アプリケーションレベルの統合

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  プログラマーのレファレンス > ActiveX Integration >

アプリケーションレベルの統合

アプリケーションレベルの統合により使用中のアプリケーションのウィンドウに XMLSpy のインターフェイスを埋め込むことができます。  この種類の統合により、すべての メニュー、ツールバー、 ステータスバー、 ドキュメントウィンドウ、および、 ヘルパーウィンドウを含む XMLSpy のユーザーインターフェイスを使用することができます。アプリケーションのユーザーインターフェイスのカスタム化は XMLSpy が提供する機能に限られています。 これには、 ヘルパーウィンドウの整理とサイズ調整、及びメニューとツールバーのカスタム化が含まれています。

 

アプリケーションレベルで統合する場合、統合する必要のある唯一の ActiveX コントロールは XMLSpyControl です。 XMLSpyControlDocument または XMLSpyControlPlaceHolder ActiveX コントロール をインスタンス化、または、アクセス使用としないでください。

 

初期化、または、 XMLSpy の振る舞いを自動化するには、 XMLSpyControl.のために説明されているプロパティ、メソッド、とイベントを使用してください。 XMLSpy 機能への複雑なアクセスのために XMLSpyControl.application を使用することを考慮してください。

 

XMLSpy アプリケーションを HTML ページ、に埋め込むサンプルに関しては、次を参照してください: アプリケーションレベルの HTML 統合

 

Visual Studio を使用する C# または VB.NET での XMLSpy ActiveX コントロールをアプリケーションレベルで統合する基本的なアプリケーションを作成するステップは、以下のとおりです:

 

1.すべての必要条件が満たされていることを確認してください (次を参照してください: 必要条件).
2.新規の Visual Studio Windows Forms プロジェクトを新規の空のフォーム共に作成してください。
3.まだ行っていない場合、 ActiveX コントロールをツールボックスに追加します (次を参照してください: ActiveX コントロールをツールボックスに追加する)。
4.ルーツボックスから、 XMLSpyControl をドラッグして、新規のフォームにドロップしてください。
5.フォームで XMLSpyControl を選択し、プロパティウィンドウ内で IntegrationLevel プロパティICActiveXIntegrationOnApplicationLevel に設定します。

ax_applevel_properties_xmlspy

 

6.ビルド(x86、x64)するプラットフォームに一致するビルドプラットフォームの更新を作成します。 ビルドの更新の作成の方法は以下のとおりです:

 

a.Visual Studio 内のソリューションを右クリックし、「更新 マネージャー」を選択します。
b.「アクティブなソリューションプラットフォーム」から、「新規作成...」を選択し、 x86 または x64 更新を選択します (このサンプルでは、 x86)。

ax_vs_build_platform

Visual Studio 内でソリューションをビルドして実行する準備が整うと、ターゲットプラットフォーム (x86、 x64)に一致する更新をしようしてビルドすることを確認してください。


(C) 2018 Altova GmbH