履歴の表示

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > プロジェクトメニュー > ソース管理 >

履歴の表示

履歴の表示コマンドでは、ソース管理以下にあるファイルの履歴を表示して、プロジェクトファイル (.spp ファイル) に対して施されたそれまでの変更情報を確認し、差分の表示や、過去バージョンのファイルを取得することができます。以下の操作を行って、ファイルの履歴を確認することができます:

 

下のスクリーンショットは、 Visual SourceSafe ソース管理のシステムの履歴ダイアログを表示しています。 MyProject.spp ファイルの異なるバージョンを表示しています。

 

SCCShowHistory

このダイアログボックスでは、目的のファイルを比較したり、特定のバージョンを取得するためのオプションが提供されます。リストにあるエントリーをダブルクリックすることで、そのファイルに関する履歴の詳細情報ダイアログボックスが表示されます。ダイアログ内に表示されるボタンでは、以下の機能が提供されます:

 


閉じる:このダイアログボックスを閉じます。


表示:ファイルを表示するためのアプリケーションを選択するためのダイアログボックスが表示されます。


詳細情報:現在アクティブになっているファイルのプロパティ を確認するためのダイアログボックスが表示されます。


取得:バージョンリストに表示されているファイルのバージョンを取得し、現在作業中のディレクトリに配置します。


チェックアウト:前バージョンのファイルをチェックアウトすることができます。


差分差分表示オプションダイアログボックスを開き、ファイルバージョンにおける差分を表示する際に使用される表示オプションを設定することができます。


ピン設定:ファイルのバージョンにピンを打つことで、特定のファイルバージョンを差分に使用することができます。


ロールバック:選択されたバージョンのファイルへロールバックします。


レポート:プリンター、ファイル、またはクリップボードへ送ることができる履歴レポートを作成します。


ヘルプ:ソース管理プロバイダープラグインのオンラインヘルプを開きます。

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH