このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MobileTogether Designer

XPath/XQuery ウィンドウ (下のスクリーンショット) を使用して広い MobileTogether 機能のために XPath 式を作成し編集することができます。式ビルダーモードでは入力ヘルパー、コンテキストを考慮した XPath/XQuery 構造の説明のポップアップ、自動補完などを提供します。エバリュエーターノードでは以下の結果をプレビューすることができます

Click to expand/collapse

モードを選択するには、ツールバー内にボタンを選択します。

 

XPath/XQuery ウィンドウの使用可能な範囲

XPath /XQuery ウィンドウは2つの種類のシチュエーションで使用することができます:

 

デザイン内のデザインコンポーネントと他のロケーションでは XPath 式が挿入される個所で使用することが可能です。例えば、スタイルとプロパティの値を設定するために式を入力する場合、またはダイアログの数内でファイルパスを作成する際などが挙げられます。(後者の場合、の使用によりファイルパスの動的なコンポジションが有効化されます。)

XPath/XQuery ウィンドウはシミュレーターによりアクセスすることができます。このシチュエーションの XPath/XQuery ウィンドウは多種のランタイムステージで異なるデータセットを持つソリューションの振る舞いを分析するパワフルなツールです。

 

(C) 2019 Altova GmbH