UML オブジェクト図

UModel オブジェクト図の機能:

  • ツールバーからオブジェクト図要素へ素早くアクセス
  • 入力ヘルパーとスピード編集ボタン
  • ダイアグラム内の任意の箇所を右クリックしてコンテキストメニューを表示
  • 色、フォント、ラインの幅などのためのカスケードスタイル
  • カスタマイズ可能な配置グリッド
  • 要素をダイアグラムレイヤーへ配置して、個別に表示、または隠す
  • 使用できる数に制限の無い元に戻す/やり直しによりアイデアを気軽に記述

オブジェクト図を作成することで、開発プロジェクト内にあるインスタンスを描画

XML から HTML への変換

Umodel オブジェクト図では、クラスの単一インスタンスが表示され、アプリケーションのデータポイントを表示するのに使用されます。ンスタンス仕様と呼ばれるオブジェクトを新たに作成すると、インスタンスというかたちで既存のクラスを割り当てることが可能になります。オブジェクトで使用されるクラスを定義することで、適切なプロパティが UModel により与えられ、オブジェクトに対してサンプル値を挿入することが可能になります。

UML オブジェクト図では、 クラス図 と似たような注釈が行われ、特定の時間におけるクラスのインスタンスを表示するのに使用されます。オブジェクト図を使用することで、クラスとそのリレーションシップが実際に使われている例を表現することができます。

オブジェクト図はクラスや継承などの記述を行うのに適しており、時としてクラスのデザイン時に作成したり、プログラミングの技術を持たない (そしてクラス図の表現は抽象的すぎると考える) ステークホルダーの理解を助けるために使用することができます。

オブジェクト図では、クラス図に非常によく似た注釈が使用されるため、オブジェクト図のツールバーには、クラス図のそれと同一のアイコンが使用されます。ツールバーを使用してダイアグラムから直接編集、またはプロパティダイアログボックスを使用して、オブジェクトの属性や値を変更することができます。