どのエディションの FlowForce Server が必要ですか?

下のテーブルは FlowForce Server と FlowForce Server Advanced Edition
に搭載される機能を表示しています。

Advanced EditionFlowForce Server
ハイパフォーマンスのワークフローの自動化
クロス プラットフォームの互換性
Windows、Windows Server
Linux: CentOS, Debian, Red Hat, Ubuntu
macOS
他の Altova サーバーの自動化
RaptorXML/XBRL Server 上での実行
MapForce Server 上での実行
StyleVision Server 上での実行
MapForce と StyleVisionから直接 MapForce マッピングと StyleVision デザインのデプロイ
ジョブの自動化オプション
コマンドラインプログラム上での実行
ファイルシステム操作、FTP、メールの送信、などのための内蔵の関数
ループ、条件、結果の評価、エラーの処理が搭載されたフロー管理
パラメーターの値の計算のための内蔵の式言語
結果のキャッシュの高度なオプション
複数のサーバー間のジョブの配布
カスタム化可能なジョブトリガーオプション
時間ベースのトリガー
ファイルとディレクトリのウォッチトリガー
遠隔のファイルトリガー
HTTP Web サービスとしてのジョブの呼び出し
他のジョブの一部としてのジョブの呼び出し
セキュリテイ オプション
堅牢なアクセス管理のための安全性のオプション
Web サービス呼び出し内の OAuth 2.0 認証のためのサポート
安全なデータのトランスポートのための AS2 へのフルサポート
柔軟な実行オプション
社内またはクラウドにインスール