XSLT と XQuery デバッガー

www.altova.com このトピックを印刷 前のページ 1つ上のレベル 次のページ

ホーム >  ユーザーマニュアル > XSLT/XQuery デバッガー とプロファイラー >

XSLT と XQuery デバッガー

Altova Web サイト: AltovaWebLink XSLT デバッガー、 XQuery デバッガー

 

XSLT and XQuery Debuggerを使って XSLT スタイルシートや XQuery ドキュメントの試験やデバッグを行うことができます。XSLT and XQuery Debuggerのインターフェースにはお互いに連動する XSLT/XQuery ドキュメント、結果ドキュメント、そしてソース XML ドキュメントのビューが搭載されており、XSLT/XQuery ドキュメントをステップ毎に実行することができます。対応する出力もステップごとに生成され、ソース XML ファイルが表示されていれば、XML ファイル内の対応する箇所が各ステップでハイライトされます。インターフェース内にあるウィンドウにはデバッグ情報が表示されます。

 

XSLT and XQuery Debuggerは常にデバッガーセッション内で起動されます。デバッガーセッションは以下のうちのどれかです:

 

内蔵の Altova XSLT 1.0 エンジンを使用する XSLT 1.0
内蔵の Altova XSLT 2.0 エンジンを使用する XSLT 2.0
内蔵の Altova XSLT 3.0 エンジンを使用する XSLT 3.0
内蔵の Altova XQuery 1.0 エンジンを使用する XQuery 1.0
内蔵の Altova XQuery 3.1 エンジンを使用する XQuery 3.1

 

メモ:XQuery Update Facility 1.0 と XQuery Update Facility 3.0 は現在 XSLT and XQuery Debugger でサポートされていません。

 

開かれるデバッガーセッションの種類は、デバッガーセッションが開かれたドキュメント(アクティブドキュメント またはアクティブファイル)の種類により自動的に決定されます。XSLT デバッガーセッションは XSLT ファイルから開かれ(どのバージョンかは、XSLT スタイルシート(XSLT 1.0 には "1.0"  、 XSLT 2.0 には"2.0" 、XSLT 3.0 には "3.0")) の xsl:stylesheetxsl:transform 要素にある version 属性の値により変化します)、XQuery デバッガーセッションは XQuery ファイルから開かれます。アクティブファイルが XML ファイルであれば、XML ファイル上で動作させるのが XSLT か XQuery かにより、デバッガーセッションの種類が決定されます。前者の場合選択はスタイルシートがXSLT 1.0、XSLT 2.0、 または XSLT 3.0 スタイルシートであるかにより決定されます。

 

この情報は下のテーブルにまとめられています。

 

アクティブなファイル

関連したファイル

デバッグ セッション

XSLT 1.0

XML; (必須)

XSLT 1.0 (内蔵の Altova XSLT 1.0 エンジン使用)

XSLT 2.0

XML; (必須)

XSLT 2.0 (内蔵の Altova XSLT 2.0 エンジン使用)

XSLT 3.0

XML または JSON; (必須)

XSLT 3.0 (内蔵の Altova XSLT 3.0 エンジン使用)

XQuery 1.0

XML; (オプション)

XQuery 1.0 (内蔵の Altova XQuery 1.0 エンジン使用)

XQuery 3.1

XML または JSON; (オプション)

XQuery 3.1 (内蔵の Altova XQuery 3.1 エンジン使用)

XML

XSLT 1.0, 2.0, または 3.0, または XQuery 1.0 または 3.1; (必須)

XSLT 1.0、XSLT 2.0、 3.0 または XQuery 1.0 または 3.1 。XSLT スタイルシートの xsl:stylesheet (または xsl:transform)要素にある version 属性の値により、XSLT スタイルシートを決定。

 

3つの Altova エンジンに関する詳細は、付録内のXSLT と XQuery エンジン情報を参照してください。

 

Altova RaptorXML 2019 を使用した XSLT と XQuery タスクの自動化

Altova RaptorXML Server は、Altova の XML バリデーター、XSLT 1.0、XSLT 2.0、 XSLT 3.0、そして XQuery  1.0  と 3.1  エンジンを搭載した無料アプリケーションです。コマンドライン、COM インターフェース、Java プログラム、そして .NET アプリケーションから XML ドキュメントの検証を行ったり、XSLT スタイルシートを使った XML ドキュメントの変換や、XQuery ドキュメントの実行を行うことができます。

 

RaptorXMLを使えば XSLT ならびに XQuery 処理を自動化することができます。例えば、RaptorXMLを呼び出して、XML ドキュメントのセットを変換し、XQuery ドキュメントのセットを実行するバッチファイルを作成することができます。詳細は RaptorXML Server ドキュメントを参照ください。

 


(C) 2019 Altova GmbH