ブレークポイント

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XSLT/XQuery デバッガー とプロファイラー > XSLT と XQuery デバッガー >

ブレークポイント

XSLT and XQuery Debugger では XSLT、XQuery、そして XML ドキュメントにてブレークポイントを定義することができます。ブレークポイントは(以下のスクリーンショットにあるように)赤色の点線で表示されます。

 

メモ:同一の場所にブレークポイントとトレースポイントの両方をセットすることも可能です。(スクリーンショットにあるように)青と赤による線として表示されます。

dbg_breakpoint

デバッグセッションでデバッガーを開始すると、各ブレークポイントにてデバッギングが停止します。この方法を使うと、デバッグを行う場所を限定し、XSLT、XQuery、そして XML ドキュメント内の特定の場所に注意を集中させることができます。セットできるブレークポイントの数に制限はありません。

 

注意:ドキュメント内にセットされたブレークポイントの情報は、そのドキュメントが閉じられるまで保持されたままになります。しかし(例えば XSD ドキュメントにて)スキーマビューへの切り替えが行われると、ブレークポイントは削除されます。その後テキストビューやグリッドビューに切り替え直しても、ブレークポイントは表示されません。

 

XML ドキュメント内のブレークポイント

XML ドキュメントでは任意のノードにブレークポイントをセットすることができます。ブレークポイントによる処理の停止は、そのノードの開始点で行われます。

 

XSLT ドキュメント内のブレークポイント

XSLT ドキュメントでは以下の箇所でブレークポイントをセットすることができます:

 

 

 

テンプレートや(例えば xsl:for-each といった)テンプレート命令の開始箇所
XPath 条件式(XPath 1.0 または XPath 2.0)
文字列により構成される XML フラグメント。ブレークポイントによる処理の停止は、そのノードの開始点で行われます。

 

XQuery ドキュメント内のブレークポイント

XQuery ドキュメントでは、以下の箇所でブレークポイントをセットすることができます:

 

XQuery ステートメントの開始箇所
XQuery 表現内部
文字列により構成される XML フラグメント。ブレークポイントによる処理の停止は、そのノードの開始点で行われます。

 

ブレークポイントの挿入と削除

ブレークポイントを挿入するには:

 

1.ドキュメント内でブレークポイントを挿入したい箇所にカーソルを移動させます(上の記述を参照ください)。XSLT デバッグセッションでは、テキストビューならびにグリッドビューにてブレークポイントをセットすることができ、XQuery デバッグセッションでは、テキストビューでのみブレークポイントを使用することができます。
2.以下のどれかの操作を行います:

 

XSL/XQuery | ブレークポイントの挿入/削除」を選択
F9 を押下
右クリックして、「ブレークポイントの挿入/削除」を選択

 

ブレークポイントを削除するには:

 

1.ドキュメント内のブレークポイントが存在する箇所にカーソルを移動させます。
2.以下のどれかの操作を行ないます:

 

「XSL/XQuery | ブレークポイントの挿入/削除」 を選択
「F9」 を押下
右クリックして 「ブレークポイントの挿入/削除」 を選択

 

その他にも、ブレークポイント/トレースポイントダイアログを使用することでブレークポイントを削除することができます:

 

1.メニューオプションから「XSL/XQuery | ブレークポイント/トレースポイント...」を選択
2.ダイアログボックスからブレークポイントを選択して、「削除」 ボタンをクリック

 

「全て削除」 ボタンにより、ダイアログボックス(そして XSLT スタイルシートにある)全てのブレークポイントを削除することができます。

 

ブレークポイントの有効化/無効化

ブレークポイントを挿入した後に、そのブレークポイントを(削除すること無く)スキップしたい場合は、ブレークポイントの無効化を行うことができます。必要に応じて、ブレークポイントは再度有効化することができます。

 

ブレークポイントを無効化するには:

 

1.ブレークポイントが含まれているノードまたは表現にカーソルを移動します。
2.「XSL/XQuery | ブレークポイントの有効化/無効化」 を選択します(または 「Ctrl」 + 「F9」 を押下します)。ブレークポイントが赤色からグレーになり、無効化されます。

 

その他にも、ブレークポイント/トレースポイントダイアログを使用することでブレークポイントの無効化を行うことができます:

 

1.メニューオプションから 「XSL/XQuery | ブレークポイント/トレースポイント...」 を選択して、XSLT ブレークポイント/トレースポイントダイアログを表示します。ダイアログには開かれている XML ソースならびに XSLT スタイルシートにて現在定義されている全てのブレークポイントが表示されます。

 

xsl_break2

 

2.無効化したいブレークポイントのチェックマークを外し、「OK」 ボタンにて確定します。ブレークポイントが赤色からグレーになり無効化されます。

 

ブレークポイントを有効化するには:

 

1.ブレークポイントを含んだノードや表現にカーソルを移動します。
2.「XSL/XQuery | ブレークポイントの有効化/無効化」 を選択します(または 「Ctrl 」+ 「F9」 を押下します)。ブレークポイントがグレーから赤色になり、有効化されます。

 

特定のブレークポイントを見つける

特定のブレークポイントを見つけるには:

 

1.メニューオプションから 「XSL/XQuery | ブレークポイント/トレースポイント...」 を選択します。XSLT ブレークポイント/トレースポイントダイアログが表示されます。
2.ブレークポイントのリストから目的のブレークポイントをクリックします。
3.「コードを編集」 ボタンをクリックします。ブレークポイントダイアログが閉じられ、テキストビューにて選択したブレークポイントの直前にカーソルが配置されます。拡張グリッドビューの場合、ブレークポイントを含んだテーブルセルが赤色でハイライトされます。

 

ブレークポイントの後でデバッグを継続する

ブレークポイントの後にある処理を継続するには:

 

 

「XSL/XQuery | ステップイン」 または 「XSL/XQuery | デバッガーの開始/実行」 コマンドを選択してください。

 


(C) 2018 Altova GmbH