MapForce データマッピングデバッガーによりデータ統合の内部の構成および ETL プロジェクトについての深い分析が、高額なマッピング製品でも今ま出不可能であった方法で可能になりました。

MapForce 2016 data mapping debug overview

デバッグブレークポイントを設定

MapForce デバッガーは、ソースコードのデバッグの際、デベロッパーにとって馴染みやすいブレークポイントの機能をサポートします。ブレークポイントは、入力または出力ノードに挿入することができ、マッピングの実行をその時点で停止します。条件つきブレークポイントもサポートされています。

MapForce debug breakpoint dialog

ステップを使用したデバッグ

MapForce は、細部におよぶ異なるレベルでのステップインやデータマッピングの手動のデバッグまたはブレークポイントに到達した後の実行の継続などユーザーが必要とする細部を確認するための機能をサポートします。

 

 

マッピングの出力プレビュー

MapForce 出力ウィンドウ

出力コンポーネントのデータ フォーマットにより、以下のデータが出力プレビューウィンドウに表示されます:

  • XML データ
  • XSLT 1.0/2.0 スタイルシート
  • SQL ステートメントによるデータベースの更新や挿入
  • フラット ファイル
  • EDI ファイル
  • Excel スプレッドシート
  • XBRL ドキュメント
Preview output of data mappings in Altova MapForce

変換出力の表示

MapForce に内蔵された実行エンジンを使用することで、プログラム コード、XML、データベース、フラット ファイル、EDI、Excel、そして XBRL マッピングの出力をプレビューすることができます。

これまでは、マッピングの結果を閲覧するにはプログラム コードの生成やコンパイルを行わなければならないなど、時間のかかる前処理が必要でした。MapForce に内蔵されているエンジンを使えば、マッピング変換を実行し、その直後にマッピングの結果を閲覧・保存することができます。プログラム コードは直感的なウィンドウにて XQuery、Java、C++、または C# 形式で生成されます。

マッピングのターゲットが XML スキーマの場合、出力タブには XML ファイルが表示されます。マッピングのターゲットが XML スキーマの場合、出力タブには XML ファイルが表示されます。フラット ファイルへのマッピングでは、CSV やテキスト ファイル形式の出力が表示され、EDI ターゲットへのマッピングでは、EDIFACT メッセージまたは X12 トランザクションセットが出力され、Excel への出力では Office Open XML (OOXML) マークアップが、そして XBRL タクソノミへのマッピングでは、XBRL 会計報告が出力されます。

データベースへのマッピングの場合、マッピング結果をデータベースへ反映するための SQL コマンドが出力プレビューに表示されます。MapForce では SQL スクリプトを実際に実行することもでき、変換やデータベースに対する変更を反映させることができます。

XSLT スタイルシートのプレビュー

MapForce には XML-to-XML 変換に使用される XSLT 1.0 / 2.0 スタイルシートの開発を円滑に行うための機能がいくつか搭載されています。グラフィカルなインターフェイスを使ったデータ マッピングのデザインが行われている裏側で、XSLT スタイルシートの生成が MapForce により行われます。メイン デザイン ウィンドウ下部にある XSLT タブをクリックすることで XSLT スタイルシートコードのプレビューをいつでも行うことができます。

更に、XML スキーマや DTD、XBRL タクソノミを新たに MapForce に追加する際に、それに付随する XML インスタンス ファイルを付け加えることもできます。サンプルデータを加えるという選択をした場合、マッピングの開発中にメイン デザイン ウィンドウ下部にある出力タブをクリックすることで、サンプル変換の結果のプレビューを簡単に行うことができるようになります。この機能により開発中のマッピングが期待された結果を生むことをいつでも確認することができます。

StyleVision との統合

StyleVision との統合により、テンプレートデザインを割り当てることで、XML や XBRL データ マッピング プロジェクトの出力を HTML、RTF、PDF、そして Word にて閲覧することができるようになります。MapForce のデータ マッピング機能と StyleVision の洗練されたレンダリング エンジンを組み合わせることで、報告書を自動的に生成することが可能になります。

スタイルシートがデータ マッピングへ割り当てられている状態で、出力プレビュー ウィンドウにある目的のフォーマット タブ (HTML、RTF、PDF、または Word 2007+) をクリックすることで、マッピング結果を確認することができます 。(StyleVision がコンピューターにインストールされている必要があります。)

StyleVision では動的な報告書の処理がサポートされており、レイアウトを作成することで一貫した書式を保証するとともに、MapForce のデータ マッピング出力をベースにした報告書が作成されます。報告書には XPath 条件式を含めることで計算処理を行ったり、色鮮やかなグラフを加えることで、視覚的な情報伝達を行うことができます。

Data mapping output in Altova MapForce, formatted by StyleVision

データ統合のためのデータチャレンジと MapForce プラットフォーム

白書のダウンロード

 

 

強力、柔軟性に富んだ、費用効率が高いデータ統合

MapForce データ変換:

  • 広く使用されているデータベースへデータをマッピング
  • XML、フラット ファイル、EDI、Excel、XBRL & Web サービスのマッピング
  • データ処理関数により素早くデータを変換
  • 複数のファイル間におけるデータを処理
  • REST サービスからでーたを XML または JSON に挿入
  • ファイルから/への直接入力/出力 (データ ストリーム)
  • スクリプトやロイヤリティー フリーのコード生成によるデータ マッピングの自動処理
Mapping data to and from Excel files in Altova MapForce

単純化されたデータ統合

Altova MapForce は XML、データベース、フラット ファイル、EDI、Excel、XBRL、そして Web サービスを含む、実質的に任意のフォーマットのデータ統合を行うことができる高度なデータ統合アプリケーションです。データ統合作業を自動化する機能も備えた MapForce は、分散された商用、Web ベース、またはクラウドアーキテクチャアプリケーションを結びつけるための理想的なミドルウェアソフトウェアとなります。

データ統合プロセスは、市場に出回っている巨大で高価、更に複雑な操作を必要とする商用の統合アプリケーションにも影響もあり、しばしば途方も無い作業に映ることもありました。直感的で分かりやすいユーザー インターフェイスに組み込まれたパワフルなデータ統合能力を持つ MapForce はこの負担を大幅に軽減します。

MapForce ではドラッグ アンド ドロップ機能を使用することで、ターゲットとソースのデータ構造を簡単に関連付けることができます。

再利用可能なデータ マッピング

それが XML 、データベース スキーマ、EDI 構成ファイル、または XBRL タクソノミであれ、MapForce はデータ構造に従ったデータの統合を行ないます。これはビジネスデータが変更された際にも一度作成したデータ統合マッピングを何度でも再利用することができるということを意味します。

– 例えばスキーマに大幅な変更が生じたなどの理由で、 – 途中で変更を加える必要が生じた場合でも、この操作を簡単にする様々な自動化機能が MapForce には搭載されています。例えば親要素の再マッピングを行う場合、子要素やその他の子孫要素の接続も自動的に再度割り当てを行うかを指定することができます。

Data mapping automation with Altova MapForce and FlowForce

自動化されたデータ統合

XML マッピングに対して、MapForce は自動的にデータ統合コードを XSLT 1.0/2.0 または XQuery 形式で生成します。

MapForce では Java、C#、または C++ により生成されるロイヤリティー フリーのデータ統合アプリケーション コードによりデータ マッピングを行うこともできます。この方法によりレポート作成や電子商取引、または SOA をベースにしたアプリケーションのための定期的なデータ統合/移動オペレーションを実装することができます。

他にも、Altova から提供されている FlowForce Serverにより、MapForce のデータ変換やその他のタスクを、専用のサーバーや仮想マシン、またはデスクトップワークステーションに構築された堅牢な県境にて行うことができます。

データ統合 API、ActiveX コントロール、またはコマンド ラインを使用することで MapForce データ統合オペレーションも自動化することができます。

入力および出力コンポーネントの文字列処理

MapForce には、テキストファイルコンポーネント(XML、JSON、EDI、CSV、FLF、または FlexText コンポーネント)をファイルではなく文字列として分類する機能が搭載されています。新しいコンポーネントがマッピングに追加されるとデフォルトでファイルとして扱われます。コンポーネントダイアグラム内にユーザーがファイルに対して文字列処理を設定することのできるボタンが追加されます。

ファイルに保存されていないデータに遭遇した際に役に立ちますが、文字の文字列のフォームが作成されます。例えば、 XML データは頻繁にデータベースフィールドに保管され、またリモートサーバーからのメッセージは JSON データとしてフォーマットされる可能性があります。このデータはデータマッピングに挿入することができ、ネイティブフォーマットでさらに処理することができます。

同様に、ファイルに保存しない特定のフォーマットでデータを生成する必要がある場合、このデータは出力ストリームの一部となります。

MapForce supports processing XML, JSON, EDI, CSV, or FlexText components as strings
MobileTogether ®
すべてのプラットフォームのためのモバイルソリューションを記録的スピードで作成!
無料の MobileTogether Designer のダウンロード

データの修正

データ統合プロジェクトでは、ターゲットシステムへ入力データを与える前に、データの変換を行う場面が数多くあります。MapForce では直感的な関数ビルダーが用意されており、内蔵の関数やフィルター、条件などにより、スケールする データ処理関数 を作成し、データの操作や異なるフォーマットの統合を簡単に行うことが可能になります。

Data mapping functions in Altova MapForce

データマッピング Web サービス

MapForce は、マッピング内からの SOAP と REST Web サービスへの呼び出しをサポートします。Web サービスの呼び出しをマッピングに挿入して、入力パラメーターとユーザー名およびパスワードを他の認証のために提供することができます。Web サービスに出力コンポーネントを接続し、結果を他のコンポーネントにパス、またはファイルに書き込むことができます。

MapForce は、メッセージ内でカスタムリクエストまたはレスポンス構造を実行するジェネリックな HTTP Web サービスもサポートします。MapForce は、リクエストまたはレスポンス内の JSON または XML データをサポートし、XML または JSON 構造をを必要とする、または返す HTTP Web サービスの呼び出しを許可します。

Manual definition of settings in the Web サービス呼び出しの定義ダイアログ内の設定を手動で定義することにより、開発者はテンプレート URL をベースにした設定を使用することができます。ブラウザーから URL をコピーしてテンプレートにすることができるため、開発者が Web ブラウザーウィンドウ内で Web サービス 呼び出しをテストし設定し直す場合にとても役に立ちます。

MapForce REST service data mapping

WSDL マッピング

MapForce では WSDL 1.1 または 2.0 をベースにした Web サービスへ接続することで、Web サービスにより提供されている機能をマッピングへ統合することができます。Web サービスは検索関数、ソース、またはターゲットとして挿入することができます。

実行時にはサービスへの接続が行われ、その結果が出力ウィンドウに表示されます。Java または C# コードの生成により、マッピング実装することもできます。

レガシー データの統合

テクノロジーが急速に高度化していく中、もはやサポートされていないレガシー データの保管も企業などの組織は行わなければならず、データを本来の形でアクセスしたり編集するのが難しくなることがあります。MapForce のユニークなFlexText ユーティリティにて提供されるフラット ファイル出力の解析を行うことで、その他のターゲット構造に簡単に統合することができます。

FlexText により作成された再利用可能なレガシー データ統合テンプレートを使うことで、フラット ファイルを XML、データベース、Excel、XBRL、や Web サービスといった最新のデータ フォーマットへマッピングすることができます。

更に、EDI のようなレガシー データも、ERP やリレーショナル データベースといった最新の会計システムに簡単に統合したり、XML の様な最新の形式に変換することもできます。

"Altova MapForce を市場にあるすべてのメジャーなデータ統合アプリケーションと比較してみましたが、最もパワフルで使いやすいソフトウェアだと確信しました"

Mark Beede
上級 J2EE コンサルタント, HealthTrans

Using a Web service as a data processing lookup function in Altova MapForce

次のステップ