どのエディションの MapForce Server が必要ですか?

下のテーブルは MapForce Server と MapForce Server Advanced Edition 内に搭載される機能を表示しています。

Advanced EditionMapForce Server
MapForce データマッピングプロジェクトの実行の自動化
クロスプラットフォームの互換性
Windows、Windows Server
Linux: CentOS, Debian, Red Hat, Ubuntu
macOS
データ 統合の自動化
XML データ統合
データベースのデータ統合
JSON データの統合
EDI データ 統合
XBRL データ統合
テキスト & フラット ファイルのデータ マッピング
Excel データ統合
プロトコルバッファー統合
サポートされるデータベース
Firebird 2.5, 3
IBM DB2 for iSeries® v6.1, 7.1, 7.2, 7.3
IBM DB2® ; 8, 9, 9.5, 9.7, 10.1, 10.5
Informix® 11.7, 12.10
MariaDB 10, 10.3
Microsoft Access™ 2003, 2007, 2010, 2013
Microsoft® Azure SQL
Microsoft® SQL Server® 2005, 2008, 2012, 2014, 2016, 2017
MySQL® 5, 5.1, 5.5, 5.6, 5.7, 8
PostgreSQL 8, 9.0.10, 9.1.6, 9.2.1, 9.4, 9.6, 11, 12
Oracle® 9i, 10g, 11g, 12c
Progress OpenEdge 11.6
SQLite 3.x
Sybase® ASE 15, 16
Teradata 16
ハイパフォーマンスなオプション
自動的なジョインの最適化
ノード関数を使用したマッピングの実行
70倍まで高速の複雑なデータマッピング*
少なくとも 2 CPU コアが必要です
ノード関数のサポート
複数のアイテムに同時に関数とデフォルトを適用するマッピングを実行します
柔軟な実行オプション
FlowForce Server の管理下で作動することができます
コマンド ラインからの操作
直接実行のための API: .NET、Java、COM
社内またはクラウドにインスール

パフォーマンスの比較は、Altova 内部テストで行われる MapForce Server との比較をベースにしています。結果は異なる可能性があります。