XSLT エディター

XSLT ドキュメントの作成と編集

  • XSLT 1.0、XSLT 2.0、XSLT 3.0 へのサポート
  • RaptorXML Servers との統合による 速い変換
  • 構文による色分け、行番号、ブックマーク & ソースの折り返し
  • コードの補完 & 状況に応じて変化する入力ヘルパー
  • 対話型 XPath ビルダーとテスター
  • XSLT の検証 & トラブルシューティング
  • XSL 概要ウィンドウ
  • Info ウィンドウによる関連ファイルの確認 & 構成
  • XSLT での Java、JavaScript、C#、VBScript に対するサポート
  • インテリジェントな Web ブラウザー

XSL と XSLT エディター

XMLSpy を使用して XSLT を編集

XMLSpy XSLT エディターは XSLT 1.0、 2.0、および 3.0.をサポートする XSLT code 作成するための様々なツールを提供します。内蔵されたXPath アナライザー、RaptorXML により強化された高速の変換、補完テクノロジーを含む強力なツール XMLSpy は高速かつエラーのない スタイルシート作成のための XSLT エディターの選択肢となるでしょう。

インテリジェントな XSLT エディター

XMLSpy の拡張グリッド ビューの中にある XSLT エディターを使ってスタイルシートコードの閲覧ならびに編集をテーブル形式で行うことも可能ですが、多くの開発者はこのような開発にテキスト ビューを好んで使用します。テキスト ビューで XSLT の編集を行う場合、構文による色分け、行番号、ソースの折りたたみ、ブックマーク、そしてコードのナビゲートを素早くそして簡単に行うための視覚的なヒントなどが画面に表示されます。インテリジェントな入力ヘルパー ウィンドウそしてドロップダウンメニューにより要素、属性、そしてエンティティの選択肢が表示され、クリックにより挿入を行うことができます。コード補完により入力の速度が向上し、開始ならびに終了タグのバランスを自動的に取ることができます。

統合されたプロジェクト管理機能により関連したファイルのグループ化、 XSLT 変換を割り当て、バッチ処理、ソース管理システムのプラグインすることができます。XMLSpy XML エディター の高度な「ファイルの中を検索」ウィンドウを使用することで、XML を意識した検索と置き換えを、選択したファイル、フォルダー、またはプロジェクト全体に対して一度に行うことができます。

XPath エディター

XMLSpy は XSLTスタイルシート開発を促進するための強力な XPath 1.0、2.0、 および 3.1 ツールを提供します。テキストビュー、グリッドビュー、または、 XMLSpy のXPath/XQuery ウィンドウ内で XPath 式を作成する際に、XMLSpy は、関連したスキーマと XML インスタンスから有効な演算子と関数、および、要素と属性名を与えます。インテリジェントな XPath の自動補完機能では名前空間もカバーされ、目的のノードがカレントコンテキストから遠い場所にある場合でもパスの提案が行われます。

XPath Xpath エディターとテスターは XPath 条件式の入力中に評価を行うことでノードセットがハイライトされます。構文の色分けは自動的にエラーをハイライトし、XPath/XQuery ウィンドウ内の複数タブにより複数の式を補完およびテストすることが可能になりました。複数のファイル内の XPaths を同時に検証することができます。

XPath 1.0、2.0 ならびに3.1 条件式の定義を行うには、 XPath ビルダーを使用することもできます。XML データファイルにある要素や属性を選択し、XPath をコピーコマンドを指定することで、対応する XPath 条件式がクリップボードにコピーされます。

XSL 概要

XSLT エディターにある XSL 概要入力ヘルパー ウィンドウは XSLT 開発を最適化するためのパワフルな機能です。XSLT 1.0、2.0 または3.0 スタイルシートで作業をしている場合、現在作業中の XSLT ファイル、そしてインクルードまたはインポートされたファイル内にあるテンプレートや関数が表示されます。色付けられたアイコンにはひと目で分かるテンプレートと関数に関する情報が表示され、アイテムに移動アイコンを選択するかテンプレートや関数をダブルクリックすることで現在のドキュメントの該当する箇所がハイライトされます。関数は名前により表示され、テンプレートは名前と XPath 条件式により表示されます。テンプレートのモード、優先度、そして割り当てられたコメントを、XSL 概要ウィンドウで直接閲覧することができます。

概要に表示されているテンプレートや関数に対して複数の条件を使用しながら検索、フィルター、そして並び替えを行うことができます。ウィンドウを使ってテンプレートに対する呼び出しを簡単に挿入し、変換を行うためのエントリポイントとしてテンプレートを選択することができます。

XSLT Info

XMLSpy Info ウィンドウにある XSLT タブには XSLT エディター内でスタイルシートの編集をするための便利な情報が表示されます。このタブには関連するスキーマや XML インスタンス ファイル、そしてインクルードまたはインポートされた XSLT ドキュメントが表示され、ファイル名をマウスオーバーすることで、完全なパスが表示されます。このタブ内ではスキーマならびに XML インスタンスリレーションシップをマウスクリックにより直接修正することができます。さらに、ツールバーボタンをクリックすることで複数またはすべてのファイルを XMLSpy プロジェクト、またはすべてのファイルをユーザーが定義した場所に ZIP ファイルとして保存することができます。

オープン XSLT アーキテクチャ

XSLT エディターの振る舞いは簡単にカスタマイズすることができます。MLSpy には、 XSLT 変換のための RaptorXML 高速エンジンが搭載されており、MSXML XSLT エンジンに対するサポートも行われます。オープンな XSLT アーキテクチャにより Apache Xalan、Saxon、または XT などの外部の XSLT プロセッサーを使用することができます。これにより全面的に XSLT 1.0 または 2.0 を利用したパワフルな Web サイトを作成することができます。更に、 RaptorXML Server 上で変換を実行することができます。

XSLT 変換出力オプション

XSLT 編集作業中であれば、クリック1つでいつでもファイルを変換して、XMLSpy のブラウザービューにて生成された結果のプレビューを行うことができます。

Web ページを XMLSpy で閲覧するのに加え、アクティブなファイルを選択したブラウザーで開くこともでき、ブラウザーによる相互運用機能テストを素早く行うことが可能になります。XMLSpy 編集情報ウィンドウにはインストールされているすべてのブラウザーが表示され、必要に応じてその他のアプリケーションを手動で入力することもできます。

XMLSpy XSLT エディターでは XHTML または HTML 出力を制限しません。XMLSpy では XML ではないテキスト ファイルを開き編集することもできるので、XSLT ファイルを使って任意のテキスト形式アウトプットを生成後、XMLSpy を使ってその結果を閲覧することができます。

XSLT ハイパフォーマンスの変換オプション

XMLSpy 内の XSLT 変換は、 標準準拠に最も適し、高速な検証スピードを伴う、Altova RaptorXML 検証エンジンにて強化されています。しかしながら、達成される変換率は、開発者のマシン内で使用することのできる CPU でのシングルコア実行に制限されています。

RaptorXML Server は、その一方、効果的なメモリの使用により向上されたハイパーパフォーマンスを提供する マルチ-CPU およびマルチコアサーバーによる大幅な処理能力によりメリットを得ています。XSLT、XQuery 、および XML 検証 ジョブの実行のため、これらの利点を、RaptorXML Server を使用中のネットワークにインストールすることにより、強化することができます。実際、 RaptorXML Server を XMLSpyの内部からを作動するとXSLT 変換スピードは 14 倍、早く作動します*

RaptorXML Server 上で XSLT 変換ジョブを開始するため、プロジェクトまたはプロジェクト全体を選択するために右クリックします。

単一の RaptorXML Server をチーム全体が共有することができる この機能により、以前は、多数のドキュメントの変換に時間がかかっていた変換ジョブが、すべて XMLSpy の内部から行えることにより、 RaptorXML Server が開発チームにとり、更に役に立つようになりました。

Remote XSLT Transformation with XMLSpy

スキーマを意識した XSLT のサポート

XMLSpy XSLT エディターは XSLT 1.0 とスキーマを意識した XSLT 2.0 と XSLT 3.0 をサポートします。スキーマを意識することで、エラーの孤立化、デバッグの簡易化、更にコードパフォーマンスの強化を図ることが可能になります。スタイルシート内のプログラムコードへのサポートによるXSLT の実行とパワフルな編集とデバッグ機能を組み合わせるXMLSpy により、最も高度なスタイルシートを素早くそして簡単に作成することができます

Java、C#、JavaScript、VBScript に対するサポート

開発者は頻繁にプログラム コードを Java、C#、JavaScript、または VBScript に埋め込んで XSLT スタイルシートに高度な機能を付加します。XMLSpy 内の XSLT エンジンではこれらのプログラム コードがサポートされ、パワフルな XSLT 編集とプログラム コードが埋め込まれたスタイルシート変換能力だけではなく、XSLT デバッガーと XSLT プロファイラーを使用することで XSLT のテスト、仕上げ、そして最適化を行うことができます。

XSLT のデバッグ

XSLT エディターはデプロイ前にスタイルシートのテストや修正を行う強力な XMLSpy XSLT デバッガーによりサポートされています。XSLT 変換の経間をステップごとに実行することがで特定の XML データノード、XSLT 処理命令、そして生成された出力を同時に確認することができます。このように、スタイルシートが XML データをレンダリングする様子を視覚的に理解することができます。

XSLT の最適化

XSLT スタイルシートのスピードを増加させ、 XSLT 実行と自動最適化を実行を分析する場合、画期的な XSL スピード オプティマイザーを使用することができます。XSLT profilerにより XSLT 変換の実行中に処理された各命令の詳細が記録され、ボトルネックの素早い発見と最適化を行うことが可能になります。