Altova 製品ラインに搭載された新機能は?

MobileTogether ®
すべてのプラットフォームのためのモバイル アプリの作成が記録タイムで作成可能です!
無料 MobileTogether Designer ダウンロード
MissionKit

Altova MissionKit バージョン 2017

全製品での新規データベースへと機能へのサポート、 XMLSpy と RaptorXML 内での Apache Avro へのサポート、一部の製品での inXBRL とインライン XBRL へのサポート、StyleVision と StyleVision Serverでの PDF フォームの作成など、データベース、ビッグデータ、と XBRL ツールは、バージョン 2017 で、更に機能が更に強化されました。更に、全ての商品はフランス語でご利用いただけます。

今すぐAltova ソフトウェアの最新バージョンへ更新 または以下の新機能についてさらに詳しく読む。

Altova サーバー製品 2017

Versionof Altova サーバー製品のバージョン 2017 は、Apache Avro ファイルでの巨大なデータへのサポート、新規 XBRL 仕様、 PDF 書式のデータの処理、およびフランス語版などを搭載しています。

今すぐAltova ソフトウェアの最新バージョンへ更新 または以下の新機能についてさらに詳しく読む。

サポートアンドメンテナンスパッケージ (SMP) をお持ちのお客様は、バージョン 2017 へのアップグレードを無料で行うことができます。

エディションの説明

 

Enterprise Edition - この機能は Enterprise Edition に含まれています。

Professional Edition - この機能は Professional Edition に含まれています。

Basic Edition - この機能は Basic Edition に含まれています。。

今すぐ Altova の ダウンロードページ から最新バージョンへアップグレード。

まだ製品を購入されていない場合、 30 日間無料のトライアルをお試しください!

XMLSpy バージョン 2017 の新機能:

XMLSpy 2017 における新機能EnterpriseProfessional
テキストビュー内の新しい検索機能 ..
関連した一致項目のテキストのハイライト..
テキストビュー内の親ドキュメントへの移動コマンド..
Apache Avro スキーマファイルの編集と検証 .
Apache Avro バイナリファイルの表示/検索のための特別なグリッドビュー.
新規 XSLT/XQuery 機能..
XSLT と XQuery のパフォーマンスの向上..
XBRL タクソノミパッケージ へのサポート.
インライン XBRL へのサポート.
ADO.NET データベースドライバーのためのサポート..
PostgreSQL のためのネイティブなサポート..
Progress OpenEdge データベースのためのサポート..
SQL Server 2016 のためのサポート..
動的な HTML と CALS テーブル内のヘッダー/フッターの編集..
Eclipse 4.6 との統合サポート..


テキストビュー内の新しい検索機能

テキストビューには即時に検索用語のインスタンスヲ全てハイライトする新規の検索と置き換えダイアログがあり、入力中に検索対象を識別し、検索対象それぞれに移動することができます。フィルター、選択範囲内での検索、現在の場所と、スクロールバー上で表示されているアイテム、最後に検索された10件のアイテム内を検索するためにコンボボックスなど便利な機能が搭載されている検索ダイアログは作業中に便利に開くことができます。

内蔵されている正規表現ビルダーを使用して検索することもできます。

更に、文字列をハイライトするとドキュメント全体の一致項目が瞬時にハイライトされます。また、スクロールバーにも一致項目の場所が表示されます。

New Find functionality

関連した一致項目のテキストのハイライト

強化された検索機能に関連して、文字列のハイライトによりドキュメント全体の一致するアイテムがスクロールバー上でもハイライトされ表示されます

単語全体の一致、または、一文字のような短い選択範囲の任意の一致を選択することができます。これらは全て設定 / テキストビュー設定ダイアログで構成されます。

親要素を選択するための新規コマンド

Ctrl-Alt-E を押すと、すぐに選択の親要素がハイライトされます。これは、大きな、または、複雑な XML ファイルと作業する際にとても役にたちます。

Avro スキーマの編集 & 検証

Apache Avro は、大きいデータをコンパクトで、素早い、バイナリのシリアル化のために広く使用されているデータをシリアル化する標準です。 Apache Hadoop ソフトウェアフレームワーク内で最も使用されています。

JSON 書式で書かれている Apache Avro スキーマの編集と検証のための新しいサポートが、 XMLSpy のテキストとグリッドビューで使用できるようになりました。

グリッドビューは、ドキュメント構造を簡単に資格化し編集する方法を提供し、(右のスクリーンショットに表示されている) テキストビュー内では、コンテキストに敏感なキーワードの提案、かっこや引用符の自動的な挿入、構文の色分け、およびキーワードの自動補完を提供します。更に、3つのインテリジェントな、コンテキストに敏感な入力ヘルパーウィンドウが存在します:JSON プロパティ、JSON 値と JSON エンティティ

Avro schema editor

バイナリ Avro データのためのグリッドビュー

広範囲に及ぶ普及にもかかわらず、 Avro データと視覚的に作業することのできるツールはこれまで存在しませんでした。XMLSpy 2017 には、バイナリ Avro ファイルを視覚化し、素早く検索するための専属の Avro グリッドビューが搭載されています。

Avro ビューは、バイナリファイルを簡単に表示し検索することのできる(右のスクリーンショットに表示されているように)簡単に読み取ることのできるテーブル書式の Avro データ構造を表示します。

Avro ファイルは、通常、サイズが大きいため、展開および折りたたむことのできるブロックペインによりデータをブロックに整理します。特定のブロック内のデータを表示するには、クリックするだけです。

希望する場合、ブロックペインから関連する Avro スキーマを表示または保存することができます。

View and search Apache Avro

新規 XSLT/XQuery 機能

両方の標準のための包括的なサポートが追加され、 バージョン 2017 XMLSpy は以下もサポートするようになりました:

  • XSLT 3.0 モード
  • XSLT 3.0 パッケージ
  • fn:transform
  • 動的な XQuery モジュールの使用
  • 拡張された JSON シリアル化

XSLT と XQuery のパフォーマンスの向上

バージョン 2017 では以下の項目のために大幅なスピードの向上*が追加されました:

  • // 5 倍も速い実行スピード
  • XQuery マップオブジェクトの使用 – 特別なケースの場合数千倍の速度でおこなうことが可能になりました
  • 文字列のから小数と整数への変換が(またはその逆の変換が) 2 倍も速くおこなうことができます
  • 大きな文字列のための fn:replace は、100 倍も速くおこなうことが可能になりました

新しいデータベースのサポート

人気の有るすべてのリレーショナルデータベースのための包括的なサポートに以下が追加されました:

  • ADO.NET データベースドライバのためのサポート - 既存の ADO、ODBC、および JDBC ドライバへの追加
  • PostgreSQL のためのネイティブなサポート - ネイティブなサポートにより中間のドライバが必要なくなり、PostgreSQL データベースとより速く、簡単に作業することができ、より少ないメモリを必要とします。
  • Progress OpenEdge データベースのためのサポート - 顧客のリクエストに応えて
  • SQL Server 2016 のためのサポート – 前のバージョンへのサポートの追加

XBRL タクソノミパッケージ へのサポート

XBRL タクソノミは、通常、関連した複数のドキュメントより構成されており、 ZIP ファイル形式にてパッケージされています。 XBRL タクソノミパッケージ仕様は、ファイルの標準フォーマットとロケーションを、パッケージの詳細とエントリポイントを提供する ZIP アーカイブ内で定義します。タクソノミパッケージは、 URI をオフラインタクソノミファイルのロケーションに再マップし、オフラインでタクソノミをアプリケーションで使用するようにできるカタログ XML ファイルを含みます。

バージョン 2017 では、両方の XMLSpy にを 開発と ハイスピードの、サーバー側の検証のための RaptorXML+XBRL Server へのサポートを追加しました。

タクソノミパッケージをダウンロード後、自動的に識別し、パッケージのエントリポイントカタログファイルで使用するために XMLSpy に登録することができます。アクティブなパッケージのカタログ入るは、 XBRL 検証などの操作のためのリソースヲロケートするために使用されます。

「ツール | オプション」メニューから「 XBRL タクソノミパッケージ」ダイアログを使用すると、タクソノミパッケージの追加と管理が簡単になります。

追加されると、(MapForce、StyleVision などの).タクソノミパッケージは開発者マシン上の XBRL が有効化されている Altova 製品で使用することができます。

XSD to JSON Schema

インライン XBRL へのサポート

インライン XBRL (iXBRL) 仕様は、 HTML ドキュメントに直接 XBRL データを埋め込むことをフィルターに許可することにより、 XBRL を拡張します。これにより柔軟性が追加され、レポートの人間の判読性を持つタグ付けされたデータの利点が結合されます。この仕様を使用する機関のため、 XMLSpy 2017 は XBRL ファイルの検証をサポートします。

iXBRL ドキュメント内に含まれる XBRL データは、更なる処理のため、 XBRL インスタンスドキュメントに抽出される必要があり、 XMLSpy には、インライン XBRL コマンドの変換と作業するためのコマンドが追加されました。

Inline XBRL support

XPath と XQuery トレーニング

XPath または XQuery に関して学習、または標準の最新バージョンの新項目について理解を深めるためには?無料の オンラインチュートリアルをチェックする。

MobileTogether
全てのプラットフォームのための
ネイティブなアプリを記録的スピードで作成します!
 

既に XMLSpy を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた 新たな機能の一覧 を参照。

*パフォーマンスの結果は、 Altova 内部テストの結果をもとにしています。結果は異なる可能性があります。

MapForce バージョン 2017 の新機能:

MapForce 2017 における新機能EnterpriseProfessionalBasic
ジェネリックなマッピングのためのノード名への動的なアクセス ...
使用が可能な場合、 SQL Merge として操作できるUpdate-If と Insert-Rest データベーステーブルアクション ..
新規 VERMAS メッセージを含む EDIFACT バージョン 2015B と 2016A へのサポート .
インライン XBRL ファイルをマッピングソースとするサポート .
XML 出力に名前空間ノードを追加する機能...
XBRL タクソノミパッケージ へのサポート.
データベースへの強化されたサポート– 新規データベースバージョンと追加ドライバへのサポート..
Eclipse 4.6 のために更新された Eclipse 統合サポート ..


ノード名への動的なアクセス

MapForce 2017 には、動的に XML 子要素、属性、または CSV ファイルのコンテンツなどのテキストファイルの行のノード名をターゲットコンポーネントにマップする機能が搭載されています。

ノード名の動的なマッピングにより、名前が既知ではない、または、マッピング内で特別に識別される必要のない、ターゲット要素と属性の作成を素早く行うことができます。この機能により、データモデルが展開すると、少ない手動の介入を必要とする、更にジェネリックな、柔軟性のある再利用することのできるマッピングの作成が可能になりました。

右に 表示されているのは、データフィールドが列名では無く行の隣のセル内のラベルにより識別されている CSV ファイルです。列 A 内のセルを XML 要素名として列 B 内のセルに、対応する各要素のための値としてマップすることがデータマッピングの通常の必要条件です。下のデータマッピングで表示されるようにこれは簡単におこなうことができます。CSV 例のためのマッピングの出力は、 マッピングの右下に表示されています。

データマッピングの一番上にある関数 group-starting-with は、“FirstName” が入力ファイル内で出現すると、新規 <Employee> 要素を作成します。そして、各行のために、 A 列は、要素名とエントリを生成し、 B 列に各要素の値を生成します。

MapForce 2017 input for dynamic node name mapping
MapForce 2017 dynamic node name mapping
MapForce 2017 output from dynamic node name mapping

新規 EDIFACT バージョンと VERMAS メッセージのためのサポート

MapForce 2017 には、新規 VERMAS メッセージを含む新規 EDIFACT バージョン 2015B と 2016A へのサポートが搭載されています。輸送、保管と管理のための EDIFACT メッセージの他の使用できるデータ型へのマッピングと翻訳は、 MapForce により解決することのできるビジネスの一般的な必要条件です。

EDIFACT バージョン 2015B (D.2015B) では、貿易パートナー間の注文と領収書について説明されています。バージョン 2016A (D.2016A) では、 VERMAS メッセージを含む海洋の輸送について説明されています。

VERMAS は、各輸送装置の総重量 (VGM) を指定します。例えば、配達業者が全ての配達コンテーなの容量を積み込む前に知る必要がある場合などです。

MapForce 2017 supports the EDIFACT VERMAS message
The EDIFACT VERMAS message in a data mapping

XML 出力に名前空間ノードを追加する

各 XML 要素と属性の名前空間は、通常ターゲットコンポーネントの XML スキーマから派生します。

MapForce 2017 には、ユーザーが手動で要素の名前空間を直接宣言するケースが示されている右側の例のように、マッピング内の名前空間の宣言へのサポートが含まれています。

MapForce 2017 supports manual mapping of namespace nodes in XML output

バルク SQL マージとしてのデータベーステーブルアクション

データを更新しデータをデータベーステーブルに入力する一部のマッピングでは、通常 Update-If と Insert-Rest テーブルアクションを必要としますが、MapForce 2017 は、データベースに対して実行される SQL Merge ステートメントを生成します。SQL マージステートメントは以下をサポートします:SQL Server 2008 と以降、 Oracle、IBM DB2、Firebird。

SQL マージステートメントは、 INSERT と UPDATE ステートメントを1つに結合し、データベースサーバーセルを削減することにより、実行スループットを向上します。更に SQL マージステートメントのための一貫性チェックがデータベースによりおこなわれます。MapForce は、サポートされるデータベースを検出すると SQL マージステートメントを自動的に作成します。MapForce Server による SQL マージバルク実行は、以前使用されている機能よりも、15倍も速く実行をおこなうことができるとテストで証明されました。*

XBRL タクソノミパッケージ へのサポート

XMLSpy のセクションで説明されているとおり、 XBRL タクソノミパッケージは、 XBRL タクソノミのオフラインのコピーを含む ZIP アーカイブです。

XBRL タクソノミパッケージは、 XBRL 検証と処理をスピードアップするために、 MapForce 2017 に追加することができます。タクソノミパッケージによりユーザーは XBRL タクソノミの全てのエントリポイントを MapForce で直接確認することができます。

インライン XBRL ファイルへのサポート

XBRL と作業する監視機関ではインライン XBRL フォーマットに関する情報を与える (または、提出を受け付けています)インライン XBRL、 または iXBRL は Web ブラウザーでの表示のための、マシンで読み取ることができる HTML ドキュメント内に埋め込まれている XBRL です。

MapForce 2017 では、インライン XBRL を含むファイルをデータマッピングにソースコンポーネントとして追加することができ、サポートされるターゲットのフォーマットにマップすることができます。

強化されたデータベースサポート

既存のデータベースの接続性を展開すると、SQL Server のためのサポートが新規の SQL Server 2016 バージョンを含むようにアップデートされます。また、ADO.NET データベースドライバが追加され、 PostgreSQL がネイティブにサポートされ、 Progress OpenEdge もサポートされるようになりました。

 

既に MapForce を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた 新たな機能の一覧 を参照。

 

*パフォーマンスの結果は、 Altova 内部テストの結果をもとにしています。結果は異なる可能性があります。

StyleVision バージョン 2017 の新機能:

StyleVision 2017 における新機能EnterpriseProfessionalBasic
入力することのできる PDF 書式の作成のためのサポート.
XBRL タクソノミパッケージ へのサポート.
ADO.NET データベースドライバーのためのサポート..
PostgreSQL のためのネイティブなサポート..
Progress OpenEdge データベースのためのサポート..
SQL Server 2016 のためのサポート..
Eclipse 4.6 との統合サポート..


記入することのできる PDF フォームの作成

StyleVision 2017 新機能は、ユーザーにより入力されたデータを XML および Acrobat FDF (Forms Data Format).でキャプチャするための、記入することのできる PDF フォームの作成へのサポート機能です。

青写真の機能を使用して、記入することのできる書式、または、既存の書式を Word ドキュメント上から開始することは簡単です。または、最初から、魅力的なフォームをデザインするために絶対的なポジショニングを使用して始めから開始することもできます。下のスクリーンショットを参照してください。

ユーザーの実りの多い経験のための、 StyleVision 内で作成される記入することのできる PDF 書式は、テキストの入力、およびフォームのナビゲーションと振る舞いを複数のコントロールにより管理することをさぽーとします。

  • 入力フィールド
  • 複数ラインの入力フィールド
  • チェックボックス
  • ラジオボタン
  • (「次へ」、「前へ」、「送信」「印刷」などの)クリックすることのできるボタン

StyleVision には、書式関数のための複数のツールが搭載されているだけではなく、魅力的かつエンドユーザーが簡単に作成ができます。右側には、下でデザイン中の最後の書式のスニペットが表示されています。

ユーザーが PDF フォームを入力すると、所属機関はStyleVision Server を活用して入力されたデータを、保存が可能、データベースに書き込みが可能、レポートを生成するために使用することのできる XML または FDF フォーマットに抽出します。

PDF form
Creating a fillable PDF form

新規データベース & XBRL へのサポート

StyleVision 2017 は、 XMLSpy のために既に説明されている同様の展開されたデータベースの接続オプションをサポートします。

XBRL レポートを印刷と Web フォーマットで表示するためにデザインを構築する際、 XBRL タクソノミパッケージもサポートします。

 

既に StyleVision を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた新たな機能の一覧を確認。

Authentic バージョン 2017 の新機能:

Authentic 2017 における新機能Enterprise
動的な HTML/CALS テーブル内のヘッダー/フッターの編集.
ADO.NET データベースドライバーのためのサポート.
PostgreSQL のためのネイティブなサポート.
Progress OpenEdge データベースのためのサポート.
SQL Server 2016 のためのサポート.
Eclipse 4.6 との統合サポート.


動的な HTML/CALS テーブル内のヘッダー/フッターの編集

Authentic では、階層構造の XML でテーブルの構造やテーブルの書式を定義して、テーブルのセル コンテンツを含む CALS テーブルと CALS テーブルがサポートされています。

開発者からのリクエストに応え、バージョン 2017 では、エンドユーザのために動的な CALS と HTML テーブル内の ヘッダーとフッタの追加と削除へのサポートを追加しました。

 

既に Authentic を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた 新たな機能の一覧 を参照。

UModel バージョン 2017 の新機能:

UModel 2017 における新機能EnterpriseProfessionalBasic
データベースへの強化されたサポート– 新規データベースバージョンと追加ドライバへのサポート..
Eclipse 4.6 との統合サポート ..


強化されたデータベースサポート

UML 内で既存のデータベースモデリングを展開すると、support for SQL Server のためのサポートが新規の SQL Server 2016 バージョンを含むようにアップデートされます。また、ADO.NET データベースドライバが追加され、 PostgreSQL がネイティブにサポートされ、 Progress OpenEdge もサポートされるようになります。

Eclipse 4.6 との統合サポート

UModel 2017 内での Eclipse 統合へのサポートは、 IDE、 Eclipse 4.6 の最新バージョンを含みます。

 

既に UModel を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた 新たな機能の一覧 を確認。

DatabaseSpy バージョン 2017 の新機能:

DatabaseSpy 2017 の新機能:EnterpriseProfessional
データベースへの強化されたサポート– 新規データベースバージョンと追加ドライバへのサポート..


強化されたデータベースサポート

マルチデータベースの機能を展開すると、support for SQL Server のためのサポートが新規の SQL Server 2016 バージョンを含むようにアップデートされます。また、ADO.NET データベースドライバが追加され、 PostgreSQL がネイティブにサポートされ、 Progress OpenEdge もサポートされるようになります。

SQL 生成、自動補完、および SQL 書式設定などの DatabaseSpy の機能 は、複数の型のデータベースが同時に開かれている場合でも、各データベースの多種の SQL ダイアレクトとデータ型をサポートするためにすべてカスタム化されています。

 

既に DatabaseSpy を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた 新たな機能の一覧 を参照。

DiffDog バージョン 2017 の新機能:

DiffDog 2017 における新機能EnterpriseProfessional
データベースへの強化されたサポート– 新規データベースバージョンと追加ドライバへのサポート.


強化されたデータベースサポート

マルチデータベースの機能を展開すると、support for SQL Server のためのサポートが新規の SQL Server 2016 バージョンを含むようにアップデートされます。また、ADO.NET データベースドライバが追加され、 PostgreSQL がネイティブにサポートされ、 Progress OpenEdge もサポートされるようになります。

DiffDog 2017 データベースは、異なるデータベースの型の変換時でも、自動的に機能を比較してマージし、 各データベースのために多種のSQL ダイアレクトとデータ型をサポートするために調整されます。

 

既に DiffDog を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた新たな機能の一覧を確認。

RaptorXML Server 2017 最新情報

RaptorXML Server 2017 最新情報
Apache Avro のためのサポート
XBRL タクソノミパッケージ へのサポート
インライン XBRL ファイルの検証
Python モジュール
新規 XSLT と XQuery 機能
XSLT と XQuery のパフォーマンスの向上


Apache Avro のためのサポート

RaptorXML Server は、 Apache Avro ファイル内の大きなデータのハイパーパフォーマンスな検証と処理をおこないます。

Avro スキーマをインスタンスから抽出し、関連するスキーマに対して Avro インスタンスを検証するコマンドを使用することができます。

XBRL タクソノミパッケージ へのサポート

RaptorXML+XBRL Server は XBRL タクソノミパッケージの高速な検証をサポートします。 この点に関しては、XMLSpy セクション タクソノミ 1.0 パッケージ仕様で説明されています。

インライン XBRL ファイルの検証

インライン XBRL は、 RaptorXML+XBRL Server で検証することのできる XBRL 仕様の長いリストに追加されました。

RaptorXML は、インライン XBRL を抽出し、生成された XBRL インスタンスドキュメントを XBRL タクソノミに対して検証します。 XHTML を XBRL に変換します。生成された XBRL インスタンスを任意で保存することができます。

Python モジュール

新規 Python モジュールにより RaptorXML 機能が簡単に Python インタプレターにライブラリとして統合されます。

RaptorXML または RaptorXML+XBRL Server パッケージを使用中の Python インストールのモジュールとしてインストールすると、モジュールの機能を Python プログラムと共に使用することができます。

Python 配布の一部では、大きなデータ、数学、科学、工学、またはグラフィックスなどの幅広い拡張を含み、RaptorXML Server のために特別なモジュールを構築することなく、これらの機能がRaptorXML で使用することができるようになりました。

XSLT と XQuery のパフォーマンスの向上

バージョン 2017 では以下の項目のために大幅なスピードの向上*が追加されました:

  • // 5 倍も速い実行スピード
  • XQuery マップオブジェクトの使用 – 特別なケースの場合数千倍の速度でおこなうことが可能になりました
  • 文字列のから小数と整数への変換が(またはその逆の変換が) 2 倍も速くおこなうことができます
  • 大きな文字列のための fn:replace は、100 倍も速くおこなうことが可能になりました

新規 XSLT/XQuery 機能

RaptorXML Server は以下もサポートするようになりました:

  • XSLT 3.0 モード
  • XSLT 3.0 パッケージ
  • fn:transform
  • 動的な XQuery モジュールの使用
  • 拡張された JSON シリアル化
 

既に RaptorXML Server を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた新たな機能の一覧を確認。

*パフォーマンスの結果は、 Altova 内部テストの結果をもとにしています。結果は異なる可能性があります。

FlowForce Server 2017 における新機能

FlowForce Server 2017 における新機能
RaptorXML+XBRL Server 2017、MapForce Server 2017、および StyleVision Server 2017 へのサポート


Altova サーバーソフトウェア v2017 のためのサポート

FlowForce Server 2017 は、RaptorXML+XBRL 2017、MapForce Server 2017、と StyleVision Server 2017 に含まれる全ての新機能との互換性を有しています。

 

既に FlowForce Server を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた 新たな機能の一覧 を確認。

MapForce Server 2017 における新機能

MapForce Server 2017 における新機能
バルク SQL Merge として実行される Update-If と Insert-Rest データベーステーブルアクション
データベースへの強化されたサポート– 新規データベースバージョンと追加ドライバへのサポート
MapForce 2017 実行可能ファイルへのサポート


バルク SQL マージとして実行されるデータベーステーブルアクション

When the MapForce データベーステーブルアクションであるUpdate-If または Insert-Rest が、データベースマッピングの一部として必要とされる場合、 MapForce Server を利用して、ターゲットデータベースに変更を適用するために、バルク SQL マージとして更に効率的に実行することができます。バルク実行は、以前使用されている機能よりも、15倍も速く実行をおこなうことができるとテストで証明されました。*

強化されたデータベースサポート

MapForce Server 2017 は、上記の新規データベース接続性機能を含むデータベースからのデータをマップする MapForce 2017 で作成されたマッピングとの完全な互換性がります。

MapForce 2017 実行可能ファイルへのサポート

MapForce Server は、 MapForce 内でデザインされたデータマッピングを自動化し、結果として同一のデータ変換機能をサポートします。MapForce Server 2017 は、 MapForce セクションで説明されている、動的なノード名のマッピングと他の新規機能を含む MapForce 2017 で作成されたデータマッピングとの完全な互換性を有しています。

データ統合のためのデータチャレンジと MapForce プラットフォーム

白書のダウンロード

 

既に MapForce Server を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた新たな機能の一覧を確認。

 

*パフォーマンスの結果は、 Altova 内部テストの結果をもとにしています。結果は異なる可能性があります。

StyleVisionForce Server 2017 最新情報

StyleVisionForce Server 2017 最新情報
記入済み PDF フォームを XML または Acrobat FMF (フォームデータフォーマット) データとしてデータを抽出する機能
StyleVision 2017 の新機能には PXF ファイルへのサポートが含まれます


記入済みの PDF フォームからデータを抽出する機能

この機能は、上記の StyleVision 2017 内で紹介されている記入することのできる PDF フォームを補完します。エンドユーザーがデータが記入されたフォームを提出すると、 StyleVision Server は、ユーザーのデータを抽出し、 XML または Acrobat FMF (Forms Data Format) に保存することができます。開発者は一歩先に進み、 StyleVision Server を活用して、複数のチャンネルのレポートを提出されたデータを基に作成し、抽出されたデータをデータベースにマップするために MapForce Server に届けることもできます。この強力な機能は、 PDF 書式のワークフローに更なる価値を与えるでしょう

StyleVision Server は、元のフォームが StyleVision 2017 または他のアプリケーションで作成されたかに関わらず、記入された PDF 書式からデータを抽出することができます。

StyleVision Server と StyleVision

StyleVision Server は、ダイナミックなレポート、スタイルシートをベースにした eForms 生成、によりデザインされアップロードされた要素へのサポートを自動化し、同一の出力機能をサポートします。StyleVision 2017 内のStyleVision 新機能の詳細のセクションを参照ください。

MobileTogether:

すべてのプラットフォームのための
モバイル アプリの作成が記録タイムで作成可能です!
 

既に StyleVision Server を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた新たな機能の一覧を確認。

Altova LicenseServer 2.0 における新機能

LicenseServer 2.0 における新機能
デスクトップ開発者製品内の BETA 版サポート


デスクトップ開発者製品内の BETA 版サポート

バージョン 2017 のリリースと共に、個別にライセンスされている製品、または、 MissionKit 製品のバンドルの一部として使用されている製品に関わりなく、全てのデスクトップ製品に対して、 Altova LicenseServer を使用した、 BETA 版の企業および法人向けのデスクトップソフトウェア製品のライセンスの管理をご紹介します。

Altova LicenseServer は既に Altova サーバー ソフトウェア ライセンスの管理のために活用されており、開発者ツールのためのライセンスの表示、トラッキング、および管理のためにご使用いただけるようになりました。

最初に Altova ソフトウェアのライセンスを認証する際、ユーザー、または、 IT 専門家は、LicenseServer 上のライセンスプールで使用できるライセンスから選択できるようになりました。ユーザーが滞りなくライセンスを割り当てられるように、この機能は、インストールの終了時とインストールされたソフトウェアを最初にローンチする際に使用することができます。

Altova LicenseServer を使用する利点:

  • 一元的なロケーションからライセンスの割り当てを簡単にクリック1つで行うことができます
  • 必要に応じてライセンスを割り当て直すことができます
  • 各製品のために使用することのできるライセンスを一目で理解することができます
  • ライセンスのキャパシティと実際の使用状況を簡単にトラックすることができます
  • LicenseServer は無料でご使用いただけます
Altova LicenseServer

BETA 版の情報

LicenseServer が企業および法人カスタマのデスクトップ製品管理に関するニーズに応えるように、BETA 期間中、ご意見をお待ちしています。