このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MobileTogether Designer

デザインコンポーネント > イメージ

エクスチェンジャブル イメージ ファイル フォーマット (Exif)

スクロール ホーム トップ その他

エクスチェンジャブル イメージ ファイル フォーマット (Exif) は、デジタルカメラとスマートフォンのカメラで使用されるイメージフォーマットを定義する基準です。 Exif 基準のメタデータのタグは、イメージの日時と位置情報からカメラ設定とイメージ構成の詳細など広範囲の情報を格納します。 Exif イメージが Base64 エンコードに変換されると、イメージのメタデータもまた Base64 に変換され、使用するために取得することができます。

 

メモ:すべてのデジタルカメラまたはスマートフォンが Exif データを提供するわけではありません。

 

MobileTogether Designer の Exif 機能

MobileTogether Designer には次の Exif に関連する機能が搭載されています:

 

[ユーザーがイメージを選択] アクション は、エンドユーザーのクライアント デバイスでカメラ アプリケーションを開始するオプションを提供します。撮影された写真は Base64 エンコード イメージとして XML ノードに保存されます。カメラ アプリケーションが Exif フォーマットを使用する場合、もまた Base64 エンコード イメージに保存されます。このデータは XML ノードからの即時取得の際に使用することができます。

image-exif-data と呼ばれる Altova XPath 拡張関数は、takes a Base64-エンコード JPEG イメージを引数として取り、文字列内に含まれる Exif メタデータを属性の値ペアとして返します (詳細に関しては、 image-exif-data 関数の説明を参照してください。イメージの次元を検索するには、 MobileTogether XPath 拡張関数 mt-image-width-and height を使用してください)。

suggested-image-file-extension と呼ばれる Altova XPath 拡張機能は、 Base64 文字列を引数とし、(jpg、png、 bmp などの) イメージ ファイルの拡張子を返します。これは、イメージ フォーマットを自動的に検索、修正し、適切なファイル拡張子と共にファイルを保存する際に役に立ちます。

イメージをファイルにロード/保管アクション は、 Base64 エンコード イメージの (jpg、png、bmp などの) バイナリ イメージ フォーマットでの保存を有効化します。Exif データは Base64 エンコード テキストに保存されます。

 

下の例はどの様に Exif データが Base64 エンコード イメージから取得される、またこのデータがどのようにソリューションで使用されるかをかを説明しています。

 

メモ:Exif データ はイメージがサイズ変更または回転されると失われます。

 

ファイルの例: Base64Images.mtd

デザインファイル Base64Images.mtdマイドキュメント MobileTogether フォルダにあります: MobileTogetherDesignerExamples\Tutorials\Images。  MobileTogether Designer でファイルを開き、シミュレーター [F5] を実行し、デザインの定義を確認します。デザインのデフォルトのファイルは Exif メタデータ付きの 1 つのイメージを含みます。

 

 

 

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH