国別のレポートソリューション 2.0.12 の新機能

国別のレポート (CbC) ソリューションバージョン 2.0 は 2019年12月4日にリリースされました。全ての新機能を確認して、最新バージョンに更新しましょう。

バージョン 2.0.12 (2019年12月4日)
スイス税務局の最新の必要条件の遵守
パッケージによるソリューションのデプロイ機能
バグのフィックスと他の拡張機能

スイス税務局 10/18/19 必要条件の順守

2019年10月18日にスイス連邦財務省税務局は CbC レポートを提出するための 新規の技術ガイダンス をリリースしました。Altova CbCR ソリューションはこれらの最新の規則に対応しています。

パッケージによる CbCR ソリューションのデプロイ機能

ソリューションコンポーネントを持つ仮想マシンのダウンロードに加え、 CbC レポートソリューションを MobileTogether Designer ソフトウェアを使用して、または Linux サーバーのためのコマンドラインを使用してデプロイすることができます。

更新
既に製品を使っているお客様はここから最新バージョンへの更新を行うことができます
ダウンロード
30 日間無料トライアルを今すぐダウンロード!
サーバーソフトウェアの新着情報
MobileTogether の新着情報

MobileTogether内のクロスプラットフォーム、ネイティブアプリ開発のための新規機能

以前のバージョンの新機能

SchemaAgent 2020 古いバージョンからアップグレードすることにより、得られるすべての機能を確認!

バージョン 2.0 (2019年5月8日)
修正レポートの生成機能
他のソースから国別のレポート (CbC) をインポートする機能

修正レポートの生成機能

ユーザーフレンドリーな Web インターフェイスを使用して Altova 国別のレポート (CbC) ソリューションにより有効な CbC XML ファイリングレポートを簡単に生成することができます。

しかしながら、 CbC レポートが金融当局に申告された後でも、申告を行う機関は情報の一部を修正、または、レポートに追加のデータを追加する必要がある場合があります。この場合、修正レポートが申告を更新するために作成される必要があります。

修正レポートは元のレポートの内部l ID を参照する必要があり、手動での作成は難しい場合があります。

バージョン 2.0 から Altova CbC レポートソリューションは、数値、または、新規のコンテンツを追加するために有効なレポートを自動的に生成することが簡単になりました。

修正レポート作成ページで、既存のレポートのリストを見つけることができます。新規にデータを追加するために、または、既存のデータを変更/削除するためにボタンをクリックすると、基となるレポートへの必要なすべてのレファレンスを含む新規の修正レポートが開かれます。

XML書式の国別 (CbC) 修正レポートの作成

必要な更新を行い、修正レポートを保存すると、他の既存のレポートと共にリストされていることに気が付きます。有効な国別の修正レポートを作成するために XML の作成をクリックします。

他のソースから国別レポートをインポートする機能

他のソースから XML 書式の国別レポートを受信した場合、 Altova CbC レポートソリューションにインポートすることができます。レポート内に含まれる情報をビューし理解する、および、必要な場合編集することが簡単になります。