このサイトをビューするために JavaScript を有効化してください。

Altova MobileTogether Designer

MobileTogether システムのしくみ

 

MobileTogether Designer.mtd の拡張子を持つ MobileTogether デザイン ファイル (MTD ファイル) を作成します。

これらのファイルは MobileTogether Server にデプロイされ、モバイル クライアント デバイスに MobileTogether ソリューションとしてサーブされます。

MTD ファイル内のデザインテンプレートを作成するために使用されるデータファイルは、元の場所に存在するか、 MTD ファイルと共に MobileTogether Server にデプロイすることができます。

モバイルクライアントでは、エンドユーザー は MTD ファイル内で定義されているレイアウト内で表示されているレポートを確認することができます。エンドユーザーはモバイルクライアントデバイス上で MobileTogether ソリューションを使用し、サーバーロケーションでデータファイルを更新することができます。

モバイルクライアントでは、 エンドユーザー はMTD ファイルに定義されたフォーマットでレポートを閲覧することができます。エンドユーザーは、 ( MobileTogether ソリューションを介して) データ ファイルをモバイル クライアント デバイスからアップデートすることもできます。

 

 

MobileTogether プロジェクトの MTD ファイルの内容

 

MTD ファイルはネイティブの MobileTogether Designer ドキュメントです。

各 MTD ファイルはそれぞれ 1 つのMobileTogether プロジェクトを含んでいます。

MobileTogether プロジェクトは 1 つ以上のページから構成されます。ページはエンドユーザーによりモバイル クライアント デバイスで閲覧されます。

MTD ファイル内にページが 1 枚以上ある場合、ページは簡単なシーケンスで、最初のページから最後のページまで、つながっています。

サブページ は定義することができます。メイン ページの サブページへ移動 アクションによりサブページへアクセスすることができます。

 

 

ページの構成

 

ページは、モバイルクライアントデバイスおよびユーザイントラアクションのセットアップで閲覧できるようにフォーマットされている、ページコントロール (略して [コントロール] ) により構成されています。

各コントロールは異なるプロパティを持ちます。 イベントのコントロール (略してコントロールイベント) がトリガーされている場合、これらのプロパティは関連したコンテンツ、フォーマット、およびアクションを定義します。

各ページは、ページの[ページ ソース] ペインでページソースのセットが定義することができます。

コントロールに関連付けられたコンテンツはこれらのページソースから由来します。この様なデータは XPath/XQuery 言語を使用してアクセスすることができます。

コントロールを介して、ページはデータをエンドユーザに提示され、ページソースへの変更を受け入れることができます。

 

 

デザイン内の異なるイベントとアクション

 

コントロール イベント とアクション: ページの各コントロールは、指定することのできるアクションをトリガーするイベントを持つことができます。例えば、コンボ ボックスのコントロールには、コンボ ボックスのドロップダウン リストからアイテムが選択された場合、発生する 編集の終了時 イベントがあります。このイベントは、コンボ ボックスの選択の結果変更されるデータなど、希望するアクションをトリガーする場合、定義することができます。

ページ イベント とアクション: (単一エントリとして) ページ自身は、アクションをトリガーするイベントに関連付けられます。例えば、 ページのロード時 はページイベントです。このイベントは、特定のデータ ファイルからページにデータをロードするなどの、希望するアクションをトリガーするように定義することができます。

 

(C) 2019 Altova GmbH