国別のレポートソリューションの新機能

国別のレポート (CbC) ソリューションバージョン 2.0 は 2020年9月29日にリリースされました。全ての新機能を確認して最新バージョンをトライしましょう。

バージョン 2.0.17 (2020年9月29日)
CbCR App をクラウドで使用できるようになりました。
国別ビジネスルールへのサポート。

CbCR App をクラウドで使用できるようになりました。

Altova CbC Reporting App を Altova Cloud 内の SaaS ソリューションとして使用できるようになりました。Altova Cloud ポータルにより簡単にアカウントを作成し30日間のトライアルを開始し(クレジットカードは必要ありません)、ユーザーを追加し、最終的には Altova オンラインショップでライセンスを購入することができます。SaaS ソリューションであるため、ダウンロードまたはインストールする必要はありません。

米国と欧州のデータプライバシー、データ保管、 GDPR などの法的な違いに順応するために Altova はクラウド内の Altova アプリにアクセスするために2つのデータセンターを活用しています。

Access the CbCR App in Altova Cloud

クラウド内の Altova CbCR アプリの使用はこれ以上簡単になりません。Altova Cloud ポータル に移動して評価を開始しましょう。クレジットカードは必要なく、瞬時に使用を開始できます。

国別ビジネスルールへのサポート。

Altova CbC Reporting App アプリにより企業は国別のレポートを OECD XML スキーマに従い簡単に有効な XML で生成できるようになりました。多くの国は特定の条件を満たすためにこのスキーマの外部で追加ビジネスルールと検証条件を定義しました。

Altova CbCR App の最新バージョンは多くの国の検証ルールのためのサポートを提供します:

  • スイス: スイス税務局のための必要条件のためのサポート (Eidgenössische Steuerverwaltung ESTV - Technische Wegleitung)
  • ベルギー: ベルギー税務局のビジネスルールへのサポート
  • 英国: 英国税務局 (HMRC) のビジネスルールへのサポート。
  • 香港: 香港税務局のスキーマへのサポート。
  • シンガポール: シンガポール税務局 IRAS の追加処理へのサポート。
  • マン島: マン島税務局(財務省)のビジネスルールへのサポート。

追加ローカルルールへのサポートは将来追加されます。 – 所在国のルールが含まれていない場合 サポート チームに連絡してください。

今すぐ試す
CbC Reporting app を今すぐ試す
サーバーソフトウェアの新着情報
MobileTogether の新着情報

MobileTogether内のクロスプラットフォーム、ネイティブアプリ開発のための新規機能

以前のバージョンの新機能

CbC レポートソリューションの前のバージョンのすべての機能について学ぶ。

バージョン 2.0.12 (2019年12月4日)
スイス税務局の最新の必要条件の遵守
パッケージによるソリューションのデプロイ機能
バグのフィックスと他の拡張機能

スイス税務局 11/7/19 必要条件の順守

2019年11月7日にスイス連邦財務省税務局は CbC レポートを提出するための 新規の技術ガイダンス をリリースしました。Altova CbCR ソリューションはこれらの最新の規則に対応しています。

パッケージによる CbCR ソリューションのデプロイ機能

ソリューションコンポーネントを持つ仮想マシンのダウンロードに加え、 CbC レポートソリューションを MobileTogether Designer ソフトウェアを使用して、または Linux サーバーのためのコマンドラインを使用してデプロイすることができます。

バージョン 2.0 (2019年5月8日)
修正レポートの生成機能
他のソースから国別のレポート (CbC) をインポートする機能

修正レポートの生成機能

ユーザーフレンドリーな Web インターフェイスを使用して Altova 国別のレポート (CbC) ソリューションにより有効な CbC XML ファイリングレポートを簡単に生成することができます。

しかしながら、 CbC レポートが金融当局に申告された後でも、申告を行う機関は情報の一部を修正、または、レポートに追加のデータを追加する必要がある場合があります。この場合、修正レポートが申告を更新するために作成される必要があります。

修正レポートは元のレポートの内部l ID を参照する必要があり、手動での作成は難しい場合があります。

バージョン 2.0 から Altova CbC レポートソリューションは、数値、または、新規のコンテンツを追加するために有効なレポートを自動的に生成することが簡単になりました。

修正レポート作成ページで、既存のレポートのリストを見つけることができます。新規にデータを追加するために、または、既存のデータを変更/削除するためにボタンをクリックすると、基となるレポートへの必要なすべてのレファレンスを含む新規の修正レポートが開かれます。

XML書式の国別 (CbC) 修正レポートの作成

必要な更新を行い、修正レポートを保存すると、他の既存のレポートと共にリストされていることに気が付きます。有効な国別の修正レポートを作成するために XML の作成をクリックします。

他のソースから国別レポートをインポートする機能

他のソースから XML 書式の国別レポートを受信した場合、 Altova CbC レポートソリューションにインポートすることができます。レポート内に含まれる情報をビューし理解する、および、必要な場合編集することが簡単になります。