このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MobileTogether Designer

位置情報設定ダイアログ (下のスクリーンショット) により、 デザイナーサーバー シミュレーションのための XML ファイルから位置情報を指定することができます。 シミュレーションはモバイルデバイスを使用せず、使用できる位置情報がないため、位置情報はこの方法で指定される必要があります。

 

位置情報設定ダイアログはシミュレーターダイアログからアクセスすることができます:

 

1.[プロジェクト | ワークフローのシミュレーション (F5)] または [プロジェクト | ワークフローのシミュレーションにサーバーを使用 (Ctrl+F5)] をクリックして、シミュレーターダイアログにアクセスします。

2.シミュレーションダイアログ内で、左下にある[位置情報] ボタンをクリックします (下のスクリーンショット)。ここで指定された設定は デザイナー および サーバー のシミュレーション両方に使用されます。

 

メモ:        位置情報アクションがデザインで使用されない場合、 [位置情報] ボタンは表示されません

 

Cölick to expand/collapse

 

位置情報の設定

以下の位置情報の設定を行うことができます:

 

位置情報 XML ファイル: シミュレーションのためのデフォルトの位置情報を含みます。 XML ファイルは下にリストされる構造を持つ必要があります。 [参照] ボタンにより、ファイルを参照することができます。[更新] ボタンにより XML ファイルの位置情報データを読み込み、ダイアログの下の部分の位置情報値ペインに入力することができます。デフォルトのファイルは、位置情報のトラッキングの開始 アクションにより指定された位置情報シミュレーションファイルによりオーバーライドされます。

自動的に移動: 自動的に移動が有効化されていると、 XML ファイル内の各位置情報ファイルは順番にシミュレーション中に読み込まれます。各位置情報の読み込みの間隔を指定することができます。自動的に移動が指定されていない場合シミュレーションダイアログの左下の、[前に] または [次に] ボタンをクリックして、シミュレーション中に位置情報を変更することができます。これらの位置情報の値はシミュレータのみで実行することができます。 これらの値は、デザイン内でアクションが明示的に指定されている場合、 ($GEOLOCTION ツリーを含む) ページソースツリーノードにパスされます。

マップでロケーションを表示する: マップでの位置情報の表示アクションが実行されると、どのマップアプリケーションが Web ブラウザーで開かれるかを選択します。

MTDGeolocationSettings01

 

位置情報 XML ファイル構造

MobileTogether Designer が、正確に位置情報を読み込むために、 XML ファイルは下にリストされている構造に類似している構造を持つ必要があります。属性は省略または属性の値は空の文字列である場合があります。しかし、 //Location/Latitude//Location/Longitude 属性は存在しなくてはなりません。  

 

 

 

(C) 2019 Altova GmbH