MapForce Server 2021 の新機能

Altova MapForce Server のバージョン 2021 は、2020 年 10 月 14 日にリリースされました。全ての新機能を確認して、最新バージョンに更新しましょう。

MapForce® Server 2021 (2020 年 10 月 14 日 )Advanced EditionMapForce Server
SWIFT メッセージへのサポート
バイナリファイルへの読み取り/書き込み
SQL 左側外部ジョインへのサポート
XBRL タクソノミマネジャー
MariaDB のための更新されたサポート

MapForce v2021 機能のためのサポート

MapForce Server は MapForce 2021に追加された データマッピングのための以下の新規機能をサポートしていますg:

  • SWIFT EDI メッセージの変換のためのサポート
  • データマッピング中のバイナリファイルの読み取り/書き込み
  • データベースを含むマッピング内の SQL 左側外部ジョインへのサポート
  • 必須のタクソノミの簡単な管理と Altova 製品全体のバージョンのための XBRL タクソノミマネジャー。
  • 最新の MariaDB バージョンのサポート10.4, 10.5
更新
既に製品を使っているお客様はここから最新バージョンへの更新を行うことができます。
ダウンロード
完全な機能を持つ Altova 製品の30 日間トライアルを今すぐダウンロード!
サーバーソフトウェアの新着情報
MobileTogether の新着情報

MobileTogether内のクロスプラットフォーム、ネイティブアプリ開発のための新規機能

以前のバージョンの新機能

MapForce Server 各リリースに追加された新機能についての詳細を知る。

MapForce® Server 2020r2 (2020 年3月17 日)Advanced EditionMapForce Server
Excel の出力のための: 既存のドキュメントを更新するためのオプション
新規のライブラリ管理システムのためのサポート
バージョン 2019A & 2019B のための拡張済み UN/EDIFACT サポート
追加データベースバージョンへのサポート
OS X 10.15 のためのサポート
MapForce® Server 2020 (2019 年 10 月 9 日 )Advanced EditionMapForce Server
グローバル リソースへの拡張されたサポート
Web サービス呼び出し内の OAuth 2.0 のためのサポート
JSON ラインのサポート
データベース スキーマの依存
追加データベースバージョンへのサポート
MapForce® Server 2019 (2019 年 4 月 2 日)Advanced EditionMapForce Server
JSON スキーマ draft-06 と draft-07 のためのサポート
Web サービスエラーの処理
Web サービスのための動的なユーザー名とパスワード
REST Web サービス内の構成されていないリクエスト/レスポンスボディのためのサポート
データベース出力ログ (トレース)
エラー処理のためのトランザクション
EDIFACT 2018B のためのサポート
新規機能: charset-encode / charset-decode
追加データベースバージョンへのサポート
Windows Server 2019 のサポート
macOS 10.14 のためのサポート
MapForce® Server 2019 (2018 年 10 月 17 日 )Advanced EditionMapForce Server
プロトコールバッファーのためのサポート
ノード関数のための追加機能
追加データベースバージョンへのサポート
MapForce(R) Server 2018r2 (2018 年 4 月 17 日)
XPath 16 と MariaDB 10 のサポート
ノード関数のサポート (Advanced Edition)
MapForce(R) Server 2018 (2017 年 10 月 3 日)
MapForce Server Accelerator Edition は MapForce Server Advanced Edition に変更されました
API を使用したグローバルリソースを選択する機能
Sybase 16、PostgreSQL 9.6、MySQL 5.7 のサポート
MapForce 2018 実行可能ファイルへのサポート
MapForce(R) Server 2017 リリース 3 (2017年 4 月 4 日)
新規の MapForce Server Accelerator Edition はハイパフォーマンスサーバープラットフォームのために最適化されています。
Windows Server 2016 のサポート
OSX 10.12 (Sierra) へのサポート
MapForce 2017 リリース 3 実行可能ファイルへのサポート
MapForce(R) Server 2017 (2016 年 10 月 4 日)
バルク SQL Merge として実行される Update-If と Insert-Rest データベーステーブルアクション
データベースへの強化されたサポート 、 ADO.NET データベースドライバーへのサポート、 PostgreSQL へのネイティブなサポート、Progress OpenEdge へのサポート、 SQL Server 2016 へのサポート
MapForce 2017 実行可能ファイルへのサポート
MapForce(R) Server 2016 リリース 2 (2016 年 2 月 16 日)
MapForce 2016r2 を使用して作成されたデータマッピングに REST Web サービスへのサポートは含まれて居ます。
EDI マッピング実行の大幅なスピードアップ
保留されているサーバーライセンスへのサポートは現在のライセンスの期限が切れた場合使用される自動的に切り替えられるシステムです
MapForce(R) Server 2016 (2015 年 9 月 30 日)
最新バージョンを含む多数のデータベースへのサポート: IBM DB2 10.5、SQL Server 2014、PostgreSQL 9.4、MySQL 5.6、および Oracle 12C
Windows 10 のサポート
新しい Linux バージョンへのサポート: Debian 8 & Ubuntu 15
MapForce(R) Server 2015 リリース 4 (2015 年 6 月 10 日)
TRADACOMS EDI 標準へのサポート
MapForce(R) Server 2015 リリース 3 (2015 年 2 月 25 日)
XML、JSON、EDI、CSV、 および FLF としての文字列処理へのサポート
Web Services Security (WS-Security) へのサポート
Excel 2013 Strict Open XML ファイルへのサポート
SQLite 3.x データベースのサポート
MapForce 2015 Release 3 に含まれる追加データマッピングへのサポート
MapForce(R) Server 2015 (2014 年 9 月 17 日)
MapForce Server のための新しい API により、 MapForce Server Server が Windows で C# と VB.NET により書かれたプログラムで、またはCOM interface、Windows 内の Java プログラム、 Linux、および MacOS を介した Windows アプリでネイティブに実行されることができます。
MapForce(R) Server 2014 リリース 2 (2014 年 3 月 19 日)
データベースのバルク挿入 – 通常の各行に個別に挿入する方法よりもより速いパフォーマンス
macOS 10.9 のサポート– 以前の Mac OS バージョンに加えて、新たなバージョンがサポートされました。
MapForce(R) Server 2014 (2013 年 10 月 29 日)
RaptorXML により強化– MapForce Server は データマッピングの実行とRaptorXML によりサポートされる XML スキーマ 1.1 および他の標準をベースにしたインスタンスドキュメントをサポートします。
MapForce(R) Server 2013 リリース 2 サービスパック 1 (2013年 6 月 12 日)
Mac OS のサポート – MapForce Server 2013 は Mac OS プラットフォームに対しても使用可能です。
MapForce(R) Server 2013 (2013 年 4 月 29 日)
クロス プラットフォームのサポート – MapForce Server 2013 は Windows、および Linux のプラットフォームのバージョンを発表しました。
更新
既に製品を使っているお客様はここから最新バージョンへの更新を行うことができます
ダウンロード
完全な機能を持つ Altova 製品の30 日間トライアルを今すぐダウンロード!