fn:put 関数

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XQuery > XQuery Update Facility > Update オペレーションと構文 >

fn:put 関数

fn.put 関数は XQuery 内蔵関数ライブラリの拡張子としてQuery Update Facility 1.0 により与えられています。  ( fn: このセクションの名前空間のプレフィックスは、以下の名前空間にバインドされているものと見なされます: http://www.w3.org/2005/xpath-functions.)

 

fn:put($node as node(), $uri as xs:string) as empty-sequence()

 

関数は、ドキュメントまたは要素を $uri により指定された場所に保管します。ファイルシステムまたはデータベースなどの外部ストーレジシステムのリソースを作成するために呼び出されます。 fn:put の外部効果は、 XQuery のドメイン外で起こるため、実装定義済みです。目的は、 fn:put がドキュメントノードにより呼び出され、エラーが指摘されなかった場合、次のクエリは、同じ URI を持つ fn:doc を呼び出して保管されたドキュメントにアクセスすることができます。

 

詳細は 仕様 を参照してください。

 


(C) 2018 Altova GmbH