UML コンポーネント図

UModel コンポーネント図の機能:

  • コンポーネント図要素のためのツールバー
  • 入力ヘルパーとスピード編集ボタン
  • コンテキストメニューを右クリック
  • 14あるすべての UML 図をサポート
  • カスケードスタイルによる色、フォント、ラインの幅を指定
  • カスタマイズ可能な配置グリッド
  • 要素はダイアグラムのレイヤーに割り当てることができます。
  • 使用できる数に制限の無い元に戻す/やり直しによりアイデアを気軽に記述

コンポーネント図

コンポーネント図を使用して、UModel 内で簡単にコードの物理構造を表示することができます。

UML コンポーネント図

コンポーネントにより、プロジェクトクラスから実際にロジックが実装されたソース コードが含まれているファイルへのマッピングが行われます。 UModelによりコードが生成されると、コンポーネント図によりクラスに対する Java や C# ソース コードの位置が表されます。既存のプロジェクトをリバース エンジニアリングすると、コンポーネント図により各 UModel クラス図をソース コード ファイルとともに対応付けすることができます。

UModel コンポーネント図ツールバーには各クラスをコンポーネントへ割り当てる実現矢印や、コンポーネント図の描画時に役立つ要素が含まれています。UModel では、ツールバーまたは右クリックにより表示されるコンテキストメニューから、新たなコンポーネントを簡単に作成することができます。その後、クラス図からプロジェクトクラスのコピー、貼り付けを行ったり、モデルツリーウィンドウからドラッグを行ったり、実現矢印を描画することでクラスをコンポーネントに割り当てることができます。

コンポーネント図プロパティウィンドウでは、モデルに対応したソース コードが格納されるディレクトリを指定することができます。この操作によりは指定された場所にコードが生成され、リバース エンジニアリングにおいてコードを検索する場所としても使用されます。