Microsoft SQL Server (ODBC) への接続

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  データベース > データベースへの接続 > データベース接続のサンプル >

Microsoft SQL Server (ODBC) への接続

このサンプルでは、 ODBC を使用した SQL Server データベースへの接続方法について説明されています。

 

ODBC を使用しての SQL Server への接続:

1.データベース接続ウィザードを開始します.
2.[ ODBC 接続] をクリックします。
3.[ユーザー DSN] を選択して、(または管理者の特権を有する場合は、 システム DSN) 「追加」 DSN_add をクリックします。

SqlServODBC_02

4.[SQL Server ] (または使用可能な場合は [SQL Server Native Client] ) を選択して、[ユーザー DSN] (またはシステム DSN を作成する場合はシステム [DSN]) をクリックします。

SqlServODBC_03

5.この接続を認識するための名前と詳細を入力し、接続するをリストから選択します。 (このサンプルでは、SQLSERV01 です。)

SqlServODBC_04

6.データベースサーバーが Windows ドメイン上の認証されているユーザーの接続を許可している場合、[Windows NT 承認] を選択してください。 それ以外の場合は、[SQL Server 承認... ] を選択して、関連するボックスに入力してください。

SqlServODBC_05

7.接続するデータベースを選択します (このサンプルでは、 NORTHWIND です)。
8.[完了] をクリックします。

(C) 2019 Altova GmbH