情報ウィンドウの配置

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XSLT/XQuery デバッガー とプロファイラー > XSLT と XQuery デバッガー > 情報ウィンドウ >

情報ウィンドウの配置

情報ウィンドウをデバッガーインターフェースの内部に配置することもできます。ウィンドウはインターフェースにドッキングさせることも、固定させないでおくことも、更に別のウィンドウにて1つのペインとして配置することも可能です。以下のメカニズムを利用して、ウィンドウの配置を行うことができます。

 

メニュー

「XSL/XQuery」 メニューにて、カーソルを 「デバッグウィンドウ」 に移動すると、情報ウィンドウのリストが表示されます。メニューアイテムをクリックすることでウィンドウの表示、非表示を切り替えることができます。

mnu_dbg_windows

 

ウィンドウ表示のオン、オフを切り替えることができます。

 

コンテキストメニュー

ウィンドウのタブまたはタイトルバーを右クリックすることで、コンテキストメニューを表示することができます。

info_windows_context_menu

 

目的のオプションをクリックすることで、ウィンドウを切り離し、ドッキングすることができます。

 

ドラッグアンドドロップ

タブまたはタイトルバーをドラッグアンドドロップすることで目的の場所に移動させることができます。

 

更に、ウィンドウを他のウィンドウにドッキングさせたり、ウィンドウをドラッグ中に表示される配置コントロールを使用することができます。

 

 

ウィンドウを別のウィンドウにドラッグすると、(以下のスクリーンショットにある)丸型の配置コントロールが表示されます。このコントロールは 5 つの部分に分かれており、これらのうちのどれかでマウスボタンを放すと、ドラッグしていたウィンドウが 「ターゲットとなるウィンドウ」 の対応する場所に配置されます。端にある 4 つのエリアにより、ターゲットとなるウィンドウの、対応する側への配置を行うことができます。中央にあるボタンにより、ドラッグしたウィンドウをターゲットとなるウィンドウのドッグとしてドッキングすることができます。ウィンドウを、別のウィンドウのタブバーまでドラッグアンドドロップすることで、タブとしてそのウィンドウを配置することもできます。

placementcontrol1

ウィンドウをドラッグすると、4 つの矢印からなる配置コントロールが表れます。各矢印は 「デバッガーインターフェース」 の各側面に対応しており、これら矢印の上でウィンドウをドロップすると、ドラッグしたウィンドウをデバッガーの対応する位置にドッキングさせることができます。

placementcontrol2

ウィンドウのタイトルバーをダブルクリックすることでも、ウィンドウのドッキング、非ドッキング状態を切り替えることができます。

 

 

 


(C) 2019 Altova GmbH