Excel マッピング

Excel データのマップと変換

Excel マッピング

MapForce には、新しい Office Open XML (OOXML) ファイルフォーマットをベースにしている Microsoft® Excel 2007 以降のバージョン の表計算データに対するサポートも含まれています。MapForce はマッピングのソースやターゲットとして Excel スプレッドシートをサポートしており、パワフルなグラフィカルインターフェイスを、データマッピングを Excel ファイルから変換、または、 Excel ファイルへ変換に使用することができます。

MapForce Excel マッピング

既存の表計算やワークブックをベースにしたマッピングを開発するには、MapForce のファイルメニューコマンドを使ってソースファイルを開くか、ドキュメントをデザイン ペイン内にドラッグしてください。ファイル構造や行、カラム、セル、そして番号や名前に対する参照などが表示されます。このコンポーネントに含まれるアイコンをクリックすることでマッピングデータの定義や指定を行うことができます。

MapForce 2015r3 は、 Microsoft Office 2013内で紹介された新しいオプションファイルフォーマット、Strict Open XML Spreadsheet フォーマット(ISO/IEC 29500 Strict) をデータマッピング入力コンポーネントとしてサポートします。

MapForce ではスプレッドシート (表計算) における個々のデータテーブルから個別のセルまたは範囲を選択ならびにマッピングすることができ、また、静的または動的に範囲を決定し、マッピングのデザインを行う前の、複雑な Excel ワークシートからデータの抽出やエクスポートを行うといった煩わしい作業を行う必要が無くなります。

データ マッピングが定義されると、内蔵の MapForce エンジンにより、1 クリックでマッピングの結果の閲覧と保存を行うことができます。Excel へのマッピングにより Office Open XML (OOXML) マークアップが生成されます。

ターゲットテンプレートとして書式設定済みの Excel ワークブックの使用

You can take advantage of external links in Excel 内の外部リンクを活用して、 MapForce によりサポートされるデータ型をフォーマット済みの Excel ワークブックにマップすることができます。これは、既存のリッチ書式のドキュメントを出力を生成するためのテンプレートとして使用できることを意味します。

例えば、データベース、 Web サービス または、他のデータソースのデータからチャートとグラフ付きのワークブックから月別のレポートを作成し、月別のレポートを更新することができます。

MapForce Excel マッピング

上のスクリーンショットは、MapForce サンプルを使用してインストールされたソースデータが XML である Excel マッピングを示しています。他の多種の Excel マッピングサンプルは MapForce 内に含まれており、スクリーンショットの左側のプロジェクトウィンドウ内にリストされています。

右の部分的なビューは、ワークブック内のセルとして作成され、チャートとして表示されているサンプルマッピングの一部を表示しています。

Excel mapping to formatted target

Excel マッピングへ簡単に列を挿入し、削除することができます。

MapForce には既存のマッピングを再ロードすることなく、既存の列マッピングデータと Excel スプレッドシート間で新規の列を追加する機能が含まれています。ユーザーは Excel マッピング内のセルを選択することができ、コンテキストメニューからセルを追加することができます。

このオプションの選択はにより、ユーザーが入力されたセルのデータ型と範囲を指定することのできるダイアログが開かれます。

MapForce 内の Excel マッピングに新規の列を挿入します。

ここで示されるサンプルでは、 既存の Excel スプレッドシートには左右に広がる数値のデータを持つ、2つの列が含まれています。ユーザーは上部に新規の列を挿入しました。

同様に、列の削除メニューオプションにより、ターゲットスプレッドシートからセルが削除されますが、マッピング自身は変更されません。

すべての既存の接続が自動的に保存されるため、この機能により、既存のマッピングへの変更と更新が簡素化されます。

Excel マッピングターゲット内にワークシートを挿入し削除することができます。

上に示されている通り、 Sales ワークシートの横で、 Excel マッピング内のワークシートノードの横のボタンをクリックすると、ワークシートを手動で追加することのできるダイアログが開かれます。 .または、更新されたファイルから再ロードするのみです。

MapForce Server を使用した、 Excel マッピングの実行

MapForce Serverr には、 MapForce のために開発された内蔵のデータ変換エンジンが含まれます。このエンジンはサーバー環境で作動するために大幅に拡張されています。MapForce Server は 以下のすべての組み合わせのデータ変換を MapForce 内で定義されたデータマッピングをベースに実行します 。(XML、データベース、EDI、 XBRL、フラットファイル、Excel、JSON、プロトコルバッファー、およびまたは MapForce Server 実行ファイルに保存された前処理済みかつ最適化された データマッピングを使用した Web サービス)。MapForce Server の並列処理、マルチスレッド、バルク SQL マージ、クロスプラットフォームへのサポートなどの機能によりデータ変換を次のレベルに押し上げます。

早いパフォーマンスと大半のデータベースマッピングのメモリの占有領域の制限を可能にします。MapForce Server は FlowForce Server の管理下、またはコマンドラインまたは、プログラム面で API からの実行によるスタンドアロン構成により作動します。

MapForce Excel マッピングのデザインとテストが完了した後、MapForce Server により繰り返し行われるデータ変換処理を自動化することができるようになります。

Creating a MapForce Server Execution File

MapForce は Excel データマッピングを前処理、最適化した後 MapForce Server のコマンドライン実行によりMapForce Server 実行ファイルに保存され FlowForce Server ジョブとしてアップロードされます。

MapForce Server が FlowForce Server の管理下で作動すると、データマッピングは、ジョブの一部として定義されたトリガーとして FlowForce Server のジョブステップとして実行されます。。例えば、新規 XML インスタンスドキュメントがディレクトリに追加されると、 RaptorXML+XBRL Server を使用して最初に検証し、 XML から特定のデータを抽出し、Excel ワークブックに挿入するなどの複数のステップの FlowForce Server ジョブがトリガーされます。