MapForce 転送

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  アクション > ユーザー インタラクション >

MapForce 転送

MapForce 転送アクションにより、データ構造のセットを他のデータ構造に変換 (マップ) することができます。 出力セットの各データ構造はファイル、または、ページソースのノードに書き込むことができます。

 

MapForce 転送を実行するには、 次の追加 コンポーネントを使用する必要があります:

 

入力データ構造のセットのマッピングを出力データ構造のセットにデザインする Altova MapForce 。 マッピングがデザインされると、 MapForce Server 実行可能ファイル (MFX、または、.mfx) として生成されます。
Altova MapForce Server は MobileTogether Server と同じマシンにインストールされている必要があります。MobileTogether により呼び出され、 MFX ファイル を処理し、出力データ構造を生成します。

 

メモ:MapForce 転送アクションを ローカルシミュレーション または クライアント上でトライアルラン でテストする場合、 MapForce Server 内のアクションは MobileTogether Designer と同じマシンにインストールされている必要があります。

 

MapForce デザイン

MapForce デザインは Altova MapForce 内で作成されます。入力データ構造を1つ、または、複数の出力データ構造にマップします。 下に表示されるサンプルデザインには、 Excel ファイルである1つの入力データ構造と、 XML ファイルである1つの出力データ構造が存在します。 各データ構造 (または、 MapForce 用語でコンポーネント) には名前が存在します。 デザインは複数の入力コンポーネントと複数の出力コンポーネントを持つことができます。

Click to expand/collapse

マッピングデザインが完了すると、MapForce のファイル | MapForce Server 実行可能ファイルにコンパイルする」 コマンドを使用して MFX を生成します。ランタイムでは、MapForce Server により MFX ファイルが使用され出力データ構造を生成します。

 

MobileTogether の MapForce 転送アクションを使用するためには、MapForce デザインの次の詳細を確認する必要があります:

 

使用する入力と出力コンポーネントの名前。 (上に表示されるデザイン内には次が存在します SalesByRegionAndMonthsales-report)。 複数の入力と出力コンポーネントを指定することができます。 デザイン内で、 複数の入力コンポーネントが1つの出力データ構造を生成するために必要とされる場合、(入力と出力) パラメーターとして MapForce 転送アクションに提供される必要があります。
MapForce デザインの一部では、値パラメータはマップされた出力データ構造を生成するプロセスの一部として使用されます。このようなパラメーターはそれぞれ値を取り、出力データ構造を生成します。 正確に出力データ構造を生成するために、このようなパラメーターの名前を確認する必要があります。

 

MapForce デザインとマッピングの作動方法に関しての詳細は、次を参照してください:MapForce ユーザーマニュアル。 次を参照してください: MapForce Server ユーザーマニュアル

 

MobileTogether の MapForce 転送アクション

MapForce 転送アクションは MapForce Server を呼び出し処理するための  MFX ファイルと入力データを提供します。下のスクリーンショットは上の示されるマッピングデザインをベースにした MapForce 転送アクションを表示します。

 

アクションの設定は以下のとおりです:

 

使用する MFX ファイル を検索するサーバー MFX ファイルパス。
入力パラメーター: 各入力パラメーターをこの入力コンポーネントのために使用されるデータと共にマッピングの入力コンポーネントを指定します。 複数の入力パラメーターを指定することができます。 必要とする出力データ構造を正確に生成するために必要とされる全ての入力コンポーネントを指定してください。 入力 パラメーター名 設定は入力コンポーネントの名前 ( MapForce デザインから)を指定します。 ページソースノード、または、ファイルから入力コンポーネントのためにデータを提供することもできます。ノード、または、ファイルを選択します。  下のスクリーンショット内で指定されている入力コンポーネントは SalesByRegionAndMonth です。このコンポーネント Excel データ構造であるため、 入力コンポーネントと同じ同じ構造を持つ Excel ファイルが提供されます。 これはマッピングが成功するために必要なステップです。

MTActionMapForceTransfer

出力パラメータ: 各出力パラメーターはマッピングの出力コンポーネントを出力データ構造が書き込まれる場所と共に指定されます。複数の出力パラメータを指定することができます。出力パラメーター名 設定は (MapForce デザイン内で) 生成する出力コンポーネントの名前を指定することができます。ページソースノード、または、ファイルに出力データ構造が書き込まれるかを選択します。 ノード、または、ファイルを選択します。 上のスクリーンショット内で指定されている出力コンポーネントは sales-report で、$XML2 ページソースのルート要素 (AllSales) に保存されます。出力データ構造全体が指定されたノードにコピーされることに注意してください。XML フラグメントが生成されると、XML フラグメント全体が指定されたノードにコピーされます。 ターゲットノードの構造に生成されたデータ構造が合うことを確認してください。
値パラメータ: これらはマッピング内で使用するための入力として値を与える 名前–値 ペアです。ペアの名前の部分は、 MapForce 内の入力コンポーネントの名前です。 の部分はランタイムにこのコンポーネントにパスされる値です。作成する値パラメータの数に制限はありません。

 

メモ:ランタイムでは、 このアクションのために入力されるパラメーター設定は MapForce Server への呼び出しのパラメーターとして送信されます。このため、(入力、出力、 値パラメータのセット全体の)各パラメーター名  は一意である必要があります。

 

メモ:MapForce Server は MobileTogether Server と同じマシンにインストールされている必要があります。

 


(C) 2019 Altova GmbH