Authentic ビューでの XML 編集

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XML >

Authentic ビューでの XML 編集

Authentic ビューでは XML ドキュメントを(以下のスクリーンショットにあるような)テキストドキュメントの様に編集することができます。XML マークアップやその他のコンテンツには関係ないテキストはドキュメントの編集時に隠すことができます。これにより XML に慣れ親しんでいない人がドキュメントのコンテンツだけに集中しながらも、XML ドキュメントの妥当性を保つことができます。

AuthViewOView

ドキュメントを Authentic ビューで表示するには、StyleVision Power Stylesheet (SPS) が XML ドキュメントに割り当てられている必要があります。SPS は XML ドキュメントが参照しているスキーマと同一のスキーマをベースにしており、XML ドキュメントの構造を定義します。SPS では Authentic ビューで表示されるドキュメントのレイアウトやフォーマットも定義されます。例えば、上のスクリーンショットに表示されているドキュメントには、以下の Authentic フォーマットならびに編集機能が使用されています:

 

パラグラフなどのブロックフォーマット
テーブル構造
色やフォントの種類といったテキストフォーマット
(State & Zip フィールドにある)コンボボックスにより、妥当な選択肢の中から値を選択することができます。選択肢は上で記述されているように、スキーマ内にある 列挙 から取得されます。
ドキュメント内のデータから計算を行ない表示することができます。上の例では、Office Summary の情報はユーザーによって入力されたものではなく、ドキュメント内のデータから計算して得られたものです。

 

SPS は XML ドキュメントを Authentic ビューにて閲覧、そして XML から(HTML、PDF、RTF、そして Word 2007 といった)標準出力を生成するためのファイルです。SPS ファイルは Altova StyleVision により作成されます。

 

ドキュメントの構造を編集

位置を選択し、(要素や属性)入力ヘルパー、またはコンテキストメニューから目的のノードを選択することで、妥当なノードをいつでもドキュメントに挿入することができます。カーソルの位置を変更することで、選択できるノードがその場所において兄弟または子要素として妥当性を失わずに挿入することができるものに制限されます。例えば、カーソルがパラグラフ内に位置している場合、スキーまでそれが許されていれば、新たなパラグラフを追加することができます。

 

XML ドキュメントの構造を Authentic ビューで編集する場合、ドキュメントのマークアップを参照できれば便利です。メニューオプションの 「Authentic | 大きなマークアップを表示」 (または対応するツールバーアイコン)を使用することで(以下のスクリーンショットにあるように)マークアップをタグとして表示することができます。

AuthViewOViewMkup

 

コンテンツの編集

ドキュメントのノード内に入力することでコンテンツの作成や編集を行うことができます。エンティティや CDATA セクションはコンテキストメニュー(そしてエンティティはエンティティ入力ヘルパーからも)から追加することができます。

 

Authentic ビューにおける編集の詳細

Authentic ビューにおける編集に関する詳細については、Authentic ビューセクションを参照ください。

 


(C) 2018 Altova GmbH