このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MobileTogether Designer

チャート コントロールによりソース データ ファイルからのデータをチャートのフォームとして表示することが可能になります。使用可能なチャートの種類 は次のとおりです:円グラフ、棒グラフ、折れ線グラフ、面グラフ、ローソク足チャート、ゲージチャート。X軸、Y軸、および他のチャートのコンポーネントはXPath 式により選択されます。XPath 式のコンテキスト ノードは、ソース データ ツリーからドラッグして、デザインのチャート コントロールにドロップして設定します。

 

ページ内のチャートの表示設定は[スタイル & プロパティ] ペインで定義されます。チャートの種類、データの選択、および表示の設定は、チャート構成ダイアログで定義されます。このダイアログは チャート設定プロパティの [追加ダイアログ] ボタンをクリックして、またはデザインのチャートをダブルクリックしてアクセスすることができます。

 

チャートの構成についての詳細はチャートのセクションを参照してください。

 

 

チャートイベント

イメージのクリック時 イベントを使用することができます (クリックされるイメージはチャートです)。チャートの イメージのクリック時 イベントためのアクションを定義するには、  チャートを右クリックして、 表示されるコンテキストメニューから チャートのクリック時のためのコントロールアクション を選択します。これによりチャートイベントのためのアクションダイアログを表示します。このイベントのために定義されることのできるアクションの詳細は、アクションのセクションを参照してください。

 

 

チャートプロパティ

[スタイル & プロパティ] ペイン で使用可能なコントロールのプロパティは以下に表示される順にリストされています。

 

 

(C) 2019 Altova GmbH