印刷する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  アクション > ユーザー インタラクション >

印刷する

印刷 アクション (下のスクリーンショット) では、 Altova StyleVision Server (バージョン2017sp1 または以降) を使用して、 PDF、Word。または、 RTF 出力ドキュメントを生成することができます。仕組みは次のとおりです:デザインのページソースノード または、外部 XML ファイル内の XML データが XSLT スタイルシートである PXF ファイルを使用して処理されます。 Altova StyleVision Server は、 XSLT 変換するために使用されます。 印刷 アクションを実行するには、Altova Web サイト でダウンロードすることのできる StyleVision Server アプリケーションが(ローカルのシミュレーションのため) と MobileTogether Server (サーバーでのシミュレーションとデプロイで使用されるために) MobileTogether Designer がインストールされているマシンにインストールされている必要があります。

 

 

PXF ファイル と StyleVision Server に関するメモ

 

ポータブルな XML フォーム (PXF) ファイル は、 Altova により開発された XSLT スタイルシートで、複数の出力を1つのファイルにパッケージするためのファイルフォーマットです。 多種の XSLT スタイルシートが単一のデザインから Altova StyleVision を使用して作成することができます。
デザイン内で、 XSLT スタイルシート内に含まれている PXF ファイル内で定義されているパラメーターを定義することができます。 ランタイムでは、値がスタイルシート内のパラメーターにパスされることができます。
StyleVision Server は、多種のフォーマットの出力を生成する XSLT 変換を実行するために使用される軽量のコマンドラインアプリケーションです。
PXF フォーマットに関する詳しい情報は、 Altova StyleVision ドキュメントを参照してください。 StyleVision Server に関する詳しい情報は、Altova StyleVision Server ドキュメントを参照してください。

MTActionPrintTo

印刷 アクションで以下のオプションをおこなうことができます:

 

PDF/Word/RTF

印刷される出力ドキュメントの型を選択します: .pdf、 .docx、 または .rtf.

 

 

ソース

以下を選択することができます: (i) デザインの ページソースの XML ノードの1つ、または、 (ii) クライアントデバイス、または、サーバー上の外部 XML ファイル

 

 

ソース ノード

ノード を ソースとして選択する場合、出力ドキュメントのためのソースデータとして使用するノードのためのデザインのページソースツリーを参照することのできる、ダイアログが表示されます。 選択するノードはこのオプションの値として入力されます。

 

 

ソース ファイル

ファイル をソースとして選択すると、ソース ファイル オプションの 「編集」 ボタンをクリックして、ソースファイルを選択します。 サーバーファイル、または、クライアントファイルを選択することのできるダイアログが表示されます。 使用することのできるオプションに関しては、下のファイルの場所 セクションを参照してください。ファイルを選択するには、ファイルがサーバーにデプロイされるかを問われます。ファイルがデプロイされない場合、ファイルは ソリューションの作業ディレクトリ (または 子孫ディレクトリ)に保存される必要があります。この場合、この (ソース ファイル) オプションのために入力されるパスは、 ランタイムでソースファイルに正確にアクセスするために、正確に設定されている必要があります

 

 

PXF ファイル

PXF ファイルは、 StyleVision Server が出力ドキュメントを生成するために使用するスタイルシートコンテナーファイルです。 下の ファイルの場所 セクション内のサーバーロケーションのために説明されているメソッドの1つを使用する PXF ファイルを選択してください。 PXF ファイルをデプロイしない場合、 ソリューションの作業 ディレクトリ (または  子孫ディレクトリ) に保存してください。この場合、この (ソース ファイル) オプションのために入力されるパスは、 ランタイムで PXF ファイルに正確にアクセスするために、正確に設定されている必要があります

 

 

ターゲットt ファイル

出力ファイル名 と(サーバー または クライアント上の)その場所を指定します。 下の セクション ファイルの場所 で説明されている方法を使用してファイルの場所を指定します。

 

 

パラメーター

ランタイムでは、 パラメーター 値を PXF ファイルのスタイルシートにパスすることができます。 この オプションは、複数のパラメーターボタンを指定することを有効化します。 「パラメーターの追加」 アイコンをクリックして、パラメーターのエントリを追加します。パラメーターの名前と値をXPath 式として入力します。上のスクリーンショットでは、 例えば、 最初のパラメーターには、"year":"2017"name:valueペアがあります。 2番目のパラメーターは、ノード $XML2/doc/version からの値を取ります。 追加することのできる パラメーター 値 に制限はありません。

 

 

エラーの処理

エラー時 オプションはエラーが発生すると何が行われるかを決定する事ができます:

 

スクリプトの中断: エラーの発生後、トリガーされたイベントの後全てのアクションは終了されます。これがエラーが発生した時のデフォルトのアクションです。 エラーに関わらず継続する場合は、継続またはスローオプションを選択します。
継続: アクションは終了されません。その代わりに、以下のイベントの際に何が起こるかを選択する事ができます: エラーが発生しない場合 (成功時)、 またはエラーが発生する場合 (エラー時)。例えば、ページのロードが成功したかを示すメッセージを表示することができます。
スロー: エラーが検出されると、このオプションは トライ/キャッチ アクションの変数内に保管された例外をスローします。 トライ/キャッチ アクション の キャッチ 部分は、エラーが発生した時、どのアクションが起こるかを指定します。エラーが発生しない場合は、次のアクションが処理されます。詳細に関しては、 トライ/キャッチ アクションのセクションを参照してください。

 

ファイルの場所

ソースファイル、PXF ファイル、 および ターゲット ファイル オプションの「追加ダイアログ」 ボタンをクリックすると、ファイルの指定ダイアログが、表示され、ファイルをロードするか、保存するかを指定することができます。

 

ソースファイル: サーバーまたはクライアント上にある XML データ ファイルを選択します。 ローカルまたはネットワークマシン上のファイルを選択する場合、以下を行います: (i) デザインのファイルをサーバーにデプロイします、または、 (ii) ファイルを ソリューションのサーバー上の作業ディレクトリ (または、子孫ディレクトリ)に保存します。
PXF ファイル: サーバー上にある PXF ファイルを選択します。 ローカル または ネットワーク マシン上にあるファイルを選択すると、以下をおこないます: (i)サーバーにデザインファイルをデプロイします。または (ii) ソリューションのサーバー上の作業ディレクトリ (または 子孫ディレクトリ)にファイルを保管します。  クライアント-ベースの PXF ファイルを指定することはできません。
ターゲット ファイル: サーバー または クライアントの場所に出力を生成します。

 

ファイルの指定ダイアログで使用することのできるオプションは、ファイルがロードされている(ソースファイル または PXF ファイル)か、または、保存されている(ターゲット ファイル)かにより異なります。

 

 

サーバー上のファイルの場所

サーバーの場所という用語は、ランタイムのファイルの場所を指します。ロードするファイルを選択する際、ネットワーク上の場所を選択することができます。しかしながら、ランタイムでファイルにアクセスするには、以下を行います: (i) ファイルをサーバーにデプロイする、または、 (ii) ソリューションのサーバー上の作業ディレクトリにファイルを保存する。 ロードするファイルを指定し、(絶対的な/相対的なパス)ファイルの場所を参照することができます、または、グローバル リソースを利用してファイルを指定します (ファイル エイリアス または フォルダー エイリアス)。 ダイアログ内で、使用するオプションを選択します。

 

絶対/相対 パス: ファイルを参照するために、絶対および相対パスを入力します。ソリューションがデプロイされると、デフォルト ファイルの場所は、MobileTogether Server 設定で定義されているとおり、作業ディレクトリ への参照で解決されていることに注意してください。ファイル指定ダイアログのパスが相対の場合、作業ディレクトリ に対応して解決されます。ファイル指定ダイアログのパスが絶対の場合、デフォルト ファイルを含むフォルダーは作業ディレクトリ の子孫である必要があります。詳細はプロジェクト ファイルの場所を参照してください。パスを入力またはファイルを参照することができます。パスはデザインに対して相対または絶対であることができます。ファイルがデザインファイルと共にサーバーにデプロイされると、ダイアログで指定された相対/絶対パスがファイルにアクセスするために(サーバーのデータベース) 内部で使用されます。ファイルがデプロイされていない場合、ファイルは直接サーバーに保管される必要があります。 この場合: (i) ファイルの指定ダイアログで相対パスが選択されている場合、ランタイム時に、この相対パスはサーバー上で (MobileTogether Server 設定で定義された) 作業ディレクトリ  を参照して解決されます。 (ii) ファイルの指定ダイアログで絶対パスが選択されている場合、サーバー上でのファイルのフォルダーは作業ディレクトリ の子孫である必要があります。詳細に関してはプロジェクトファイルの場所のセクションを参照してください。ファイルを保存する場合、デフォルトのファイル拡張子を任意で指定することができます。この拡張子はファイル名と共に拡張子が指定されていない場合使用されます。

 

ファイルの保存時に自動的にサブフォルダーを作成する:ファイルパス内で中間フォルダーが存在しない場合、ファイルが保存される時に作成されます。 このオプションは保存する場合のみ関連性があります 。アクションがファイルのロードのみに制限される場合は、このオプションは、存在しません。

 

グローバル リソース ファイル エイリアス: コンボ ボックス内で使用可能なファイル エイリアスを選択します。使用可能なファイル エイリアスはグローバル リソース定義ファイルで定義されたものです。 各ファイル エイリアスは、異なるファイルリソースを( [ツール | アクティブな構成] により選択された) MobileTogether Designer で現在アクティブな構成に応じてマップします。 詳細は Altova グローバル リソースのセクションを参照してください。

 

 

パス断片化されたグローバル リソース フォルダ エイリアス: コンボ ボックスの使用可能なフォルダー エイリアスからフォルダー エイリアスを選択します (下のスクリーンショット参照)。
 
MTDSpecifyFileGRFolderAliases
 

使用可能なフォルダー エイリアスはグローバル リソース定義ファイルで現在定義されているものです。各フォルダー エイリアスは、( [ツール | アクティブな構成] コマンドにより選択された) MobileTogether Designer で現在アクティブな構成に応じて異なるフォルダー リソースをマップします。 パス断片化はリソース ファイルへの残りのパスを指定します。 詳細は Altova グローバル リソース のセクションを参照してください。

 

 

ファイルがクライアント上にある場合

ファイルがクライアント上にある場合、ファイルの場所のパスを指定するか、 XPath 式を用いてパスを構築してください。「リセット」 ボタンを使用して、現在のエントリを削除します。

MTDSpecifyFileClient

デザイナーがロード/保存するファイルを指定することができ、また、エンドユーザーもこれらのファイルを指定することができます。 ファイル指定すると、この情報はソリューションに保存され、ファイルはアクションがトリガーされると、ロードまたは保存されます。ユーザーがロードまたは保存されるファイルを選択する場合、アクションがトリガーされると、クライアントデバイスで参照ダイアログが開かれ、ユーザーがロード/保存するファイルを入力または選択することができます。

 

メモ:エンドユーザーがファイルをロードして保存するオプションは以下のアクションに対して使用することができます:印刷 (ソースファイルターゲットファイル オプションがあります)、ファイルのロード/保存、 イメージのロード/保存バイナリのロード/保存

 

メモ:クライアント上のファイルもモバイルデバイス上の SD カードに保存することができます。

 

ファイル名は(ソリューションのデザイナーにより)以下で定義されます

 

ファイルの保存のためのデフォルトのファイル拡張子: ファイルを保存する場合、デフォルトのファイル拡張子を任意で指定することができます。この拡張子はファイル名と共に拡張子が指定されていない場合使用されます。

 

ファイルの保存時に自動的にサブフォルダーを作成する:  ファイルパス内の中間のフォルダーが、クライアントで不在の場合、ファイルが保存される際に作成されます。 このオプションは、保存する際にのみ関連するオプションです。アクションがファイルのロードのみに制限されている場合、不在の場合があります。

 

デバイスに依存するリソース: ファイルが存在するディレクトリを選択します。  Windows Phone/RT と iOS デバイスでは、許可されるディレクトリは既に決まっています。Android デバイスでは、 Android コンボボックスのドロップダウンリスト内のディレクトリに追加して、ファイルを入力することができます。 Android と Windows Phone/RT で、デフォルトである、デフォルトを選択すると、 MobileTogether アプリのサンドボックスディレクトリが選択されます。 iOS デバイスでは、 MobileTogether は2つのディレクトリを作成します: (i)  iCloud に保存される再度ダウンロードすることのできるバックアップディレクトリ、 (ii) バックアップを必要としないファイルのためのバックアップしないディレクトリ。必要に応じてバックアップディレクトリまたはバックアップされないディレクトリを選択します。Web ブラウザー内では、ファイルはブラウザーのサンドボックスに相対して検索されます。

 

シミュレーションのためのファイルのロケーション: ファイルがクライアントに存在するため、シミュレーションに中に使用することはできず、シミュレーション中にクライアントフォルダー内でスタンドインするフォルダーを指定することができます。このスタンドインフォルダーは、もちろん、デザイン内で指定されたファイルと同じ名前を持つ必要があります。このフォルダーはオプションダイアログのシミュレーションタブ ( ツール | オプション)内で指定されていなければなりません。

 

メモ:  Web クライアント上では、ファイルは一時的にサーバーに保管されます。 サーバーセッションが完了すると削除されます。サーバーセッションは指定されるアイドル時間が終了するとさーバーセッションは完了します。この期間は、サーバー設定タブのその他ペイン内のセッション設定内で設定することができます ( MobileTogether Server ユーザーマニュアル を参照してください)。

 

エンドユーザーにより(クライアントデバイス上で)ファイル名が定義される場合

 

ファイルの保存のためのデフォルトのファイル拡張子: ファイルを保存する場合、デフォルトのファイル拡張子を任意で指定することができます。この拡張子はファイル名と共に拡張子が指定されていない場合使用されます。

 

任意のファイルフィルター: クライアントデバイス上で開かれる参照ダイアログは、定義された拡張子が許可されるように、ロードまたは保存されるファイルの型をフィルターします。以下を入力することが可能です: (i) カンマで区切られた、または、セミコロンで区切られた拡張子のリスト (例: txt,html;xml)、または (ii)各文字列アイテムがファイル型の拡張子である文字列アイテムのシーケンスを返す XPath 式 (例えば、ここでは以下の3つの文字列アイテムを含む1つのシーケンス: 'txt'、'html、'xml')

 

オプションのデフォルトのファイル: 直接または式を使用して、エンドユーザーを導くためにデフォルトのファイル名を入力します。

 

Web メッセージボックス: ファイルを 開く/保存 ダイアログが開かれる前に、メッセージボックスが表示されます。直接テキストを入力するか、または XPath 式を使用して、メッセージボックスのデフォルトのテキストを上書きするテキストを入力します。

 

ファイルの保存時に自動的にサブフォルダーを作成する: もし、ファイルパス内の中間フォルダーが不足している場合、ファイルが保存される際に作成されます。オプションは保存時に関係し、アクションがファイルのロードアクションの場合使用できません。

 

メモ:  iOS デバイス上では、 iCloud 上でインポート/エクスポートにする場合のみデバイス上でユーザーがファイルを選択することができます。ユーザーはバックアップ済みのフォルダー、または、バックアップされていないフォルダーを参照することはできません。

 

 


(C) 2019 Altova GmbH