このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MobileTogether Designer

待機カーソル アクション (下のスクリーンショット参照) がトリガーされると、プラットフォームに固有の待機カーソルがクライアントに表示されます。 任意で、 追加メッセージが同時に追加することができます。待機カーソルの表示は、待機カーソルの非表示アクションがトリガーされるまで継続されます。 MobileTogether タスクに時間がかかる場合は、待機カーソルの表示はユーザーにタスクが進行中であることを通知するために役に立ちます。

MTActionWaitCursor

待機カーソル アクションを以下のように使用します:

 

1.(待機カーソルアクションで待機カーソルの表示を選択して) 待機カーソルの使用を希望するアクションの前に待機カーソル アクションを追加します。

2.待機カーソルの使用を希望するアクションを追加します。待機カーソルの表示の兄弟 (または、子) アクションとして追加します。

3.(待機カーソルアクションで待機カーソルの非表示を選択して)待機カーソルの非表示アクションを追加します。(表示するためのアクション (ステップ 2) が完了すると)待機カーソルは自動的に表示になります。

 

アクションのシーケンスを含むイベントがトリガーされると、以下が発生します:(1) 待機カーソルが表示され (2) 待機カーソルの使用を希望するアクションがトリガーされます。(3) このアクションが完了すると、待機カーソルの非表示アクションがトリガーされカーソルの表示が停止されます。待機カーソルアクションを使用してカーソルの表示を停止することができますが、必須ではありません。

 

(C) 2019 Altova GmbH