JSON スキーマエディター と ジェネレーター

エンタープライズレベルのグラフィカルな JSON スキーマエディター

  • グラフィカルな JSON スキーマ編集
  • XML スキーマ <=> JSON スキーマ変換
  • JSON スキーマ検証
  • 最適な表示が行われる入力ヘルパー
  • ドラッグアンドドロップを使用して視覚的にスキーマを編集
  • JSON インスタンスから JSON スキーマを生成
  • JSON スキーマからサンプル JSON インスタンスの生成
  • スキーマベースの検証とインテリジェントなJSON インスタンスエディター

JSON スキーマエディター

XMLSpy のグラフィカルな JSON スキーマエディター

XMLSpy が最初のグラフィカルな XML スキーマエディターを開発したように、エンタープライズレベルのグラフィカルな XML スキーマエディター により、 JSON と作業するデベロッパーは、スキーマの生成、開発、および検証を高速に行うことができます。

JSON スキーマのデザインを学んでいる XMLSpy の使用者は、すぐに JSON スキーマビューに慣れ親しむことができます。また、新しいユーザーも簡単に使用方法を理解することができます。

JSON スキーマ開発

XMLSpy を使用して、新しいスキーマドキュメントを最初から作成する、または、既存の JSON インスタンス または XSD から、必要に応じてカスタマイズし、 JSON スキーマを生成することができます。

JSON スキーマビューでは、それぞれのノードのために定義概要グリッドとデザインビューの間を切り替えを行うことができます。定義概要により( "ドキュメントスキーマ"としてリストされる)現在のドキュメントのメインのスキーマが表示され、またスキーマに追加されるたの定義が表示されます。定義の追加と削除を行うことができるほか、プロパティの修正を行うこともできます。

概要、詳細、制約エントリヘルパーウィンドウは定義概要ビューおよびデザインビューで使用することができ、瞬時にスキーマに関する情報あよび定義をビジュアル化し、定義に関連した情報と値を入力することができます。

上に表示されているように、定義概要内の定義の横のツリーアイコンをクリックして、詳細を確認して、デザインビューで編集します。

XMLSpy Graphical JSON Schema Validator

JSON スキーマデザインビュー

グローバルコンポーネントの隣にあるツリーアイコンをクリックすることで、そのコンテンツ モデルの詳細がグラフィカルなビューとして デザインビュー内に表示されます。ここで、構造とそれぞれのグローバル定義の値を指定することができます。ラッグアンドドロップの編集、定義の再編成、入力ヘルパーウィンドウ、有効な選択肢を提案するコンテキストメニューの右クリックなどによりJSON スキーマエディターは更に簡単に使用することができます。

作業中に、 JSON スキーマの検証が、リンクつきエラーメッセージと共に対話型のメッセージウィンドウに表示されます。

スキーマの開発に携わってまだ日が浅い場合、更に詳しい情報は XMLSpy ヘルプファイルで確認することができます。

JSON スキーマジェネレーター

XMLSpy JSON スキーマジェネレーター

JSON スキーマ開発を開始するために、JSON スキーマジェネレーターを使用して、既存の XML スキーマ、または、 JSON インスタンスドキュメントをベースにして有効なスキーマを作成することができます。 以下のためにオプションを指定しやすくする使用しやすいダイアログ:

  • XSD からの JSON スキーマの生成
  • JSON スキーマからの XSD の生成
  • JSON インスタンスから JSON スキーマの生成

JSON スキーマジェネレータは、XMLSpy 内で JSON と XML との作業の生産性を向上する他のツールです。