ビデオの再生

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  デザインオブジェクト/機能 > オーディオ、ビデオ >

ビデオの再生

MobileTogether のビデオの再生機能は、 (i) リモートビデオファイルをクライアントデバイスにダウンロードし、 (ii) 再生することを有効化します。ビデオの再生は以下の2つのステップで定義することができます:

 

1.ビデオコントロール はページ上の確認ウィンドウをセットするため、および、ダウンロードするビデオの URL を指定するために使用されます。詳細に関してはビデオコントロールのを参照してください。
2.ビデオアクション は以下の実行される再生アクションを指定します : ビデオの開始、一時停止、再開、停止、シーク(ジャンプ) 。

 

ビデオウィンドウとビデオファイルの設定

ページに複数の ビデオコントロール を挿入することができます。各 ビデオコントロール は、名前で識別され、 URL を使用してビデオソースを割り当てられます。ビデオコントロール の名前は、ビデオアクションビデオコントロール が実行されるアクション使用されます。

 

次の ビデオコントロール プロパティはコントロールの主な属性を定義するために使用されます:

 

ロード時に再生: ページがロードされるとすぐにビデオが再生されるかを指定します。再生が後に再生される場合、ビデオの開始アクション (例えば、 ボタン)を使用します。
ビデオソース: 再生するリモートまたはローカルのファイルを指定します。
キャッシュされたビデオソース: キャッシュされたビデオファイルが保存されるクライアントデバイス上の URL です。この場所にキャッシュファイルが存在しない場合、ビデオソースファイルが再生のためにダウンロードされると作成されます。キャッシュファイルが既存の場合は、キャッシュファイルが再生されると、新規のダウンロードは行われません。
コントロールの表示: コントロール内でビデオの再生ボタンが表示されるかを決定します。これはエンドユーザーが再生アクションを管理することを許可します。例えば、ビデオの開始、一時停止、再生、および停止など。このプロパティが false に設定されていると、再生アクションはビデオアクションを使用して提供されます。 Windows Phone ではビデオコントロールボタンはサポートされていないことに注意してください。
初期の幅: コントロールの初期の幅を設定します。ビデオが開始すると、コントロールはコントロールの コントロールの幅 プロパティが wrap_content に設定されていると実際の幅を調節します。コントロールの幅 プロパティが fill_parent に設定されていると、 (親の) 幅が使用され高さのみが調節されます。
初期の高さ:  コントロールの初期の高さを設定します。ビデオが開始すると、コントロールは実際の高さに高さを調整します。

 

メモ:Windows Phone では、マルチチャンネルのオーディオおよびビデオの再生はサポートされていません。1つのオーディオまたはビデオファイルのみ1度の再生することが可能です。これは最後に再生されたファイルを意味します。

 

メモ:オーディオ/ビデオファイルは、 MobileTogether Designer プロジェクトのサーバーメカニズムにデプロイを使用して MobileTogether Server にデプロイすることはできません。しかしながら、 URL を使用してストリームすることはできませんが、サーバーに手動でオーディオ/ビデオファイルをコピーすることができます。 MobileTogether Server に存在する、オーディオ/ビデオファイルをストリームするには、以下を行います : (i) バイナリのロード アクションを使用して、バイナリのオーディオ/ビデオデータをページソースノードにロードします。 (ii) バイナリの保存 アクションを使用して、このノード内のデータをクライアント上のファイルに保存します。 (iii) オーディオ/ビデオの再生アクション を使用して、クライアントデバイス上に保存されたファイルを再生します。または、オーディオ/ビデオファイルを MobileTogether Server に保存する代わりに Web サーバーに保存し、 URL を使用して、 Web サーバーからオーディオ/ビデオファイルをストリームします。

 

ビデオの再生アクション

ビデオアクション (下のスクリーンショット): (i) ビデオコントロール名を使用して適用される ビデオコントロール を識別します、 (ii) コントロールに関連したビデオファイルで実行されるアクションを指定します。 これらは次のアクションです: ビデオの開始、一時停止、再開、停止、シーク(ジャンプ) 。 ビデオアクション はファイル全体の代わりに再生される特定のファイルのセグメントを指定することを許可します。 詳細に関しては、ビデオアクションの詳細を参照してください。

MTActionVideo

メモ:ソリューションが中断された場合 にビデオストリームが再生されている場合、再生は一時停止されます。ソリューションが再開すると再生が継続されます。

 

ビデオの再生イベント

ビデオの再生イベントは、各ビデオコントロールで定義され、ビデオコントロールに適用されます。 これらのイベントは(右クリックして開くことのできる) コントロールのコンテキストメニュー、または、ビデオコントロールのコントロールアクションプロパティを使用してアクセスすることができます。 各イベントのために、実行されるアクションを左側のアクションペインからイベントタブにドラッグアンドドロップすることにより定義することができます。

 

 

ビデオの開始時: イベントが発生する前に(すなわち、ビデオの再生が開始する前に)、 ビデオファイルの詳細を使用することはでき’ない場合は、ビデオの高さ、幅、時間、および現在の位置を取得する関数を呼び出してはなりません(下を参照) 。この時点では、 mt-video-is-playing 関数が有効な情報を返します。このイベントは、例えば、( ノードの更新アクション などを仕使用して)ビデオの再生の再生を XML ツリーノードにログするために使用できます。
ビデオのエラー時: 可能性のあるエラー: ファイルが見つからないエラー、ファイルフォーマットのエラー、またはダウンロード/再生の中断エラーなど。 MobileTogether XPath 実行関数 mt-external-error を使用してエラーに関する情報を取得することができます。アクションがイベントのために定義されている場合、これらのアクションは実行されます。それ以外の場合は、エラーはメッセージボックスに表示されます。
ビデオの完了時: ビデオの再生は(停止アクションが実行されることなく)ファイルまたは指定されてセグメントの再生が最後に到達すると完了したものと考えられます。これらのアクションはビデオが中断(プロジェクトプロパティ 他のソリューションに切り替える)または一時停止されると実行されません

 

ビデオに関連した MobileTogether XPath 拡張関数

次のビデオに関連した MobileTogether XPath 拡張関数 を使用することができます:

 

mt-video-get-current-position( VideoControlNamexs:string として)xs:decimal として
mt-video-get-duration( VideoControlNamexs:string として)xs:decimal として
mt-video-height( VideoControlNamexs:stringとして )xs:integer として
mt-video-width( VideoControlNamexs:string として)xs:integer として
mt-video-is-playing( VideoControlNamexs:string として)xs:boolean として

 

XPath 式内のこれらの関数を使用することができます。 例えば、 ビデオの高さまたは幅の条件を処理する場合など。の再生が開始する前は、ビデオファイルの詳細を確認することができません。この結果、高さ、幅、長さ、および現在の再生箇所などに関する情報を確認することができません。関連する機能は再生が開始してからのみ使用してください。

 


(C) 2019 Altova GmbH