DBManageXMLSchemas

www.altova.com このトピックを印刷 1つ上のレベル

ホーム > 

DBManageXMLSchemas

データベースの XML スキーマ管理ダイアログでは、XML データベースのスキーマリポジトリへ XML スキーマを追加したり削除することができます。データベースへの接続が行われると、XMLSpy に搭載されているデータベースの XML スキーマ管理ダイアログにて XML スキーマの管理を行うことができます。

DBManageXMLSchemas

ダイアログボックスに表示されているクイック接続アイコン ic_quickconnect を使用することで、 クイック接続ウィザード からデータソースへの接続することができます。1つ以上の接続が存在する場合、 必要な接続は左側のコンボボックスから選択することができます。 必要なルートオブジェクトをコンボボックスの右側から選択することができます。  ルートオブジェクトのためのレポジトリ内にある全ての XML スキーマは、ダイアログボックスに表示されています。 名前、場所、各スキーマの名前空間と分解のためのオプションがリストされます。

保管されているスキーマを、データベースクエリウィンドウ内で閲覧することができますが、管理することはできません (下のスクリーンショット) 。 スキーマを管理するには、 データベースのための XML スキーマ管理ダイアログを使用します。

DQueryXMLSchemas

XML スキーマ管理ダイアログで以下を行うことができます:

 

スキーマの追加 ボタンを使用してスキーマを追加します。 選択されたスキーマ は、リストに追加され、追加のためにマークされます。
「スキーマをドロップ」 ボタンを使用して、リスト内のスキーマを削除のためにマークすることができます。「削除フラグを消す」 ボタンを使用すると、ドロップフラグが削除されます。
スキーマをビュー ボタンをクリックして、スキーマビュー内で選択されたスキーマを開きます。
「変更をコミット」 ボタンを使用して追加とドロップ(削除) の変更をコミットします.

 

変更がコミットされた後、レポートタブ内でコミットアクションに関するレポートを確認することができます (下のスクリーンショット)。

DBXMLSchemaReports

 


(C) 2019 Altova GmbH