RaptorXML Server

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム > 

RaptorXML Server

( Raptor または RaptorXML とも呼ばれる) Altova RaptorXML(+XBRL) Server  は、 Altova の第 3 世代の非常に高速な XML と XBRL* プロセッサーです。最新の標準や並列計算環境における使用に最適化される形で開発されました。クロスプラットフォームにて作動するようにデザインされ、今日利用可能な複数 CPU による計算能力を引き出すことにより、非常に高速な XML 並びに XBRL データの処理が実現します。

 

RaptorXML には2つのエディションがあります:

 

RaptorXML Server は、ネットワークからアクセスすることができ、一度に複数のファイルを変換することのできます。
ネットワークからアクセスすることができ、一度に複数のファイルを変換することのできる RaptorXML+XBRL Server Edition は更に XBRL 検証をサポートします。

 

RaptorXML をコマンドラインから実行することができ、 COM、Java、.NET, および Python のためのインターフェイスがあります。ですから、 RaptorXML を XML ドキュメントの検証、 XSLT 変換処理、 XQuery ドキュメントの実行環境から使用することができます。

 

XML および XBRL* ドキュメントを検証するためにXMLSpy GUI から Raptor サーバーを使用することもできます。

 

* メモ:XBRL 処理は RaptorXML+XBRL Server でのみで使用することができます。 RaptorXML Server では使用することができません。

 

メモ:Web ソケットの更新をサポートしないため、RaptorXML Server は HTTP プロキシの多数と使用することはできません。 この問題が発生した場合、 既に無視されていない場合、RaptorXML Server ホストをプロキシの無視リストに設定してください。

 

RaptorXML に関する詳細は、 Altova Web サイト  を参照してください。

 


(C) 2018 Altova GmbH