このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MobileTogether Designer

このパートでは以下を行います:

 

ソリューションページがロードされた際、ソリューションのためのデータが XML ファイルから取得されることを指定します。 チュートリアル フォルダー にあるファイルは、 AltovaProducts.xml と呼ばれ、リストは下部にあります。 パート 1 で作成されたページソース に類似した構成を持ちますが、唯一の違いは新しい要素 Selection を持つことです。

ページソースのツリー構造を変更して、 XML データファイルの異なる構造にマッチさせます。

 

 

 

ページのロード時に使用するデータファイルの指定

XML ファイルから抽出されるページソースのデータを指定するには、以下を行います:

 

1.(マイ) ドキュメントフォルダーの MobileTogether フォルダーにある QuickStart01.mtd を開きます: MobileTogetherDesignerExamples\Tutorials\.

2.[ページ | ページアクション] をクリックします。 ページアクションダイアログが表示されます(下のスクリーンショット)。

Click to expand/collapse

3.ファイルのロード/保存 アクションをドラッグして、 ページのロード時 イベントのタブにドロップします。

4.ファイルからロードのボタンが選択されていることを確認しページソースが $XML1 であることを確認してください (下のスクリーンショット参照)。

5.設定 エントリの [追加ダイアログ] ボタンをクリックすると、ファイル指定ダイアログが表示されます。

6.「パスをデザインに対して相対的にする」を選択して、 AltovaProducts.xml ファイルを参照します。

7.デザインファイルと共に MobileTogether Server にデプロイするか問われます。[はい] をクリックします。ページがロードされる際、ファイルはデータファイルとしてセットされページソース $XML1 のためにロードされます(下のスクリーンショット)。

MTDQS02PageActions02

8.[OK] をクリックして終了します。

 

 

ページソースのデータ構成の変更

XML データファイルには特別の Selection 要素があります。この要素から XML ツリーが、データを得るためには、[ページ ソース] ペインのページソースの XML ツリーに Selection  要素を追加します(下のスクリーンショットと上のリスト参照 )。 ツリーに  Selection 要素を Product または Products を右クリックして追加し、 それぞれ [子の追加] または [追加]、[要素] を選択します。 要素をダブルクリックして名前を編集して、要素を Selection に名前変更します。 

MTDQS02PageSourceStrucModify

Selection にデフォルトの値を追加しません。この理由は、ページがロードされた際、ページのデータが AltovaProducts.xml  より来るようにするためです。これは、このページの ページのロード時 イベントのために定義されたアクションです(上部参照)。 Selection のデフォルトの値を設定すると、このデフォルトの値は、AltovaProducts.xmlSelection ノードから得られた値を上書きします。 [ページソース] ペインでデフォルトの値が割り当てられていない場合、ページがロードされると、 Selection ノードは空白になります。 これは AltovaProducts.xmlSelection ノードが空白であるからです (上部のファイルリストを参照)。チュートリアルの後半でこのシミュレーションを行います。

 

(C) 2019 Altova GmbH