XMLSpyControl をインスタンス化する

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  プログラマーのレファレンス > ActiveX Integration > ActiveX 統合のサンプル > HTML > ドキュメントレベルの HTML 統合 >

XMLSpyControl をインスタンス化する

XMLSpyControl HTML OBJECT タグ は、 XMLSpyControl のインスタンスを作成するために使用されます。 クラス ID は XMLSpyControl です。ユーザーインターフェイスのためのコントロール間ジェージャーとして使用される幅と高さは、 0 に設定されています。 統合レベルは OBJECT タグ内でパラメーターとして指定されています。

 

<OBJECT id="objXMLSpyXXMLSpyControl"

       Classid="clsid:a258bba2-3835-4c16-8590-72b44f52c471"

       width="0"

       height="0"

       VIEWASTEXT>

  <PARAM NAME="IntegrationLevel" VALUE="1">

</OBJECT>

 

 


(C) 2018 Altova GmbH