EDI マッピング

お手頃価格の EDI トランスレータ―とマッピングツール

  • コンポーネント間のドラッグアンドドロップマッピング
  • EDI から XML、Excel、テキスト、データベースなどへ
  • 頻繁に使用される EDI 書式へのサポート
  • 視覚的な EDI トランスレータ―
  • データ処理関数と視覚的な関数ビルダー
  • 異なる EDI イメージ型を一度に処理
  • EDI メッセージ検証
  • データマッピングデバッガー
  • ロイヤルティーの無いコードの生成
  • MapForce Server を使用した、EDI マッピングの実行

EDI マッピングの生成

MapForce EDI マッピングツール

MapForce データマッピングツール は EDI を EDI 書式を含む他のデータ書式に変換する視覚的な EDI トランスレータ―です。一般的な EDI 変換には以下が含まれます:

  • EDI から XML へ
  • EDI からデータベースへ
  • EDI から JSON へ
  • EDI から Excel へ
  • JSON からテキストとフラットファイルへ
  • EDI からプロトコルバッファーへ
  • JSON から JSON 書式へ

多種の EDI 書式へのサポート

MapForce 内の EDI 書式のへの広範囲のサポートのために、マッピングでデザイン内で標準によりカバーされている数百にも及ぶメッセージとトランザクションの使用が許可されています。EDI から EDI へのマップを行うこともできます。例えば、グローバルなビジネスパートナーのために、EDIFACT ファイルを X12 書式に変換するなどのマップを行うことができます。MapForce の XML サポートを活用し、レガシー HL7 v2.x メッセージをバージョン 3 にアップデートすることができます。

MapForce は EDI マッピングをサポートします:

  • UN / EDIFACT
  • ANSI X12
  • HL7 (Health Level 7)
  • HIPAA X12
  • SAP iDOC
  • IATA PADIS
  • TRADACOMS
EDI 変換書式

EDIFACT、X12、HL7、HIPAA X12、PADIS または TRADACOMS メッセージを特定の実装の条件に従いカスタマイズする必要がある場合が多く、 MapForce には、新規のトランザクションを追加し、既存のメッセージを素早く簡単に変更することのできるユーザーフレンドリーな EDI 構成ファイルが含まれています。

EDI データマッピングのためにデータソースを指定すると、 MapForce はプロジェクトにh視覚的なコンポーネントとして挿入します。ドラッグアンドドロップによりデータフィールドのマップ、データ処理関数の挿入し、視覚的な式ビルダーを使用した式の作成を行うことができます。

MapForce はチェーンマッピングを含む任意の組み合わせのデータのマッピングをサポートします。

EDI マッピングの自動化

EDI 変換が完了すると、 MapForce はデータを変換し、結果を確認しすぐに保存することができます。EDI マッピングを自動化することは現実的で、MapForce はMapForce Serverを使用した、ハイパフォーマンスなロイヤリティの内コードの生成をオファーしています。