Altova 製品ラインに搭載された新機能は?

MobileTogether ®
すべてのプラットフォームのためのモバイル アプリの作成が記録タイムで作成可能です!
無料 MobileTogether Designer ダウンロード
MissionKit

Altova MissionKit バージョン 2017 リリース 3

バージョン 2017 リリース 3 (v2017r3) には、 XMLSpy 内の XSLT と XQuery 出力の画期的なバックマッピング、内のデータマッピングのためのパワフルな新規「ジョイン」コンポーネント、および、 MobileTogether モバイルアプリデザインを StyleVision デザインに変換する機能を含む主要な新機能が搭載されています。

今すぐAltova ソフトウェアの最新バージョンへ更新 または以下の新機能についてさらに詳しく読む。

Altova サーバー製品 2017r3

Altova Server Software 製品は、 JSON5 および Windows Server と OS X オペレーティングシステムの最新バージョンのためにアップデートされています。高速パフォーマンスの処理のための特定の最適化を搭載した新規の MapForce Server Accelerator Edition の使用も可能になりました。

今すぐアップデート または更に詳しく知る。

サポートアンドメンテナンスパッケージ (SMP) をお持ちのお客様は、バージョン 2017r3 へのアップグレードを無料で行うことができます。

エディションの説明

 

Enterprise Edition - この機能は Enterprise Edition に含まれています。

Professional Edition - この機能は Professional Edition に含まれています。

Basic Edition - この機能は Basic Edition に含まれています。。

今すぐ Altova の ダウンロードページ から最新バージョンへアップグレード。

まだ製品を購入されていない場合、 30 日間無料のトライアルをお試しください!

XMLSpy 2017 リリース 3 における新機能

XMLSpy 2017r3 における新機能EnterpriseProfessional
XSLT と XQuery バックマッピング.
JSON5 へのサポート..
Microsoft Azure Resource Manager のための JSON スキーマ拡張子によるサポート..
複数のラインの検索をサポートする検索バー..
テキストビュー内の左側のマージン内で検証エラーおよびスマートフィックスの提案を表示..
SHA-256 を使用した署名のためのサポート.
XSLT スタイルシート内の XPath 式構文の色分け..
チャートエンジン内の多数の新機能.
長い XSLT/XQuery 変換をキャンセルする機能..
XBRL Extensible Enumerations 1.1 へのサポート.
Visual Studio 2017 の統合..
Windows Server 2016 のサポート..


XSLT と XQuery のバックマッピング

XSLT と XQuery は、 XML コンテンツを変換するためのパワフルな言語です。XSLT と XQuery ドキュメントは複雑で、希望しない出力が生成された場合、デバッグする必要があります。XMLSpy XSLT と XQuery デバッガーはコードを完成するために最適なツールです。R3 内で使用することのできる新規バックマッピング機能は開発者に XSLT と XQuery 出力のソースを認識するための対象を設定した機能を提供します。

XMLSpy ツールバー XSLT 変換および XQuery 実行上の新規ボタンを使用してバックマッピングをおこなうことができると、基の XSLT+XML または XQuery+XML ドキュメントに逆にマッピングすることができます。結果ドキュメント内のノードをクリックすると、特定の結果ノードを生成した XSLT 命令と XML ソースデータがハイライトされます。

バックマッピングボタンは、ソース、XSLT/XQuery と結果ドキュメントを変換後に自動的に分割し、以下に示されるように簡単にビューできるオプションを提供します。

XSLT 変換のためには、テキスト、または、ブラウザービュー内で変換された出力をクリックしてバックマップを確認することができます。ブラウザービュー内で HTML 出力を確認すると、希望する箇所にマウスをポイントすると、 XMLSpy は自動的にソース XML ノードと XSLT 式をハイライトします。

XMLSpy 内のバックマッピングは画期的です。まず、コードのデバッグ、調整、および、完成に必要な時間、また、他のチームメンバーにより作成されたコードを理解するために時間を大幅に削減することができます。次に、 XMLSpy は、バックマッピングを達成するために出力ドキュメントを変更、または、追加のコードを追加しません。

XSLT と XQuery バックマッピングは、既存のデバッガーとプロファイラーと共に、XMLSpy を XSLT と XQuery 開発のための最も高度なツールににします。

Video XSLT と XQuery バックマッピングの 短いビデオをチェックする

Enabling back-mapping
XSLT Back-mapping

JSON5 へのサポート

JSON5 (json5.org) は JSON に提案された拡張子で JSON コードを人間の手により簡単に作成士読み取ることができます。

JSON に関連した全ての機能を XMLSpy で使用することができ、validation, intelligent editing of JSON インスタンスの検証、インテリジェントな編集、視覚的な JSON スキーマエディター、JSON ドキュメントの生成、 および XML / JSON 変換などの機能を JSON5 インスタンスドキュメントとスキーマに対しても使用することができます。

JSON5 editing and conversion

Microsoft Azure Resource Manager のための JSON スキーマ拡張子

顧客のリクエストに答え、 Azure Resource Manager テンプレートを作成する開発者が XMLSpy JSON エディター内で、 Microsoft 拡張スキーマのための検証サポートを使用して作業できるようになりました。

複数のラインの検索をサポートする検索バー

バージョン 2017 に搭載されている新しい、現在的な検索/置換えダイアログにより、複数のラインの検索がサポートより、正規表現を使用してユーザーは複数のラインにおよぶデータの検索と置換えを行うことができるようになりました。

エラーの検証 & 余白内のスマートフィックスの提案

XMLSpy メッセージウィンドウ内の検証メッセージとスマートフィックスの自動補完の提案に加え、影響を受けているコードの横で直接情報を読むことができ、問題の解決が更に簡単になりました!

エラーのインジケーターをクリックして、検証エラーおよび自動的に適用しフィックスを行うスマートフィックス電球を読み取ることができます。

問題を識別し、フィックスすることが簡単なため、1度に複数の検証エラーを処理する場合、この機能はとても役に立ちます。

右のスクリーンショットには、この新規機能による素早いエラーの確認とフィックスを表示しています。

Validation and SmartFix in margin
Multi-line find/replace

エリア、折れ線、ローソク足チャート

  • 折れ線グラフは線なしで点だけで描くことができます
  • Y 軸はトップが 0 の値で反転する場合があります

ゲージチャートのための新機能

  • チャートに値を追加します
  • チャートにテキストラベルを追加します (例:単位の表示)

棒グラフのための新機能

  • 棒に値ラベルを追加します
  • 同じ系列間の棒の間隔をカスタマイズすることができます
  • Y 軸はトップ/右が 0 の値で反転する場合があります
New line chart features
New gauge chart features
New bar chart features

XSLT 内の XPath 式構文の色分け

XPath ウィンドウおよびビルダーダイアログ内の構文の色分けに加え、XPath 構文の色分けは、 XSLT スタイルシートと作業する際、テキストビュー内でも使用できるようになりました。

XSLT コード内で XPath のための構文色分けにより新規ドキュメントの編集と、既存のコードへの理解が簡単になりました(下を参照してください)。

XSLT/XQuery 実行をキャンセルする機能

XSLT 変換、または、 XQuery 実行が長くかかる場合、完了する前に簡単にキャンセルすることができます。

SHA-256 を使用した署名のためのサポート

XMLSpy は、 XML ドキュメントのための XML デジタル署名の割り当ておよび検証のための署名技術をサポートしています。

256 ビットハッシュを生成する一般的に使用されているハッシュアルゴリズム SHA-256 を使用する署名へのサポートが追加されました。

XPath syntax coloring in XSLT

XBRL Extensible Enumerations 1.1 へのサポート

XBRL プロジェクトはよく「Extensible Enumerations」 を必要とするため、拡張タクソノミエディターはコンセプトに対して許可されている値のリストを拡張します。バージョン 1.0 既存のためのサポートへバージョン 1.1 のためのサポートが追加されました。

 

既に XMLSpy を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた 新たな機能の一覧 を参照。

MapForce 2017 リリース 3 における新機能

MapForce 2017r3 における新機能EnterpriseProfessionalBasic
新規のジョインコンポーネント..
データベーステーブルアクション内で NULL 値をサポート..
新しい検索バー...
JSON5 構文へのサポート.
Visual Studio 2017 の統合..
Windows Server 2016 のサポート ...


新規のジョインコンポーネント

MapForce 2017 リリース 3 には任意のデータフォーマットのデータツリーをジョインする新規のジョインコンポーネントが搭載されています。ジョインは SQL JOIN ステートメントと同様に作動するため、簡単に理解し、直感的に使用することができます。出力ウィンドウで結果をすぐに確認することができるため、ジョインは視覚的です。データベースに適用されると、 MapForce 内のジョインコンポーネントは SQL JOIN ステートメントを作成し、速いデータマッピングの実行を達成します。

MapForce 内でジョインされた構造は異なるデータ型を含むことができます。例えば、 XML 構造は CSV ファイルとジョインすることができます。右のマッピングでは、個人のグループのために連絡先のリストを作成するために、2つの XML ファイルからの情報をジョインしています。

ジョインコンポーネントの下の条件要素はファイルの結合を定義しています。各ファイルからの姓と名を一致させ、正しい住所を各電子メールと電話番号と接続します。条件の横のキーアイコンをクリックして、条件を定義するダイアログを開きます。

MapForce 2017 Join component for any data format

データベーステーブルアクション内で NULL 値をサポート

データベーステーブルアクションダイアログは NULL 値の比較をサポートするように強化されました。NULL を考慮した比較の機能は、 null 値を含むデータベースをより良く処理する方法を提供します。MapForce 2017r3 ユーザーは、マッピングに含まれるデータベースの型に適用することのできるデータ比較を NULL の値を考慮しつつデータベースマッピングを構成することができます。

右のマッピングは、ターゲットテーブルを重複するエントリを挿入すること無しに更新することが目的です。両方のテーブルは、電子メールフィールドに NULL の値を許可しており、 NULL 電子メールフィールドを持つ一致する名前エントリはが各テーブルに存在することができます。

ターゲットのデータベーステーブルの横のアクションアイコンをクリックすると、データベースアクションダイアログが開かれます。データベースのルールでは、等価として扱われない場合でも、電子メールフィールドの横の NULL 等価チェックボックスにより、MapForce はソースとターゲット内の NULL 値をデータマッピングの目的のために等価として扱うことができます。

MapForce 2017 null-aware data mapping

新しい検索バー

MapForce 2017 リリース 3 は、XMLSpy 2017 に搭載されている検索機能をベースにした新しい検索バーにより強化されています。

新規の検索バーによりユーザーは出力、 XQuery、および XSLT ウィンドウ内で検索をおこなうことができます。大文字と小文字を区別、正規表現、選択範囲内での複数行の検索がサポートされています。

拡張された検索バーにより、ユーザーは希望するマッピング結果のために変換の出力をすぐにチェックすることができます。

MapForce 2017 find bar

JSON5 へのサポート

XMLSpy セクションで説明されているとおり、JSON5 は提案された JSON の拡張子で、JSON コードを簡単に作成し読むことができるようにします。

MapForce 2017 リリース 3 は、 JSON5 を入力、出力、チェーンされたマッピング内の中間データマッピングコンポーネントとしてサポートします。

Updated Visual Studio と Windows Server へのサポート

前のバージョンのためのサポートに加え、MapForce は Visual Studio 2017 との統合もサポートします。また、Windows Server 2016 オペレーティングシステム上で作動することができます。

 

既に MapForce を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた 新たな機能の一覧 を参照。

 

*パフォーマンスの結果は、 Altova 内部テストの結果をもとにしています。結果は異なる可能性があります。

StyleVision バージョン 2017 リリース 3 最新情報

StyleVision 2017r3 における新機能EnterpriseProfessionalBasic
StyleVision デザインを MobileTogether デザインへ変換する機能...
新しい検索バー...
チャートエンジン内の多数の新機能.
Visual Studio 2017 の統合..
Windows Server 2016 のサポート...


StyleVision デザインを MobileTogether デザインへ変換

StyleVision は、XML とデータベースデータをビジネス報告書で生成し、の技術専門者ではない Altova Authentic ユーザーのための電子フォームを作成する必要のある顧客により人気を博してきました。今日のモバイルが優先される環境で、開発者はエンドユーザーに電子フォームでの報告のためのモバイルアプリを提供し続けています。既存の StyleVision デザインからモバイルアプリを生成しアプリの開発を急発進することができたらどうでしょう?今なら可能です。

ファイルメニュー内の新規コマンドにより既存の StyleVision デザインから MobileTogether デザイン (MTD) ファイルを生成できます。MobileTogether Designer でデザインを開き、必要に応じて変更し、モバイルデバイス、 Windows 8/10 コンピューターとウェブブラウザー上でアクセスすることのできるネイティブなアプリとしてデプロイ*することができます。

MTD ファイルの生成は、莫大な時間を削減し、最初のモバイルアプリを作成するためのジャンプスタートとなります。MobileTogether を使用してモバイルアプリを作成するためにモバイル開発の経験は必要なく、MobileTogether アプリのデザインのプロセスは、 StyleVision 開発者にとっては慣れ親しんだプロセスです。

StyleVision デザインをモバイルの世界に簡単に移動できるだけではなく、この新機能は Authentic Browser プラグインを使用するユーザーにも関連しています。今日使用されているブラウザーはセキュリティ上の問題からプラグインへのサポートを削除しつつあります。iOS、Android、Windows、 URL を使用してアクセスすることのできるブラウザーをベースにしたクライアントのためにアプリを生成することができるため、ブラウザープラグインの使用を必要とせず、追加、モバイルデプロイの能力を追加します。

MobileTogether デザインを StyleVision 「Invoice」 SPS から生成する手順。 MobileTogether内で自動生成された対応するモバイルアプリデザインが下に表示されています。

*MobileTogetherには2種類の開発の方法があります。

  • エンドユーザーは、モバイルデバイス上の MobileTogether Server に接続することで、アプリにアクセスすることができます。無料の MobileTogether アプリをアプリストアからダウンロードして、サーバーに接続するだけです。許可される場合は、ウェブブラウザーからサーバーに接続することができます。
  • 更なるカスタム化が必要な場合、デベロッパーはカスタム化を追加して、各プラットフォームのためにアプリをコンパイルし、アプリストアに提出します。
StyleVision to MobileTogether
MobileTogether Design generated by StyleVision

新しい検索バー

XMLSpy 2017 に搭載されている新規の現代的な検索ダイアログは XSLT または XSL:FO コードをビューする際に StyleVision で使用することができます。

新規の検索バーはコードおよびナビゲートバー内で検索用語の全てのインスタンスと作業する間開かれており、各一致項目の間を簡単に移動することができます。選択範囲内で検索、または、正規表現とフィルターを使用して検索をおこなうことができます。

複数のラインの検索を正規表現を活用しておこなうことができます。

StyleVision find dialog

チャートエンジン内の多数の新機能

XMLSpy 出表示されているように、StyleVision 2017r3 内でチャート作成機能は以下の新規オプションが搭載され強化されています。

棒グラフ:

  • 棒に値ラベルを追加します
  • 同じ系列間の棒の間隔をカスタマイズすることができます
  • Y 軸はトップ/右が 0 の値で反転する場合があります

ゲージチャート:

  • チャートに値を追加します
  • チャートにテキストラベルを追加します (例:単位の表示)

エリアチャート、折れ線グラフ:

  • 折れ線グラフは線なしで点だけで描くことができます
  • Y 軸はトップが 0 の値で反転する場合があります

ローソク足チャート:

  • Y 軸はトップが 0 の値で反転する場合があります
New gauge chart features

Updated Visual Studio と Windows Server へのサポート

前のバージョンのためのサポートに加え、 StyleVision は Visual Studio 2017 との統合もサポートします。また、Windows Server 2016 オペレーティングシステム上で作動することができます。

MobileTogether
全てのプラットフォームのための
ネイティブなアプリを記録的スピードで作成します!
 

既に StyleVision を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた新たな機能の一覧を確認。

Authentic バージョン 2017 リリース 3 最新情報

Authentic 2017r3 における新機能Enterprise
Visual Studio 2017 の統合.
Windows Server 2016 のサポート.


Updated Visual Studio と Windows Server へのサポート

Altova MissionKit 2017r3 製品と同様 Authentic は、以前のバージョンのためのサポートに加え、 Windows Server 2016 と Visual Studio の最新のリリースとの統合をサポートします。

 

既に Authentic を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた 新たな機能の一覧 を参照。

UModel バージョン 2017r3 の新機能:

UModel 20112 リリース 3 における新機能EnterpriseProfessionalBasic
C# 7 のサポート...
Visual Studio 2017 の統合..
Windows Server 2016 のサポート...


C# 7 のサポート

UModel 2017 リリース 3 は、コード生成、リバースエンジニアリング、およびモデル変換を含む、 C# の以前のバージョンのコード開発機能に加え C# 7 をサポートしています。C# 7 は Microsoft Visual Studio の一部で、データ消費、コードの簡素化およびパフォーマンスに焦点を合わせます。

Updated Visual Studio と Windows Server へのサポート

他の MissionKit 2017r3 製品と同様 UModel 2017r3 は、以前のバージョンのためのサポートに加え、 Windows Server 2016 と Visual Studio の最新のリリースとの統合をサポートします。

 

既に UModel を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた 新たな機能の一覧 を確認。

DatabaseSpy 2017 リリース 3 における新機能

DatabaseSpy 2017r3 における新機能EnterpriseProfessional
完全な DDL スクリプトをデータベーススキーマのために生成する新しいコマンド..
新しい検索バー..
SQL クエリの結果のチャートのために多種の新規機能.
Windows Server 2016 のサポート..


完全な DDL スクリプトの生成

DatabaseSpy 2017 Release 3 には、データベーススキーマのための完全な DDL スクリプトを作成するために新規コマンドが含まれています。データベース管理者がデータベース構造を再作成する必要がある場合、テーブルだけで半句、全てのビュー、制約、インデックス、関数、プロシージャなどデータベース内で定義されている内容のスクリプトが必要です。

オンラインブラウザーヘルパーウィンドウ内のデータベーススキーマを右クリックすると、 DDL スクリプトコマンドが提供されます。

スクリプトは、新規の SQL エディターウィンドウ内のレビューのためにすぐに開かれます。(ここで選択されているデータベーススキーマのために生成されたスクリプトの一部は、次のセクションで表示されています。)

DDL スクリプトは、データベース構造をバックアップ、または、開発環境から生産に移動する場合などの実際のテーブルコンテンツが必要ない場合に構造を異なるサーバーに移動するための必須条件です。

DatabaseSpy Generate DDL Script menu option

新しい検索バー

DatabaseSpy 2017 リリース 3 SQL エディターウィンドウは、XMLSpy 2017 に搭載されている検索機能をベースにした新しい検索バーにより強化されています。

大文字と小文字を区別、正規表現、選択範囲内での検索がサポートされています。複数のラインの検索もサポートする検索バー

右に示されているように、新規の検索機能は、上記で説明されている例より生成された DDL スクリプトなどの長い SQL スクリプトをレビューする際に役に立ちます。

DatabaseSpy find bar

SQL クエリの結果のチャートのために多種の新規機能

XMLSpy 出表示されているように、 DatabaseSpy 2017r3 内でチャート作成機能は以下の新規オプションが搭載され強化されています。

棒グラフ:

  • 棒に値ラベルを追加します
  • 同じ系列間の棒の間隔をカスタマイズすることができます
  • Y 軸はトップ/右が 0 の値で反転する場合があります

ゲージチャート:

  • チャートに値を追加します
  • チャートにテキストラベルを追加します (例:単位の表示)

エリアチャート、折れ線グラフ:

  • 折れ線グラフは線なしで点だけで描くことができます
  • Y 軸はトップが 0 の値で反転する場合があります

ローソク足チャート:

  • Y 軸はトップが 0 の値で反転する場合があります
New bar chart features

更新された Windows Server へのサポート

以前のバージョンへのサポートに加え、 DatabaseSpy 2017r3 は、Windows Server 2016 オペレーティングシステム上で作動することができます。

エディションの比較ページでは、異なるエディションの Altova 製品に含まれている機能のリストを確認いただくことができます。

 

既に DatabaseSpy を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた 新たな機能の一覧 を参照。

DiffDog 2017 リリース 3 における新機能

DiffDog 2017r3 における新機能EnterpriseProfessional
新しい検索バー..
Windows Server 2016 のサポート..


新しい検索バー

DiffDog 2017 リリース 3 は、XMLSpy 2017 に搭載されている検索機能をベースにした新しい検索バーにより強化されています。新規の検索バーによりユーザーはテキストビューウィンドウ内でテキストの検索を行うことができます。

大文字と小文字を区別、正規表現、選択範囲内での検索がサポートされています。検索バーは複数ラインの検索をサポートし、ワイルドカードを使用した検索を行うために正規表現を定義することもできます。

電子メールアドレスの検索のために検索バーに正規表現が入力され、2つの XML ファイルが比較されている状態が右のイメージで表示されています。正規表現は、選択されている場合のみ大文字と小文字を区別します。

DiffDog find bar

更新された Windows Server へのサポート

以前のバージョンへのサポートに加え、DiffDog 2017r3 は、 Windows Server 2016 オペレーティングシステム上で作動することができます。

"DiffDog により命が救われました!Recordare はデジタル形式の楽譜をインターネット上で簡単に使用できるフォーマットとして MusicXML を開発しています。MusicXML が広まるにつれて、XML を意識した差分プログラムを使って、Dolet プラグインにより作成された XML ファイルの評価を行う必要に迫られました。DiffDog は、MusicXML プロジェクトのために我々が長い間探し求めてきた高品質の回帰テストツールとなりました。"

– Michael Good, CEO, www.recordare.com

 

既に DiffDog を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた新たな機能の一覧を確認。

RaptorXML Server 2017 リリース 3 最新情報

RaptorXML Server 2017r3 最新情報
JSON5 へのサポート
チャートエンジン内の多数の新機能
Windows Server 2016 のサポート
Mac OS 10.12 (Sierra) のサポート
XBRL Extensible Enumerations 1.1 へのサポート


JSON5 へのサポート

既存の JSON と JSON スキーマへのサポートに加え、RaptorXML Server は、高速の JSON5 ドキュメントの検証と処理をサポートします。XMLSpy と MapForce 内の JSON5 については上のセクションを確認してください。

XBRL Extensible Enumerations 1.1 へのサポート

RaptorXML+XBRL Server は、 XBRL Extensible Enumerations バージョン 1.1.を含むドキュメントの検証をサポートします。既存の バージョン1.0. のためのサポートに加えられます。

 

既に RaptorXML Server を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた 新たな機能の一覧 を確認。

FlowForce Server 2017 リリース 3 最新情報

FlowForce Server 2017r3 における新機能
Windows Server 2016 のサポート
OSX 10.12 (Sierra) へのサポート
RaptorXML+XBRL 2017r3、MapForce Server 2017r3、および StyleVision Server 2017r3 へのサポート


Windows Server と OSX へのサポート

以前のバージョンへのサポートに加え、FlowForce Server 2017r3 は Windows Server 2016 と OSX 10.2 (Sierra) オペレーティングシステム上で作動することができます。

Altova サーバーソフトウェア v2017 のためのサポート

FlowForce Server 2017r3 は、RaptorXML+XBRL 2017r3、MapForce Server 2017r3、と StyleVision Server 2017r3 に含まれる全ての新機能との互換性を有しています。

 

既に FlowForce Server を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた新たな機能の一覧を確認。

MapForce Server 2017 リリース 3 最新情報

MapForce 2017r3 における新機能
MapForce Server Accelerator Edition のダウンロード
Windows Server 2016 のサポート
OSX 10.12 (Sierra) へのサポート
MapForce 2017 リリース 3 実行可能ファイルへのサポート


MapForce Server Accelerator Edition のダウンロード

バージョン 2017 リリース 3 には、 MapForce Server Accelerator Editionと呼ばれる MapForce Server のハイパフォーマンスのオプションが搭載されています。 MapForce Server Accelerator Edition には、ここのデータマッピングの実行のマルチスレッドハイパフォーマンスサーバープラットフォーム、新規 MapForce ジョインコンポーネントを含むデータマッピングの実行のための最適化のための機能が含まれています。社内テストでは、MapForce Server Accelerator Editionを使用することにより、顧客により提供された既存のデータマッピングを70倍速くおこなうことに成功しました。

MapForce Server Accelerator Edition のための最少構成は2コアです。単一コアプラットフォームのための MapForce Server の標準エディションを継続してお届けします。MapForce Server Accelerator Edition は更に速い結果をもたらします。

Windows Server と OSX へのサポート

以前のバージョンへのサポートに加え、MapForce Server 2017r3 は Windows Server 2016 と OSX 10.2 (Sierra) オペレーティングシステム上で作動することができます。

MapForce 2017r3 実行可能ファイルへのサポート

MapForce Server は、 MapForce 内でデザインされたデータマッピングを自動化し、結果として同一のデータ変換機能をサポートします。MapForce Server 2017r3 は、 MapForce セクションで説明されている新規機能を含む MapForce 2017r3 で作成されたデータマッピングとの完全な互換性を有しています。

データ統合のためのデータチャレンジと MapForce プラットフォーム

白書のダウンロード

 

既に MapForce Server を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた新たな機能の一覧を確認。

 

*パフォーマンスの結果は、 Altova 内部テストの結果をもとにしています。結果は異なる可能性があります。

StyleVision Server 2017 リリース 3 最新情報

StyleVision バージョン 2017r3 の新機能:
Windows Server 2016 のサポート
OSX 10.12 (Sierra) へのサポート
StyleVision 2017r3 の新機能には PXF ファイルへのサポートが含まれます


Windows Server と OSX へのサポート

以前のバージョンへのサポートに加え、 StyleVision Server 2017r3 は Windows Server 2016 と OSX 10.2 (Sierra) オペレーティングシステム上で作動することができます。

StyleVision Server と StyleVision

StyleVision Server は、ダイナミックなレポート、スタイルシートをベースにした eForms 生成、によりデザインされアップロードされた要素へのサポートを自動化し、同一の出力機能をサポートします。StyleVision 2017r3 内のStyleVision 新機能の詳細のセクションを参照ください。

 

既に StyleVision Server を使用している場合、以前のアップグレードから加えられた新たな機能の一覧を確認。

Excel 2017 リリース 3 のための WIP XBRL アドイン

Excel のための仕掛品 (WIP) XBRL アドイン 2017 R3
既存のスプレッドシートから WIP レポートテンプレートにデータをマップする


WIP レポートテンプレートにデータをマップする

Altova Excel のための WIP XBRL アドイン は、保証業界のための製品であり、請負業者が WIP レポートを直接 Excel 内で作成することができ、保険業者に提出するために有効な WIP XBRL でレポートをエクスポートすることができます。

最新のバージョンでは、既存のスプレッドシートからレポートテンプレートに簡単にデータをマッピングできるサポートを追加しました (処理中の WIP または、完成した WIP がサポートされています)。この方法で、同じワークブック内の異なるシートから、または、外部のワークブックから、特定の範囲のセルをデータマッピングとして指定し、値を自動的にインポートすることができます。

このアプローチの利点は、 WIP レポートのソースデータを機関内で使用に便利なレイヤーに保管でき、処理中の WIP または、完成した WIP シートに素早くインポートし、必要に応じて XBRL を生成できる点です。

WIP レポートペインには、データマッピングタブが搭載されており、必要に応じてデータマッピングの範囲を簡単に指定することができます。

Mapping data to WIP template

WIP XBRL ツール

WIP XBRL データと作業するコントラクター、保険業界、請負業者のための Altova ツールについて更に詳しく知る。

Altova LicenseServer 2.3 における新機能

LicenseServer 2.3 における新機能
デスクトップ製品のためのライセンスのチェックアウト機能


デスクトップ製品のためのライセンスのチェックアウト

バージョン 2017内で紹介されている Altova LicenseServer を使用した Altova デスクトップ デベロッパー ツールのライセンスの管理へのサポートリリース 3 では、一定の期間オフラインで作業できるように、管理者はデベロッパーにライセンスのチェックアウトを許可できるようになりました。

ユーザーはライセンスをライセンスプールから30日間チェックアウトすることができ、製品マシン上でライセンスを保管することができます。例えば、(Altova 製品がラップトップにインストールされており、出張先で作業する場合など) Altova LicenseServer にアクセスがない環境で作業する場合などに、この機能はとても役に立ちます。ライセンスがチェックアウトされると、LicenseServer は使用中のライセンスを表示し、使用中のライセンスは他のマシンにより使用することはできません。チェックアウトの期間が終了すると、ライセンスは自動的にチェックインされた状態に戻されます。または、チェックアウトされたライセンスをソフトウェアのライセンス認証ダイアログのチェックインボタンを使用してチェックインすることができます。

Altova LicenseServer Check Out
MobileTogether:

すべてのプラットフォームのための
モバイル アプリの作成が記録タイムで作成可能です!