このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MobileTogether Designer

MobileTogether デザイン内での使用のために特別に作成された、以下の XPath 拡張関数を、デザイン内の任意の場所で使用することができます。 XPath のデフォルトの名前空間はこれらの関数を呼び出すために使用されます。

 

XPath 関数の戻り値の更新

XPath 関数は、 XPath 式が評価された場合のみ評価されます。これは通常 XPath 式を含むアクションが実行された場合、または、データが変更され XPath 式が評価される場合に発生します。

 

例えば、 mt-audio-is-playing 関数を含む XPath 式をサンプルとします。この関数は true または false. を返します。式がある特定の時間に評価されると、例えば戻り値が(オーディオが再生されているため) true の場合。この値がソリューション内で表示されると、オーディオの再生が停止されても、この値は自動的に変更されません。設定をこのようにするには、関数がもう一度呼び出され、新しい値が表示内の値を更新する必要があります。

 

このような値が更新される理由は使用されている特定のデザインメカニズムにより異なります。このような値を更新する方法のひとつとしては、表示の更新 アクションを使用した ページの更新時 イベントのタイマーなどが挙げられます。

 

 

メモ:Altova の一般的な XPath 拡張関数ライブラリの機能に関しての詳細は、Altova 拡張関数のセクションを参照してください。 (通常の拡張関数は、 MobileTogether を含むすべての Altova 製品で使用することができます。)

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH