Raptor Server の管理

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > ツールメニュー >

Raptor Server の管理

Raptor Server の管理 コマンドによりを Raptor Servers 使用することのできる Raptor Servers のプールに追加し、各サーバーのために複数の構成を定義することができます。 XML と XBRL ドキュメントを検証するために RaptorXML Server を使用する場合は、 RaptorXML Server を使用して検証 を参照してください。

Click to expand/Collapse

 

Raptor Server の追加

ダイアログの サーバー ペイン (下のスクリーンショット) 内から、「サーバーの追加」 アイコンをクリックします。アイコンをクリックして、 Raptor Server、がインストールされているマシンの名前(ホスト名)、および Raptor Server のポートを認識するための名前を入力します。 「OK」 をクリックして設定を保存します。

inc-RXSOptionsAddServer

名前: 選択されるすべての文字列。 XMLSpy 内では、特定の RaptorXML Server を認識するために使用されています。
ホスト名: Raptor Server がインストールされているマシンのネットワークの名前 または IP アドレス。処理はホスト名よりも IP アドレスを使用した場合のほうが速くなります。 localhost ( ローカル マシン) に対応する IP アドレス は 127.0.0.1 です。
ポート:  Raptor Server がアクセスされるポート。このポートは、( server_config.xml という名前の) Raptor の構成ファイル内で指定されています。 ポートは、固定され、サービスへのリクエストが対応できるように知らされている必要があります。 Raptor 構成ファイルの詳細は、RaptorXML Server および RaptorXML+XBRL Server ユーザーマニュアルを参照してください。

 

サーバー情報を入力すると、 「OK」 をクリックします。入力したサーバー名が(ペインの左側の)サーバーリストに表示されます。サーバーの名前の横に緑のアイコンが表示され、サーバーが開始され、実行中であることを示しています。 サーバーの詳細はパインに表示されています (上のスクリーンショット参照)。赤いアイコンはサーバーがオフラインであることを示します。サーバーを検出することができない場合、エラーメッセージが表示されます。

 

メモ: Raptor Server は、サーバーが追加される際に実行中である必要があります。これは XMLSpy がサーバーの情報を取得し、保管するために必要です。サーバーが追加された後、サーバーがオフラインまたは検出されない場合、これらのシナリオは赤いアイコンまたはエラーメッセージで通知されます。

サーバーの 名前、 ホスト名、 またはポートを編集する場合、左側のペインのサーバーを選択して、「編集」 ボタンをクリックし、表示されるダイアログ内の情報を変更します。 プールからサーバーを削除する場合は、サーバーを選択して「選択されたサーバーを削除」 アイコンをクリックします。

 

Server 構成

構成とは、 RaptorXML 検証オプションのセットです。サーバーが追加されると、構成を持ち、 default と名前が付けられます。 これは RaptorXML オプションのセットに設定されたデフォルトの値です。これらの値を編集することができ、他のオプションの値を含む新しい構成を追加することもできます。複数のサーバー構成を追加した後、アクティブな構成になる1つの構成を選択します。これが「サーバー上で検証」 コマンドが実行される時に使用される構成です。

 

構成ペインは2つの部分により構成されています : (i) 検証される構成とドキュメントの型を表示する左側のペイン、(ii) 左側のペインで選択された検証型のグループ化されたオプションを表示する右側のペイン。右側のペインの下には選択された オプションの説明が表示されています (上のスクリーンショット参照)。

Click to expand/Collapse

 

構成の追加

RaptorXML Server オプションダイアログの構成ペイン内から (上のスクリーンショット) 「構成の追加」 .をクリックします。デフォルトの オプション値に新規構成が追加されます。 「選択された 構成をコピー」 をクリックすることにより新規構成を作成することもできます。これによりコピーされた構成のオプション値と同じ値を持つ新しい構成が作成されます。 新たしい構成は、型 config<X> のデフォルトの名前と共に作成されます。 構成の名前をダブルクリックして新しい名前を入力して編集します。構成のオプション値のすべてを編集することができます。

 

 

構成の オプション 値の編集

左側のペインから検証ドキュメントを選択します。これにより右側のペイン内にそのグループのオプションが表示されます。オプションの値を編集するには、(オプションの値の型に従い)以下を行います:

 

値が定義済みの値のセットの1つの場合、そのオプションの値の列のコンボボックスから値を選択します。
値に制約がある場合、オプションの値フィールドをクリックして、値を入力します。
値がファイルパスの場合、値を入力できるだけでなく、オプションの値の列の 「参照」 ボタンを押して、使用するファイルを参照します。

 

オプションを選択すると、右側のペインの下のボックスに詳細が表示されます。各オプションの詳細は、RaptorXML Server および RaptorXML(+XBRL) Server ユーザーマニュアルのコマンドラインインターフェイスのセクションを参照してください。

 

 

構成の削除

左側のペインから、削除する構成を選択して、「選択された構成を削除」 をクリックします。

 


(C) 2019 Altova GmbH