IBM DB2

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > メニューコマンド > DB メニュー >

IBM DB2

IBM DB2 メニューアイテムには、(i) IBM DB2 データベースにおけるスキーマの登録や登録取り消し(XML スキーマの管理)ならびに (ii) XML ファイル検証で使用されるスキーマの割り当て(XML スキーマの割り当て)を行うためのコマンドが含まれています。

 

これらのコマンドを実行するには、IBM DB2 データベースへの接続を行う必要があります。データベースへの接続方法については、 IBM DB2 (ODBC) への接続 セクションを参照ください。このセクションでは、IBM DB2 データベース内にてスキーマを管理する方法と、XML スキーマを DB XML ファイルに割り当てる方法について記述します。

 

メモ:データベースクエリウィンドウ の結果グリッドには、IBM DB2データベース内にある XML ファイルを処理するための重要な機能が収められています。この機能を使うことで、XML ファイルを開き、DB XML ファイルへロード、DB XML ファイルを外部的に保存したり、XML スキーマを DB XML ファイルへ割り当てるといった操作を行うことができます。

 


(C) 2019 Altova GmbH