JSON エディター

JSON editor

JSON の編集 & 変換機能:

  • インテリジェントな JSON エディター
  • 最適な表示が行われる入力ヘルパー
  • 構文による色分けやソースの折りたたみ機能などが搭載されたテキスト ビュー
  • 構造的なマーキングによる括弧のマッチ
  • グリッド ビューにおける視覚的な JSON の編集
  • JSON の構文チェック
  • JSON スキーマをベースにした検証
  • XML <=> JSON 変換
  • XSD <=> JSON スキーマ変換
  • JSON スキーマエディター
  • JSON スキーマからサンプル JSON インスタンスを生成

トライアルのダウンロード

JSON ツール

JSON (JavaScript Object Notation) はデータの交換を行うためにデザインされたテキストベースの軽量言語で、構造化されたデータのシリアル化やネットワークにおける送信などに利用され、AJAX や Web 2.0、そして Web サービスアプリケーションにて使用されます。

XMLSpy の JSON エディターを使用することで、XML 編集のために使用される直感的なテキストならびにグリッド ビュー、編集ガイドや入力ヘルパーを使いながら JSON ファイルの編集を行うことができます。XMLSpy では XML から JSON または JSON から XML への変換を簡単に行うこともできます。その他の XML エディターとは異なり、XMLSpy は JSON と XML の両方をサポートし、XML、AJAX、そして Web サービスの開発を行うのと同じ環境で JSON の編集作業を行うことを可能にしています。

XMLSpy は、スキーマの開発、検証、生成のための使用しやすい グラフィカルな JSON スキーマエディター を搭載しています。JSON 開発を開始するために、すべての JSON スキーマからサンプル JSON スキーマを生成することができます。

テキストビュー

JSON エディターのテキスト ビューでは構文による色分け、行番号、ソースの折りたたみ、ブックマークなどの機能により、JSON コードの理解や簡単に行い、文字列の検索や編集を行うためのナビゲーションを行います。XMLSpy の Info ウィンドウの JSON タブにてインテリジェントな JSON 編集を有効にすると、要素入力ヘルパー ウィンドウには、動的に構築される JSON ファイル内の要素がリスト形式で表示されます。要素ウィンドウのアイテムをダブルクリック、または編集ペインにあるドキュメントにドラッグすることで、要素を挿入することができます。

JSON エディター内の構文チェックと JSON スキーマベースの検証により有効な JSON インスタンスを簡単に作成することができます。発生したエラーは、複数タブにて構成されるメッセージウィンドウにリスト形式で表示され、ドキュメントおよび関連したスキーマ内のエラーインスタンスへのハイパーリンクが含まれています。

グリッド ビュー

グリッド ビューでは、JSON ドキュメントの構造や概要が、ネストされたコンテナーというかたちで視覚的に表示されます。コンテナーや簡単に展開や縮退を行うことができ、木構造に似た JSON ドキュメントの構造を正確に理解することができます。ドラッグ アンド ドロップやインテリジェントな XML 編集機能により、ドキュメントの構造をグラフィカルに確認しながら、JSON ドキュメントの編集を行うことができます。

JSON editor tree view

JSON <=> XML 変換

インテリジェントな JSON 編集に加えて、XMLSpy はクリック 1 つでできる XML と JSON ファイル間の変換をサポートします。この機能により、例えば XML ファイルを JavaScript と一緒に送信するため JSON に素早く変換したり、JSON フォーマットで受信したファイルを妥当な XML に変換するといったことが簡単にできます。単一ファイルまたは大量の JSON-から-XML への変換をプロジェクトウィンドウで行うことができます。conversion in the Project window.

その他の JSON ツール

次のステップ