文字列のメカニズム

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  AppStore App > SPL テンプレート >

文字列のメカニズム

SPL は、以下にリストされる文字列の操作メカニズムを提供します。これらのメソッドは入力文字列自身に適用されます。

 

整数の比較

s (大文字小文字を区別する)に対する文字列の辞書的リレーションを示す値を返します:

<0 =

文字列は s より小さい

0  =

文字列は s と等しい

>0 =

文字列は s より大きい

 

 

integer CompareNoCase(s)

s (大文字小文字を区別しない)に対する文字列の辞書的リレーションを示す値を返します:

<0 =

文字列は s より小さい

0  =

文字列は s と等しい

>0 =

文字列は s より大きい

 

 

integer Find(s)

サブストリング s の最初のマッチのための文字列を検索します。 s の最初の文字のゼロベースのインデックスを、または見つからない場合 -1 を返します。

 

 

string Left(n)

文字列の最初の n 文字を返します。

 

 

integer Length()

文字列の長さを返します。

 

 

string MakeUpper()

大文字に変換された文字列を返します。

 

 

string MakeUpper(n)

大文字に変換された最初の n 文字をオプションで含む文字列を返します。

 

 

string MakeLower()

小文字に変換された文字列を返します。

 

 

string MakeLower(n)

小文字に変換された最初の n 文字をオプションで含む文字列を返します。を返します。

 

 

string Mid(n)

ゼロをベースにしたインデックスの位置 n から始まる文字列を返します。

 

 

string Mid(n,m)

ゼロをベースにしたインデックスの位置 n から始まり、長さ m を持つ文字列を返します。を返します。

 

 

string RemoveLeft(s)

Left(s.Length())がサブストリング s に等しい場合、 サブストリング s を除く文字列を返します。

 

 

string RemoveLeftNoCase(s)

Left(s.Length())がサブストリング s (大文字小文字を区別しない)に等しい場合、 サブストリング s を除く文字列を返します。

 

 

string RemoveRight(s)

Right(s.Length())がサブストリング s に等しい場合、 サブストリング s を除く文字列を返します。

 

 

string RemoveRightNoCase(s)

Right(s.Length()) がサブストリング s (大文字小文字を区別しない)に等しい場合、 サブストリング s を除く文字列を返します。

 

 

string Repeat(s,n)

n 回リピートされたサブストリング s を含む文字列を返します。

 

 

string Replace(sOld,sNew)

文字列 sOld を文字列 sNew と置き換えます。

 

 

string Right(n)

文字列の最後の n 文字を返します。

 

 

string TrimLeft()

左側から削除されたスペースの後に文字列を返します。空白文字が発生すると、トリミングは停止します。

 

 

string TrimLeft(s)

s に含まれる左側から削除されたすべての文字の後に文字列を返します。s に含まれていない文字が発生すると、トリミングは停止します。

 

 

string TrimLeftRight()

左側と右側から削除されたスペースの後に文字列を返します。 空白文字が発生すると、トリミングは停止します。

 

 

string TrimLeftRight(s)

左側と右側から削除される s に含まれるすべての文字の後に文字列を返します。 s に含まれていないが発生すると、トリミングは停止します。

 

 

string TrimRight()

右側から削除されたスペースの後に文字列を返します。空白文字が発生すると、トリミングは停止します。

 

 

string TrimRight(s)

s に含まれる右側から削除されたすべての文字の後に文字列を返します。 s に含まれていない文字が発生すると、トリミングは停止します。.

 

文字列プロパティ

以下のプロパティを使用することができます:

 

Length: 文字列の長さを返します。 サンプル: $Options.deploymentPath.LengthdeploymentPath 内に含まれる文字列の長さを返します。
XMLEncode:  XML エンコードされたフォーマット内の文字列の長さを返します。 サンプル: $Options.deploymentPath.XMLEncode は、 XML-エスケープテキストとして deploymentPath 内に含まれる文字列を返します。

 


(C) 2019 Altova GmbH