Altova 開発者ツールライセンス供与に関するよくある質問

(Altova 開発者製品に適用されます)

  • Altova 開発者ツールソフトウェア製品のためにどのライセンスモデルを使用したらいいですか?

    Altova 開発者ツールソフトウェア製品のために使用することのできる3つの異なるライセンスモデルが存在します:

    • インストール済み
    • 同時使用される
    • 名前を持つ

    各ライセンスモデルの詳細のためのライセンスモデルページの デスクトップ開発者ツール セクションを参照してください。

  • 仮想環境内にl Altova 開発者ツールをインストールする場合、どのライセンスモデルが必要になりますか?

    バージョン 2018 の前のバージョンでは、仮想環境内でデスクトップ製品を使用するには、同時ライセンスモデルのバリエーションの購入が必要とされていました。特定の制限が存在する仮想環境内で製品のライセンスの使用が Altova LicenseServer を使用してモニターされている限り、バージョン 2018 から、インストール済みの、同時、または名前が付けられたユーザーライセンスモデルのバリエーションが購入できるようになりました、。詳細の全容に関しては、 Altova モデルページを参照してください。

  • Altova 開発者ツールソフトウェアをどのようにして有効化したらよいのでしょうか。

    開発者ツール製品のバージョン 2017 の以前のバージョンはライセンスの認証のために2つのメソッドを使用していました。(ソフトウェアに含まれる) 内蔵のライセンス測光モジュール がライセンスの使用の使用をモニターするために、これらのメソッドは両方ともソフトウェアを有効化します。マシンにローカルで保存されている、例えば、"xmlspy.lic" などのファイルが、両方のメソッドが “[product][version].lic” ファイルを作成します。

    • 手動でライセンスの詳細をソフトウェアの有効化ダイアログを有効化します (ヘルプ | ソフトウェアの有効化)
    • “Licenses.altova_licenses” ファイルをダブルクリックします (このファイルは Altova からライセンスを評価または購入する際に電子メールで送信されます)。"Licenses.altova_licenses" ファイルをハードドライブに保存した後、ファイルをダブルクリックすると、使用中のマシンにライセンスを適用するために使用される Altova ライセンスウィザードが開かれます。

    開発者ツール製品のバージョン 2017 と以降のバージョンはライセンスの認証のために新しいメソッドを追加しましたこのメソッドは使用中のネットワーク上にインストールされている Altova LicenseServer から使用することのできるこのシナリオでは、ライセンス ".lic" ファイルは、ローカルのマシンに保管されず、 License Server により集中的に管理されます。

    • ソフトウェアライセンスの認証ダイアログ (ヘルプ | ソフトウェアのライセンス認証) 内の「Altova LicenseServer を使用」ボタンを押し、製品を取得するために License Server を選択します。

  • 内蔵のライセンスモジュールと Altova LicenseServer を使用した Altova 開発者ツール製品の使用状況を管理する方法の違いを教えてください?

    ビルドインライセンスモジュールを使用する場合、ライセンスキーはユーザーのマシン上のファイルに保管されますが、 Altova LicenseServer を使用する場合、ライセンスは集中的に LicenseServer に保管されます。

    ビルトインライセンスモジュールは以下のシナリオで役にたちます:

    • (Altova LicenseServer は間接的なため)小数のユーザーのためのライセンスキーのみがモニターされます。
    • 特定のライセンスを使用するユーザーは同じサブネット上に存在します。

    Altova LicenseServer は以下のシナリオで役にたちます:

    • 複数のライセンスキー / 多数のユーザーをモニターすることができます。
    • モニターされるユーザーは異なるサブネットに存在する場合があります。
    • 集中的に管理されるライセンスは内部ライセンスに関連したサポートへの呼び出しを削減するために理想的です。
    • 集中的に管理されるライセンスは、現在の使用状況と将来のキャパシティを計画するためのよりよい概要を得るために理想的です。

    デスクトップ製品の 2018 または、以降のバージョンをモニターする場合、バージョン 2018 Altova LicenseServer が必要になります:

    • 複数のライセンスキー / 多数のユーザーをモニターすることができます。
    • モニターされるユーザーは異なるサブネットに存在する場合があります。
    • 集中的に管理されるライセンスは内部ライセンスに関連したサポートへの呼び出しを削減するために理想的です。
    • 集中的に管理されるライセンスは、現在の使用状況と将来のキャパシティを計画するためのよりよい概要を得るために理想的です。

  • ソフトウェアを認証する際に「次のフィールドの1つに正しくない値が含まれます。」というエラーメッセージを受信しました。

    ライセンス情報 (会社名、ライセンスキーコード、および、ユーザー名) は大文字と小文字を区別し、 Altova から受信された登録電子メール内で指定されているとおり入力される必要があります。ソフトウェアのライセンス認証ダイアログ内に電子メールからライセンス情報をコピーして張り付けることが (手動で入力するかわりに)奨励されます。ユーザー名が登録電子メールで指定されておらず、任意の値を「名前フィールド」に入力することができます (このフィールドは空白のままにすることはできません)。

  • ソフトウェアを認証する際に「入力されたキーコードはインストールされている製品のエディションに一致しません」というエラーメッセージを受信しました。

    3つの可能な理由(または、組合せ)があります :

    • 有効化しようとしている 製品 とは異なる製品のためのライセンスキー。例えば、 StyleVision Enterprise Edition 2016 を XML Spy Enterprise Edition 2016 ライセンスキーで有効化しようとしている場合など。
    • 有効化しようとしている製品の エディション とは異なるエディションのためのライセンスキー。例えば、 XMLSpy Professional Edition 2016 を XMLSpy Enterprise Edition 2016 ライセンスキーで有効化しようとしている場合など。
    • 有効化しようとしている製品の バージョン とは異なるバージョンのためのライセンスキー。例えば、 MapForce Enterprise Edition 2016 を MapForce Enterprise Edition 2015 のみをアンロックするキーで有効化しようとしている場合。ライセンスキーがアンロックできるソフトウェアの実際のバージョンはライセンスキーの購入の時期により異なり、ライセンスキーが SMP (Support and Maintenance Package) と共に購入されているかにより異なります。

  • 「警告ーライセンスキーコードは有効ではありません。ソフトウェアは30日内に無効化されます」というエラーメッセージがソフトウェアを起動する際に表示されます。

    このメッセージはソフトウェアをアンロックするために現在使用されているライセンスキーがアップグレード、または、他のパーティに転送された際に表示されます。この場合、新規のライセンスキーが発行され、購入者により提供された電子メールアドレスに送信されます。新しいライセンスは (ヘルプ | ライセンス認証) ソフトウェアに対して発行から30日以内にソフトウェアに対して現在使用されているライセンスキーを置き換えるために入力される必要があります。ソフトウェアに対して現在入力されているライセンスキーは新しいライセンスキーが発行されると30日後に使用不可能になります。新しいライセンスキーが発行後30日間以内にソフトウェアに対して入力されない場合、このライセンスキーは使用不可能になります。この場合、ソフトウェアを再起動し、新しいライセンスキーの詳細を入力するために、無効なライセンスキーを持つライセンスファイルを削除する必要があります。“.lic” ファイルを削除するには以下をおこないます:

    Windows XP:

    • ウィンドウエクスプローラー内で「隠しファイルとフォルダーを表示する」オプションが有効化されていることを確認してください。
    • "C:\Documents and Settings\All Users\Application Data\Altova\[product][version]" ディレクトリにナビゲートします。
    • "[product].lic" ファイルを削除します。
    • アプリケーションを再起動します。
    • プロンプトされるとソフトウェアのライセンス認証ダイアログに新規のライセンスキー情報を入力します。

    Windows Vista または、以降:

    • ウィンドウエクスプローラー内で「隠しファイルとフォルダーを表示する」オプションが有効化されていることを確認してください。
    • “C:\ProgramData\Altova\[product][version]" ディレクトリにナビゲートします(メモ "C:\ProgramData" NOT "C:\Program Files")
    • "[product].lic" ファイルを削除します。
    • アプリケーションを再起動します。
    • プロンプトされるとソフトウェアのライセンス認証ダイアログに新規のライセンスキー情報を入力します。

  • 「ライセンスデータを保存することができません」エラーメッセージを受信しました。どうしたらいいのでしょう?

    ソフトウェアの認証ダイアログ内にライセンスキーの詳細を保存と試みる際に、以下のようなエラーメッセージが表示されるかもしれません: 「C:\ProgramData\Altova\XMLSpy2017\xmlspy.lic にファイルにデータを保存することができません。」

    この問題を解決するには、ウィンドウエクスプローラー内でエラーメッセージ内で記載されるファイルとフォルダーへの「書き込み」パーミッションが存在することを確認し、ライセンスデータが保存されていることを確認してください。

    メモ:エクスプローラー内では、エラーメッセージ内で記述されるディレクトリ / ファイルは非表示の場合があることに注意してください。この場合、検索するために「非表示のファイルとフォルダを表示する」オプションを有効化する必要があります。

  • Altova はソフトウェアの前のバージョンのために評価ライセンスキーを提供することができますか。

    いいえ、Altova は最新のソフトウェアのバージョンのためにのみ評価ライセンスキーを提供することができます。

  • 購入したライセンスキーを使用してソフトウェアの前のバージョンをアンロックすることはできますか。

    SMP (サポートとメンテナンスパッケージ) と共にライセンスキーを購入した場合、ソフトウェアの前のバージョンをアンロックするためにライセンスキーを使用することができます。

  • SMP (Support and Maintenance Package) 期限の終了を警告するメッセージを無効化にすることはできますか。

    内蔵のライセンスモジュールを使用する場合、SMP の使用期限が切れる90日前から、ソフトウェアは SMP 使用期限を表示する警告メッセージを表示します。Altova LicenseServer を使用すると、ソフトウェアは SMP 使用期限の終了の30日前から表示されるメッセージを表示します。SMP 警告メッセージの表示を回避する唯一の方法は、 SMP と新規のライセンスキーを登録することです。SMP が更新されない場合、 SMP の使用期限が切れるとメッセージは表示されません。

Altova 開発者ツールライセンス供与に関するよくある質問

(Altova サーバー製品に適用されます)

  • Altova サーバーソフトウェア製品のためにどのライセンスモデルを使用したらいいですか?

    Altova サーバーソフトウェア製品に対してコア別に1年ごとにライセンス供与をおこなうことができます。

    このライセンスモデルの詳細に関しては サーバーソフトウェア製品 セクションを確認してください。

  • Altova Server 製品のためにAltova 開発ツール製品のためのモジュールのようなビルドインモジュールはありますか。

    いいえ、 Altova サーバー製品は、 Altova LicenseServer を使用して、サーバー製品の使用を管理し監視する必要があります。

  • Altova LicenseServer をインターネットに接続する必要はありますか。

    Altova LicenseServer はインターネットに接続されていなければなりません。

  • サーバー製品のライセンスを更新し、 Altova LicenseServer に新規のライセンスファイルをアップロードしましたが、ステータスは「ブロック済み(Blocked)」のままです。なぜでしょうか?

    Altova LicenseServer にアップロードされた新規のサーバーライセンスが 「Blocked」に設定されている場合、 ライセンスの有効期限の開始が将来の日付である、または、古いの Altova LicenseServer バージョンが使用されていることが考えられます。この場合、Altova LicenseServer の最新バージョンをインストールしてください。Altova LicenseServer の最新バージョンがインストールされると、ライセンスの状態が「Blocked(ブロック済み)」から「Pending(保留済み)」へ変更されていることに気が付きます。新しいライセンスの開始日に「保留済み」のライセンスの状態は、自動的に「Active(アクティブな)」状態に切り替えられます。

  • Altova LicenseServer にサーバー製品の更新されたライセンスをアップロードしましたが、ライセンスのステータスが「Active」ではなく「Pending」のままです。なぜでしょうか?

    Altova から受信された新規のライセンスが「Pending」の場合、ライセンスの有効期限が将来の日付に開始されるからです。ライセンスの状態はそのライセンスの有効期限が開始されると、自動的に「Active」に変更されます。

  • サーバー製品のために1つのコアライセンスの購入を希望していますが、サーバー製品がインストールされている物理マシンには複数のコアが存在します。Iどうしたらいいのでしょう?

    サーバー製品のためにコアライセンスを1つのみ購入する場合、以下の2つのオプションがあります:

    • 使用中の物理マシンに仮想マシンをインストールし、仮想マシンに割り当てるコア数を1に設定します。次に、サーバー製品を仮想マシンにインストールし、Altova LicenseServer を使用してサーバー製品を登録します。
    • 代わりに、仮想マシンの設定を希望しない場合、 Altova LicenseServer Web インターフェイスの「クライアントの管理」タブ内で「単一スレッド実行に制限する」オプションをチェックします。