UML アクティビティ図

UModel アクティビティ図の機能:

  • ツールバーから図要素へ素早くアクセス
  • 横向き、または、縦向きの設定内のノードと要素
  • ピンの特徴を設定するためにメニューをプルダウンします
  • 入力ヘルパーとスピード編集ボタン
  • 要素はダイアグラムのレイヤーに割り当てることができます。
  • 回数に制限の無い元に戻すとやり直し

アクティビティ図

UModel によりアクションの動的なフローを簡単にチャートにし、アクティビティ図を使用してプロジェクトの判断ポイントを示すことができます。

UML アクティビティ図

アクティビティ図で、プロジェクトのダイナミックな振る舞いを描いているうちに、UModelの機能がどれほど有利で多様性があるかがわかるはずです。UModel アクティビティ図ツールバーには水平ならびに垂直方向のフォークノード、ジョインノード、そしてアクティビティ分割が用意されており、必要な要素を 1 ステップで選択することができます。

アクティビティ初期化のセマンティクスを正式に示したい場合、入出力ピンや値ピン要素が同様に管理されます。ピンを配置すると、プロパティメニューのプルダウンメニューからすべての特徴をセットすることができます。

UML 2 の仕様では、状態図の特殊なケースという以前の分類から、アクティビティ図の機能と範囲が大幅に拡張されました。アクティビティ図は 21 世紀のフローチャートであり、UML ではアクティビティ図によりビジネスルール、単純なユースケースから複雑なユースケースの集合、決定ポイントを含むプロセスや代替フロー、並行して行われるオペレーション、ソフトウェアフローや論理制御の構造などが記述されます。

ビジネスルールの描画を行うアナリストから、組み込み系システムの細かな機能すべてをドキュメントにまとめるデベロッパーまで、UModel を使えば、プロジェクトの動的な振る舞いを示す UML 2 アクティビティ図の描画を簡単に行ない、正確なデザインを効率的にやり取りすることができるようになります。