コンボ ボックス エントリにファイル データを使用

www.altova.com すべてを展開/折りたたむ このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  チュートリアル > クイックスタート (パート2) >

コンボ ボックス エントリにファイル データを使用

このパートでは以下を行います:

 

データツリー構造を使用してコンボボックスエントリを生成する
変更の効果をテストするためシミュレーションを実行する

 

 

Click to expand/collapse XML ファイルのリスト、 AltovaProducts.xml

(マイ) ドキュメントフォルダー の MobileTogether フォルダーを探す : MobileTogetherDesignerExamples\Tutorials\AltovaProducts.xml.

 

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<Products>

<Selection></Selection>

<Product>XMLSpy</Product>

<Product>MapForce</Product>

<Product>StyleVision</Product>

<Product>MobileTogether</Product>

<Product>DatabaseSpy</Product>

<Product>DiffDog</Product>

<Product>SchemaAgent</Product>

<Product>UModel</Product>

<Product>Authentic</Product>

</Products>

 

 

 

コンボ ボックスエントリの編集

コンボ ボックスのエントリの編集は以下の通り行います:

 

1.コンボ ボックスを選択して、[スタイル & プロパティ] ペインコンボ ボックス入力値 のプロパティの追加ダイアログ ボタンをクリックします。コンボ ボックスの編集ダイアログ(下のスクリーンショット)が表示されます。

MTDQS02ComboBox01

2.条件式の使用を選択し、 [XML の値とエントリーに対して異なる XPath を使用] を選択します。
3.上のスクリーンショットに表示されるように、可視エントリXML の値に対するXPath 式を入力します。
4.ダイアログの下部にある [値を並べ替え]チェックボックスをチェックして、ディスプレイ時のリストを並べ替えます。
5.[OK] をクリックして終了します。

 

Products ノードはこのページのデフォルトの XPath コンテキスト ノードとして定義されています。 for 式の XPath はProducts (コンテキスト ノード) の Product 子ノードに繰り返し適用され すべての一意かつ明確な値のシーケンスをアルファベット順に返します。この場合の XML 値のシーケンスでは、値は一意性をフィルターする前に、値が小文字に変換されます。 これらの 2 つのシーケンスはドロップダウン リストのエントリで、 対応するXML (可視エントリ) は、(XML 値)の値です。コンボ ボックスのエントリ作成およびデータのロードにデータ ソースファイルにツリー構造を使用する利点は、 コンボ ボックスのエントリは、データソース ファイルから動的に生成され、デザインのアイテムのリストのようにコード化されていないからです。従って、新しい製品がファイルに追加されると、ドロップダウン リストのエントリとして自動的に表示されます。

 

 

シミュレーションの実行

シミュレーションを実行すると、コンボ ボックスのエントリがリスト通り実行されます(前のセクション シミュレーションの実行参照)。唯一の違いは、ドロップダウン リストのエントリが AltovaProducts.xmlProduct 要素の値であることです(上のリスト参照)。 ドロップダウン リストのエントリが選択されると、対応する(小文字の) XML 値が Selection ノードに入力され、 イメージ URL が正確に評価されます

 

 

データソースファイルのデータの変更

データソースファイル AltovaProducts.xml (上のリスト参照)に以下の 2 つの変更を加えます :

 

下のリストに表示される Selection ノードに小文字の製品名を追加します。
ファイルからいくつかの Product 要素を削除、またはファイルに Product 要素を追加し、要素の順番を変更します。コンボックスダイアログ (上を参照)、値の並べ替えを選択することにより、選択/選択の解除の効果をテストすることができます。

 

 

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>

<Products>

  <Selection>databasespy</Selection>

  <Product>XMLSpy</Product>

    ...

    ...

  <Product>DatabaseSpy</Product>

</Products>

 

これらの変更を加えた後、ファイルを保存してシミュレーションを実行します。初期のスプラッシュスクリーンは、 Selection のノード内の製品です。また、コンボ ボックスのドロップダウン リストには空白のエントリがあり、ドロップダウン リストのエントリの数は、 XML ファイルの一意の Product 要素の数と同じです。

 


(C) 2019 Altova GmbH